ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

記事一覧

竹内涼真さん、初めての医療ドラマへの意気込み(25ansオンライン)


25ans6月号のインタビューページにご登場くださった、竹内涼真さん。人気沸騰中の今、新ドラマ『ブラックペアン』への意気込みと、素顔の魅力を見せてくれました。


【竹内涼真さんの撮り下ろし写真をもっとみる】




どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。


ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・


本当に悩むなー。

コーヒーに砂糖やミルクを入れる人に残念なニュース(ELLE ONLINE)


コーヒーの飲み方には人それぞれ。ブラック一択の人もいれば、ミルクや砂糖を入れないと飲めない人もいる。そんななか、ミルクや砂糖が必須という人に、気になるニュースが飛び込んできた! 


イギリスで話題の水のように透明な「クリアコーヒー」って?


ある最新の研究によって、ミルクや砂糖を入れてコーヒーを飲む人は、栄養分がほとんどないエンプティカロリーを多量に摂取するだけでなく、ブラック派よりも食べ物の総摂取カロリーも多い可能性があることがわかってきた。ちなみに、紅茶にミルクや砂糖を入れて飲む場合にも同じことが当てはまるものの、コーヒーほどの顕著な差はないという。

セレブママンが伝授! シャツで作る春→夏スイッチコーデ(ELLE ONLINE)


本格的な夏到来まであと少し。暑かったり涼しかったり、気温差に悩む今日この頃。そんな季節の変わり目にセレブママンたちはシャツを用いて攻略しているよう。ひと捻りあるフリルやパジャマ風など、ママンたちが選んだシャツとともに着こなしを参考にして。


【写真】ミラ・ジョヴォヴィッチほか、セレブ親子のバカンス空港ファッション10




2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。


わたしが気になっているのはコレ・・・


でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

「米国で映画監督として成功する!」までの道のり(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))


平凡な43歳独身OLの人生が、英会話学校のアメリカ人教師との出会いから大きく変わっていく――。誰もが思わず身につまされそうな物語が描かれる映画「オー・ルーシー!」が公開中だ。「ブラックホーク・ダウン」などへの主演で知られる米俳優ジョシュ・ハートネット、寺島しのぶ、役所広司、南果歩、忽那汐里と出演者には名だたる俳優がずらりと並ぶ作品だが、メガホンを取ったのは、なんと同作が初の長編監督作となる平柳敦子さん。平柳さんに初監督作に至るまでの人生の道のりを伺った。


【関連画像】「もっと自分に正直になりたい」


●最初目指していたのは「俳優」



――最初は、俳優として活動されていたそうですね。



 そうです。俳優になろうと思った一番のきっかけは、子どもの頃に見たジャッキー・チェン(香港出身のアクションスター。監督・制作・脚本も手掛ける)の映画です。8歳くらいの時でしょうか。ジャッキーの映画を見て世界観が変わったんです。彼の映画を見ると、すごく落ち込んでいたとしても、目の前に限りない可能性が広がっているように思え楽観的になれました。なぜ、映画を見ただけでこんなに気分や世界観が変わるのだろうと、映画が持つパワーに圧倒されました。



 だから、もともとは俳優というより「彼」になりたかったんです。小学校の卒業文集に「10年後の私」などという作文を書くじゃないですか。私は確か、ジャッキー・チェンのように、主演、監督、プロデュースとすべてをこなせるアクション俳優になりたいといったようなことを書いた記憶があります。



 でも、映画のように「物語をつむぐこと」は小さい頃から好きだったんです。両親が共働きで鍵っ子だったので、一人でいる時間が多く、空想を巡らせながら物語の世界に入っていって、漫画を描いたり、クラス劇の台本を書いたりしていました。台本を書いている時は自分も演じるつもりなんですが、エレクトーンを使って効果音を挿入するなど全体に関わり作品を作り上げていくほうが楽しくて、結局、主な役は「○○ちゃんやって」などと、他の子にお願いしていましたね。みんなと一緒に一つの劇を作り上げていくのが面白くて、あっと言う間に時間が過ぎていったものです。



――俳優の勉強は、日本ではなくアメリカだったんですね。



 最初のきっかけがジャッキーだったということもあるのでしょうか、日本で俳優を目指したいとはなぜか思いませんでした。その頃はまだ、ハリウッドを拠点に活躍をしている日本人俳優がいなかったので、それなら「自分がなってやるんだ」「私が世界を変えてやるんだ」というくらいの勢いでした。若気の至りですね(笑)。それはある意味エゴで、今思うと、そもそも本当に演技が好きで俳優をやりたかったわけではなかったのだと思います。



 ハリウッドで活躍することを目指していたので、まずは英語を学ぶため、高校を休学してロサンゼルスの高校に行きました。そして、大学はアメリカに留学すると決めていたので、そのまま日本の高校は退学して、現地校を卒業。サンフランシスコ州立大学で演劇を学びました。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな