ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

記事一覧

国内最高峰のスタバがミッドタウンに誕生、世界初のメニューも展開(Fashionsnap.com)


スターバックス コーヒー 東京ミッドタウン店が、プラザ1階から外苑東通り沿いに移転し、5月19日にリニューアルオープンする。店舗面積はリニューアル前の約2倍で国内最大級となる約425平方メートルで、2フロアで構成。2階には約15メートルのスターバックス リザーブ バーを設け、同店舗限定の世界初となるメニューを展開し、「空間」「商品」「サービス」の3つの軸すべてにおいて最高峰のコーヒー体験を提供する。


【写真】“国内最高峰”のスタバ 店内の様子


 スターバックス コーヒー 東京ミッドタウン店はオープン10周年の節目に、新しいスタイルの店舗にリニューアル。内装デザインに携わったシアトルのデザイナーで同社店舗開発本部のBrian van Sripdonkは、六本木エリアが昔から緑豊かで安息と癒やしを得られる土地柄であることを踏まえ、都会のオアシスのような憩いの場をイメージし、店内にヒノキを用いたフレームワークや小川を彷彿とさせる流線型の造形を施した。壁一面がガラス張りというデザインも特徴で、開放的な空間に自然光が差し込み、街並みに溶け込むとともに東京ミッドタウンの起源やスターバックスで働くパートナーに敬意を表した設計に仕上げたという。



 1階には通常のメニューを提供するクラシック バーを配置。2階のスターバックス リザーブ バーでは「ブラックイーグル(Black Eagle)」や「サイフォン(Siphon)」「クローバー(Clover Brewed)」「プアオーバー(Pour Over)」「コーヒープレス(Coffee Press)」「コールドブリューコーヒー(Cold Blew Coffee)」といったさまざまな抽出器具をそろえ、全国から公募で集めたコーヒーの専門性が高いブラックエプロンのパートナーが提供する。メニューは、25万杯のカッピングテストを経て選ばれた上質なコーヒー豆を使ったドリンクをはじめ、アルコールメニューをそろえたプログラム「スターバックス イブニングス(STARBUCKS EVENINGS)」や、GINZA SIX店で販売され話題を集めた「ナイトロ コールド ブリュー コーヒー」もラインナップ。また、同店舗限定で世界初となるエスプレッソの商品として、トニックウォーターと組み合わせた「エスプレッソ トニック」(820円~1160円)、スチームで熱を加えずに作ったコールドフォームミルクでクリーミーで繊細な口当たりが味わえる「アイス フォーム マキアート」(800円~1140円)、アルトビールを使用した新しいアルコールドリンク「コーヒー スティープ ビール」(820円~1160円/すべて税別)の3種を展開する。




いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・


どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな


けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

フィットネスから食事まで楽しめる「アシックス」の新施設が隅田川沿いにオープン(Fashionsnap.com)


アシックスジャパンが5月18日、カフェやフィットネススタジオなどを設けた新施設「アシックスコネクショントウキョウ(ASICS CONNECTION TOKYO)」を墨田区・吾妻橋エリアにオープンした。1階はカフェや受付、2階はフィットネススタジオやシャワールームを設置し2フロアで構成。オープンを記念したセレモニーにはレスリングの伊調馨選手や山本亨墨田区長、アシックスジャパンの西前学社長が登壇した。


【写真】伊調馨がテープカット


 アシックスジャパンは、東京都墨田区が実施した「リバーサイドカフェの開設・運営を行う事業者」の公募で事業者として選出。墨田区の公園敷地を活用し民間事業がカフェ等の事業を行うのは今回が初となる。新施設は墨田区役所の隣にオープンし、「サスティナブルコミュニティスペース」というコンセプトのもと、地元住民や隅田川エリアを訪れる国内外の観光客に向けてスポーツを軸としたライフスタイルの提案を行う。アシックスジャパンは「2020年東京オリンピック・パラリンピックおよびその先を見据えたマーケティング戦略の一環」と位置付け、2020年以降も人々がよりスポーツを身近に感じられるような機会を創出する“持続可能“な施設として運営していく方針だ。セレモニーに登壇した西前社長は「観光地として人気の高い浅草エリアの中心部に近く、スカイツリーにも徒歩15分という立地。隅田川を舞台に、観光客や地元住民など絶えず人が集い、コネクトするような場所を目指す。幅広いお客様にスポーツとの接点を提供していきたい」と期待を寄せた。



 松竹サービスネットワークが運営する1階のカフェは、「スポーツとライフスタイルを繋ぐ」がテーマ。ドリンクにはコーヒーや紅茶をはじめ、野菜スムージーや甘酒、エスプレッソショット、ソフトドリンク、アルコールまでラインナップする。フードは栄養が効率的に取れるベーグル(500~650円)や食物繊維が豊富に含まれるウドンパスタ(800円)に加えて、ソフトクリーム(350円)などのデザート類、枝豆(300円)や大豆のお肉の唐揚げ(450円)、チップス(300円)といったおつまみ類がそろう。客のニーズに応じて、様々な使い方ができるカフェとなっている。




こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

ゾゾタウン前澤代表の美術館、準備着々?バスキア作品を最高額123億円で落札(Fashionsnap.com)


「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイの代表取締役で現代芸術振興財団の創設者 前澤友作氏がニューヨーク時間5月18日夜に開催されたサザビーズ(Sothebys)のオークションで、アメリカ人の画家ジャン=ミシェル・バスキアの絵画作品を約123億円(1億1050万ドル)で落札した。同アーティストの作品では過去最高の落札額となる。


【写真】ZOZOでおなじみ「スタートトゥデイ」本社を訪問 アートや家具もすごかった


 今回落札されたのは1982年に制作された初期の作品。前澤氏はインスタグラムで落札したことを報告し、「アートを好きになってよかった。このペインティングをはじめて見た時、心からそう思いました。みなさんにも見てもらえる機会を作れたらいいなと思っています」とコメントしている。




2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。


わたしが気になっているのはコレ・・・


でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

“世界で最も影響力のあるスタイリスト”が初のマガジンを創刊(Fashionsnap.com)


フランス人ファッションコンサルタント兼スタイリストのマリ=アメリー・ソーヴェ(Marie-Amelie Sauve)が来日し、自身がクリエーティブ&エディトリアルディレクターとして携わったラグジュアリーファッションマガジン「マスターマインド(MASTERMIND)」創刊号のサイン会を表参道の「ブックマーク(BOOKMARC)」で行った。


【写真】同氏がスタイリストとして参加、日本で開催されたルイ・ヴィトンのクルーズショー


 マリ=アメリー・ソーヴェは、第一線で活躍するクリエーターらと20年以上に渡りコラボレーションし“世界で最も影響力のあるファッションコンサルタント/スタイリスト”として幅広く活動。仏版および米版ヴォーグをはじめ、W、インタビューマガジンなどで経験を積み、2016年春にはニューヨークタイムス紙が発行するTマガジンのファッションディレクターに就任している。特に「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のアーティスティックディレクター ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)とのクリエーションは同氏がかつて在籍した「バレンシアガ(BALENCIAGA)」時代に遡り、5月14日に滋賀県で行われたルイ・ヴィトンのクルーズショーではスタイリストとして参加。プライベートでも親交が深い。



 今回のマガジン創刊についてソーヴェは「色々な雑誌で仕事をしてきて、ファッションだけではなく自分のパーソナルな色をもっと反映させたマガジンを作りたいと思った」と経緯を語り、創刊号にはニコラ・ジェスキエールに加え、スティーブン・ショア(Stephen Shore)やスティーブン・マイゼル(Steven Meisel)、ブルース・ウェバー(Bruce Weber)などの大御所ファッションフォトグラファーや映画監督のグザヴィエ・ドラン(Xavier Dolan)らこれまでにソーヴェが共に仕事をしてきた大物クリエイターたちが寄稿。7つのチャプターから構成され、ファッションに留まらず、食や建築、政治まで多岐に渡るコンテンツを集めた一冊に仕上がっている。内容について「自分の好きなモノ、服や靴などのイメージを並べてみたり、若い世代にフォーカスしたコンテンツやヴィトンが昨年クルーズショーを行ったリオ、昨年話題だった米大統領選にインスパイアされてワシントンDCを舞台にした架空のストーリーを作ったりと、社会の出来事や自分が経験した事柄にフィーチャーした」といい、「昨年は欧米で政治の劇的な変化があり、最近ではフランスでも大統領選があった。結果に関してはファッション業界では好意的に受け入れられていて、39歳という若いリーダーが出てきたことは明るい兆しであり、今のフランスを象徴していると言える。アートやファッションとは切ってもきれない関係」と政治を扱う重要性についても語った。



 チャプター3ではニコラ・ジェスキエールにフォーカス。どこにも出回っていないというジェスキエールの若かりし頃の写真や、インタビュー、アメリカの人気SFドラマ「ストレンジャー・シングス」のキャスト達とコラボレーションした企画など、長年共に活動してきた2人の関係性ならではのコンテンツを掲載している。ジェスキエールとの仕事について「今の時代において最も才能があるデザイナーの一人であり、ニコラとの仕事はとても楽しくて密度の濃い時間。彼の作品を見て、議論を重ねショーで見せるルックについて一緒に決めていく」といい、今回のクルーズコレクションでもそのようなプロセスを経てショールックが完成したという。




本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。


サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

ハンティング・ワールドが変わる 相澤陽介がクリエーティブチームに加入(Fashionsnap.com)


米発のブランド「ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)」のクリエーティブチームに、「ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)」のデザイナー相澤陽介が加わった。イタリア・フィレンツェのメンズ見本市「ピッティ・イマージネ・ウォモ」に参加し、新たなディレクションによる2018年春夏のフルコレクションがランウェイショー形式で発表される。


赤い靴底で知られるルブタンもピッティに参加


 バチュー・クロスのバッグやアクセサリーで知られる「ハンティング・ワールド」は今回、ピッティ2日目の6月14日にフィレンツェのStazione Leopoldaで2018年春夏コレクションのショーを開催する予定。50年以上にわたるブランドの歴史上で初めて、レディ・トゥ・ウエアのフルコレクションを発表する。クリエーティブチームとして相澤陽介がディレクションに携わることで、世界各地のテキスタイルを使用しイタリアメイドでクラシックとテクニカルを融合するコレクションを、既存の顧客に加えて新しい層にアプローチする。




口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・


何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・


でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~