ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

記事一覧

ZARAの花柄刺繍シャツが人気、目撃情報が多発し話題に(Fashionsnap.com)


「ザラ(ZARA)」のフラワー刺繍シャツが人気を集めている。上着を脱ぐ気候になった5月頃からは「街でよく見る」といった目撃情報がSNS上で多発。刺繍は昨年から続くトレンドの一つだが、買いやすい価格帯と年齢を問わないデザインで、幅広い層に支持されているようだ。


セックス刺繍のTシャツがなぜ売れているのか?カルネボレンテのチームに聞いた

手巻きデイトナ6263も“買えない時計”に ビンテージロレックス市場に過熱感(Fashionsnap.com)


あの時買っておけば……。誰もが経験する後悔の念に、ビンテージロレックスファンはまた駆られてしまうかもしれない。スポーツロレックスの人気が高まる中、先日行われたクリスティーズで「ロレックス(ROLEX)」の手巻きデイトナ6263が約911万円(8万873ドル)で落札されたことが話題になっている。


ファッション業界徒然日記:「ロレックスはいつ買える?」高級時計販売員 佐藤さんの場合


 6263はデイトナ最後の手巻き仕様で、ビンテージロレックス(VR)でも比較的新しい部類に入り、市場では常に人気上位に入るモデルとして知られている。今回落札されたのは、そのNOS(New Old Stock)で、これ以上無い状態の良さから、今後のVR市場の上値を占う意味でオークション前から注目を浴びていた。落札額は、驚きの約911万円。80年代の国内定価と言われる38万円から約24倍のプレミアムをつけた形となり、現在のロレックスの中でも特にビンテージスポーツロレックスの人気を裏付けた格好だ。ちなみに今回落札されたものはシルバー文字盤だが、6263は黒文字盤のほうがVR市場では人気のためファンやバイヤーにとっては更なる価格更新の期待感を残している。



 近年では急激に流通量が減り出回ることも少なくなった6263だが、10年前はVR市場や中古店でよく見かける“普通のデイトナ“だった。そのため結果を見たコレクターやファンらは、hodinkeeやpatekholicのインスタグラム投稿のコメント欄に「(6263も)ポール・ニューマンモデルの領域に入ってきた」や「マーケットを考えるとよく着用する人にとっては安いね」といった様々な感想を漏らしている。しかし、「価格が手の届かないところに行ってしまった。バイヤー達はきっと後悔するだろう」「ビンテージ市場はバカげている」「ヴィンテージ市場の中でもこれはバブルだ」など、現在の状態が異常だと指摘するコメントも多い。




【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・


こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

FRUiTS編集長×オープニングセレモニーのディレクターが語る「東京のファッションの今」(Fashionsnap.com)


「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」表参道店に、昨年末に月刊誌の廃止を発表したファッション誌「フルーツ(FRUiTS)」のポップアップストアがオープンした。初日の5月16日に同ブランドのクリエーティブディレクターで「フルーツ」の大ファンだというウンベルト・レオン(Humberto Leon)と青木正一創刊編集長による対談が行われ、同誌への思いと限定ユニセックスカプセルコレクションの製作秘話が語られた。


“オシャレな子が撮れなくなった” スナップ誌「FRUiTS」が月刊発行を終了した理由


 ウンベルトはサンフランシスコ在住時に「フルーツ」と出合い、東京のファッションの情報を得る重要なツールとして創刊初期から収集してきた。惹かれた理由の一つとして「被写体自身のパーソナリティーを感じ取れる“正直”な写真が多い」と挙げ、一人ひとり異なるスタイリングやシルエットは現在のクリエーションのインスピレーション源にもなっているという。さまざまな雑誌をコレクションしている中でも特別な存在であるフルーツの月刊廃止を知ったウンベルトは青木編集長にコンタクトを取り、今回のプロジェクトを実現させた。



 表参道店1階にオープンしたポップアップストアでは、フルーツ44号から100号までのビンテージ号のほかに限定ユニセックスカプセルコレクションを販売。ウンベルトは同コレクションを製作にするにあたり自身が収集してきたフルーツをすべて読み返したといい、時代ごとにフォントが異なるロゴや表紙をさまざまな形でTシャツやパーカなどのデザインに落とし込んだ。先行販売したニューヨーク店ではウエアが完売したという。デザインをウンベルトに委ねた青木編集長は「このようなデザインは日本人はやらない。すごく面白くて嬉しい」と賞賛した。




ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。


わたしが気になっているのはコレ・・・


こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

国内最高峰のスタバがミッドタウンに誕生、世界初のメニューも展開(Fashionsnap.com)


スターバックス コーヒー 東京ミッドタウン店が、プラザ1階から外苑東通り沿いに移転し、5月19日にリニューアルオープンする。店舗面積はリニューアル前の約2倍で国内最大級となる約425平方メートルで、2フロアで構成。2階には約15メートルのスターバックス リザーブ バーを設け、同店舗限定の世界初となるメニューを展開し、「空間」「商品」「サービス」の3つの軸すべてにおいて最高峰のコーヒー体験を提供する。


【写真】“国内最高峰”のスタバ 店内の様子


 スターバックス コーヒー 東京ミッドタウン店はオープン10周年の節目に、新しいスタイルの店舗にリニューアル。内装デザインに携わったシアトルのデザイナーで同社店舗開発本部のBrian van Sripdonkは、六本木エリアが昔から緑豊かで安息と癒やしを得られる土地柄であることを踏まえ、都会のオアシスのような憩いの場をイメージし、店内にヒノキを用いたフレームワークや小川を彷彿とさせる流線型の造形を施した。壁一面がガラス張りというデザインも特徴で、開放的な空間に自然光が差し込み、街並みに溶け込むとともに東京ミッドタウンの起源やスターバックスで働くパートナーに敬意を表した設計に仕上げたという。



 1階には通常のメニューを提供するクラシック バーを配置。2階のスターバックス リザーブ バーでは「ブラックイーグル(Black Eagle)」や「サイフォン(Siphon)」「クローバー(Clover Brewed)」「プアオーバー(Pour Over)」「コーヒープレス(Coffee Press)」「コールドブリューコーヒー(Cold Blew Coffee)」といったさまざまな抽出器具をそろえ、全国から公募で集めたコーヒーの専門性が高いブラックエプロンのパートナーが提供する。メニューは、25万杯のカッピングテストを経て選ばれた上質なコーヒー豆を使ったドリンクをはじめ、アルコールメニューをそろえたプログラム「スターバックス イブニングス(STARBUCKS EVENINGS)」や、GINZA SIX店で販売され話題を集めた「ナイトロ コールド ブリュー コーヒー」もラインナップ。また、同店舗限定で世界初となるエスプレッソの商品として、トニックウォーターと組み合わせた「エスプレッソ トニック」(820円~1160円)、スチームで熱を加えずに作ったコールドフォームミルクでクリーミーで繊細な口当たりが味わえる「アイス フォーム マキアート」(800円~1140円)、アルトビールを使用した新しいアルコールドリンク「コーヒー スティープ ビール」(820円~1160円/すべて税別)の3種を展開する。




いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・


どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな


けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

フィットネスから食事まで楽しめる「アシックス」の新施設が隅田川沿いにオープン(Fashionsnap.com)


アシックスジャパンが5月18日、カフェやフィットネススタジオなどを設けた新施設「アシックスコネクショントウキョウ(ASICS CONNECTION TOKYO)」を墨田区・吾妻橋エリアにオープンした。1階はカフェや受付、2階はフィットネススタジオやシャワールームを設置し2フロアで構成。オープンを記念したセレモニーにはレスリングの伊調馨選手や山本亨墨田区長、アシックスジャパンの西前学社長が登壇した。


【写真】伊調馨がテープカット


 アシックスジャパンは、東京都墨田区が実施した「リバーサイドカフェの開設・運営を行う事業者」の公募で事業者として選出。墨田区の公園敷地を活用し民間事業がカフェ等の事業を行うのは今回が初となる。新施設は墨田区役所の隣にオープンし、「サスティナブルコミュニティスペース」というコンセプトのもと、地元住民や隅田川エリアを訪れる国内外の観光客に向けてスポーツを軸としたライフスタイルの提案を行う。アシックスジャパンは「2020年東京オリンピック・パラリンピックおよびその先を見据えたマーケティング戦略の一環」と位置付け、2020年以降も人々がよりスポーツを身近に感じられるような機会を創出する“持続可能“な施設として運営していく方針だ。セレモニーに登壇した西前社長は「観光地として人気の高い浅草エリアの中心部に近く、スカイツリーにも徒歩15分という立地。隅田川を舞台に、観光客や地元住民など絶えず人が集い、コネクトするような場所を目指す。幅広いお客様にスポーツとの接点を提供していきたい」と期待を寄せた。



 松竹サービスネットワークが運営する1階のカフェは、「スポーツとライフスタイルを繋ぐ」がテーマ。ドリンクにはコーヒーや紅茶をはじめ、野菜スムージーや甘酒、エスプレッソショット、ソフトドリンク、アルコールまでラインナップする。フードは栄養が効率的に取れるベーグル(500~650円)や食物繊維が豊富に含まれるウドンパスタ(800円)に加えて、ソフトクリーム(350円)などのデザート類、枝豆(300円)や大豆のお肉の唐揚げ(450円)、チップス(300円)といったおつまみ類がそろう。客のニーズに応じて、様々な使い方ができるカフェとなっている。




こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。