ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

記事一覧

【インタビュー】「モノを瞬時に現金化」新サービスCASHの仕組みは?光本代表に聞く(Fashionsnap.com)


スタートトゥデイがM&Aし、その後同社からMBOしたことで話題を集めた「STORES.jp」運営会社のブラケット。その創業者の光本勇介氏が新しい会社「バンク(Bank, Inc)」を設立し、新サービス「キャッシュ(CASH)」を発表した。モノを瞬間的にキャッシュにする“オンライン質屋”とも言える同サービスは「壮大な社会実験」だという。金融業界未経験の光本氏の勝算は?


“オンライン質屋”のような新サービス「キャッシュ」が登場、STORES.jp創業者が開発


■光本勇介



株式会社マインドフィットネスの超特急ちょうあんしん 体験談とネタバレがヤバいかも



株式会社マインドフィットネスさんの
超特急ちょうあんしんがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。


ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム


信じて、本当に大丈夫かな?

注目のコラボ「ルイ・ヴィトン×シュプリーム」が6月30日に発売(Fashionsnap.com)


「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と「シュプリーム(Supreme)」のコラボレーションコレクションが、6月30日に南青山・みゆき通り裏手にオープンする期間限定ポップアップストアで発売される。会期は7月13日まで。


【画像】「ルイ・ヴィトン×シュプリーム」のコラボアイテム


 シュプリームとのコラボレーションは今年1月に2017-18年秋冬コレクションの目玉としてパリで発表され、大手ラグジュアリーブランドと人気ストリートブランドのこれまでにない掛け合わせに、ファッション関係者やファンの間で話題を集めた。コラボアイテムは赤をキーカラーとし「シュプリーム」と大きくロゴがプリントされたレザーのウエストポーチをはじめ、クラッチバッグやバックパック、モノグラム柄のトランクなどのレザーバッグや革小物のほか、デニムやスカーフ、マフラーなどを展開。ポップアップストア期間中は毎朝8時30分に指定場所の表参道駅A4出口付近で抽選参加券を配布。その後入場のための抽選が行われる。



■LOUIS VUITTON POP-UP STORE at Minami Aoyama

住所:東京都港区南青山5-3-18

オープン期間:2017年6月30日(金)~7月13日(木)

営業時間:11:00~20:00




いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・


どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな


けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

ドトール新業態「本と珈琲 梟書茶房」開店、柳下恭平が選書した袋綴じ書籍の販売も(Fashionsnap.com)


「エソラ(Esola)池袋」4階に、ドトールコーヒーの新業態カフェ&ブック「本と珈琲 梟書茶房(ふくろう しょさぼう)」が6月30日にオープンした。約3,000冊がそろう書籍は、神楽坂の書店「かもめブックス」を手掛けるエディトリアル・ジェットセットの柳下恭平が選書した。以前はアパレルのセレクトショップなどが入居していたフロアだが、施設の同商業施設の段階的なリニューアルに伴い、メトロプロパティーズが同店舗とメガネストア「オーマイグラス 東京(Oh My Glasses TOKYO)」の2テナントを誘致。1フロアに両店舗が溶け込むように構成され、池袋駅の利用者が時間調整などを目的に立ち寄りやすくしたという。


【写真】まるで大英図書館?店内の様子


 「本と珈琲 梟書茶房」の店内は大英図書館のようなイメージで、「読書と珈琲を楽しむゾーン」「珈琲と食事を楽しむゾーン」「物思いに耽るゾーン」「お喋りするゾーン」と4つのエリアに分類。「読書と珈琲を楽しむゾーン」には一人で本と向き合えるアカデミックエリアが設けられ、「お喋りするゾーン」にはテラス席を用意するなど目的別で使い分けることができる。「普段本屋に行かない人に本を読んでもらう工夫」(柳下恭平)として、販売する約2,000冊はすべてタイトルが非公開になっている袋綴じの「シークレットブック」として展開。柳下による紹介文と番号がそれぞれに振られ、各書籍を読み終えた後に勧める作品の番号もあわせて紹介している。コーヒーは、日本スペシャルティコーヒー協会理事で同トレイニング委員長のドトールコーヒー菅野眞博が開発した「梟ブレンド」をサイフォンで抽出して提供。柳下が選定した本と、その作品に合わせて菅野がブレンドしたコーヒーをセットにした「梟叢書(ふくろうそうしょ)」を毎月数量限定で販売するなど、カフェ&ブック業態ならではのメニューをラインナップしている。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

パリ発ブーランジェリー「ゴントラン シェリエ」の店舗が続々と業態変更(Fashionsnap.com)


ベイクルーズが、パリ発のブーランジェリー「ゴントラン シェリエ(GONTRAN CHERRIER)」の店舗を同社オリジナルブーランジェリーブランド「ブール アンジュ(BOULANGE)」へと業態変更を図っている。ゴントラン シェリエ日本1号店として展開していた渋谷店を皮切りに、6月26日に仙台店が、7月4日には新宿サザンテラス店が業態変更のため営業を終了。日本橋店と自由が丘店も7月中旬からブール アンジュとしてのオープンが順次予定されており、SNSでは日本撤退の噂が広まっている。


ベイクルーズ初のオリジナルブーランジェリー「ブール アンジュ」とは?


 「ゴントラン シェリエ」は、フランスで国民的人気があるブーランジェ兼パティシエのゴントラン・シェリエがプロデュースするブーランジェリー。2010年にパリ18 区モンマルトルに店舗をオープンし、現在はシンガポールや韓国にも店舗を出店している。日本には2012年8月に初上陸した。



 「ブール アンジュ」は、ベイクルーズ初のオリジナルブーランジェリーブランドとして今年6月から展開を開始。フランスのパン作りをベースに世界中から厳選した小麦粉を使用し、旬の素材を掛け合わせたパンを提案している。




ちょっと不安があるんだよね。


口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。


あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな