ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

記事一覧

占いにすがる30代の孤独 「将来どうする?」は禁句 手取り月20万円でも幸せだったのに…(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))


出展元:息苦しくなる質問ばかり…… (C) PIXTA


「30歳を過ぎたあたりから嫌な質問をされるようになりました」――33歳独身女性が息苦しさを訴えています。健康社会学者の河合薫さんとアラサー独身OL代表のニケさんが考えます。


【関連画像】人生は「らせん階段」のようなもの?  (C) PIXTA




●【Q】33歳 「これからどうするの?」と言われても



あるあるカイシャ事件簿Vol.64「33歳という年齢に縛られて」



 年齢という縛りにとらわれて、夢や希望が持てなくなってきたことが悩みです。



 現在、実家住まいで派遣社員として手取り月20万くらいを得る生活を送っています。ぜいたくはできなくても幸せで、何事にも前向きに取り組めることが私の取りえでした。



 しかし、30歳を過ぎてから「これからどうするの?」と聞かれることが増えました。どこかに正社員として就職するのは年齢的に望めないと思います。結婚は必要性を感じたときにすればいいと思う程度です。なので、「どうするの?」という質問は息苦しいのです。今のままではまずいでしょうか?(33歳、派遣スタッフ、サービス、接客、独身)





●【A】時の流れに任せて、「らせん階段」を上っていくだけ



カワイ 33歳……。まぁこういう年齢ですね。



ニケ こういう年齢ですか~。ふ~っ。ニケも言われましたよ。「これからどうするんだ?」って。



カワイ 誰に?



ニケ 父親です。どうするんだ? って言われても、マジ困るんです。ニケのほうが聞きたいですよ、「これからどーなるんだ?」って。



カワイ だ、誰に聞くの?(笑)



ニケ 例えば……占い師です。親友のなっちゃんは、どーしても知りたくて香港の有名な占い師のとこに行ったんです。一緒に行こうって誘われたんですけど……、香港に行くお金ないし、変なこと言われたら悩むし……。結局行けなくて。悶々(もんもん)とした日々を送っております!



カワイ 悶々っていう割には、お元気そうですけど(苦笑)。



ニケ キャハハ~。そ~なんですよ~。なんかスイッチみたいのがあって。それが「ON」になるとたちまち……悶々、イジイジ、ポロポロ……。



カワイ 私もそうでしたよ。そういう年齢なの。「周りの期待」と「自分の現実」のギャップが生じる年齢、「ギャップエイジ」だから、仕方ないのです。



ニケ ギャップエイジ! それです、そうなんです。自分では今のまんまで、ゆる~く生きていきたいんですっ! でも、周りは「もう33歳だろ~」みたいな。



カワイ ギャップエイジは、誰もが通過しなきゃならない「障害物」みたいなものです。ですから、33歳派遣スタッフさんだけじゃないので、安心してください。



ニケ でも、それでは……。



カワイ 分かってますよ。それだけでは悶々はなくならない。なので、今日は「らせん階段」のお話をしますね。



ニケ らせん階段、ですか?



カワイ はい。それが今日のファイナルアンサーです。



前森 勝公の「黒髪奪還!」 白髪・薄毛からの解放!「特別特典セット」 体験談とネタバレがヤバいかも



前森 勝公さんの
「黒髪奪還!」 白髪・薄毛からの解放!「特別特典セット」がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。


ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム


信じて、本当に大丈夫かな?

アイデア・目標・すてきな言葉を書き留めてハッピーに 読者のノート活用術~記録から頭の整理、夢の実現まで(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))


出展元:日常の出来事を書き留めていますか? (C) PIXTA


皆さんは、手帳やスケジュール帳ではなく、「自由に書き込めるノート」を持っていますか? 最近はデジタル化が進み、スケジュール管理からメモまでスマホを利用する人が増えているようです。そのような中でも、ノートに書く習慣がある人は、どのようにノートを活用しているのでしょうか。読者アンケートから、さまざまな活用法が明らかになりました。


【関連画像】日常の出来事を書き留めていますか? (C) PIXTA


【調査概要】

◎調査期間:2017年3月31日(金)~4月30日(日)

◎有効回答数:215人



 日経ウーマンオンラインが実施したアンケートには、215人から回答が寄せられました。読者のノート活用法は、大きく分けて次の4タイプでした。



(1)日記ノート:日常の出来事を書き留める



(2)専用ノート:本、言葉、お金などワンテーマに絞って書く



(3)何でもノート:思ったことやアイデアなど何でも書いておく



(4)自分アップノート:夢や目標、前向きになれることを書く



 それぞれ詳しく見ていきましょう。



●(1)日記ノート:日常の出来事を書き留める



 日常の出来事を書き留めるだけでなく、好きなものを貼ったり、自分の心や状況を整理するという使い方もありました。



◆ 1日1ページの本を使っています。下段には名言や自分が気になった文言を書いておき、上段に日記やら落書きやらを書いてその日の気分を記しています。(22歳、公務員、教職員)



◆ 日記として使っています。雑誌の切り抜きやチケットなども貼っています。(22歳、製造、営業)



◆ 普通のリングノートに、書きたいことがある日だけ日記をつけています。誰にも見せないので、取り繕わずに感じたことをそのまま残しています。うまくいかなくてつらいこと、自分の嫌いなところ、うれしかったことなどが主な内容です。(29歳、サービス、接客)



◆ 毎日の日記を付けるのは残業も多く大変なので、毎週日曜日、週に1回まとめて週誌を書いています。その週によかったこと、悪かったことも書いて反省して、ストレスも発散しています。(29歳、営業)




口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・


何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・


でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

婚活で怖がられる美人。「お金かかりそう、って引かれるんです…」(女子SPA!)


出展元:(女子SPA!)


アラサー美女・タカコ(実在)の悪戦苦闘を描いた、大人気コミック『美人が婚活してみたら』がついに単行本化! 恵まれたルックスは、いつか彼女を幸せな結婚へ導いてくれるのか……。


⇒【写真】美人すぎて“サクラ”を疑われるタカコ。


 第1巻の発売を記念して、読者代表のリアル「婚活美人」にシリーズでインタビュー。美貌がなぜか空回りしていく、婚活のもどかしさについて語ってもらった。



◆犬を飼っているだけで「誰かに囲われているの?」



 タカラジェンヌを思わせる、整った顔立ちと長い手足。医療関係に従事するAさん(31歳)は、自他ともに認める美女だ。男性からのアプローチも、さぞかし多いだろうと思いきや……。



「意外とモテないんですよ(苦笑)。『キレイだね』『モテるでしょ』とは言われますけど。たぶん、男性のほうが一方的に引いているんだと思います。



 ほら私、顔のつくりがキツく見えるでしょう? それだけで男性は『お金がかかりそう』『ハードルが高そう』と感じるらしくて……」



“美人=怖い”と身構えてしまう、オスたちの悲しき防衛本能。



『美人が婚活~』のタカコも、婚活サイトに登録した途端、「サクラ」だと疑われていた。こうした疑惑の厄介な点は、美人側がいくら否定しても「信用しない」ことだという。



 数年前まで、Aさんには恋人がいた。相手は、宝飾関係のビジネスを手がける年上の男性。常に金回りがよく、贅沢な暮らしをさせてもらっていたという。



「海外旅行の飛行機は、必ずビジネスクラス。ホテルは5つ星。食事も普段から高級料理ばかり。



 彼はアメックスのプラチナカードを使っていたんですけど、『何かあったら使うように』と私も家族カードを渡されていました」



 当時は本気で結婚を考えていたものの、相手の浮気が原因で破局。ショックを乗り越えるために、29歳から婚活を始めたが、いい相手とはいまだ巡り会えずにいる。



「見た目が美人だとか、元彼がハイスペックだったことは、今の私にはどうしようもない。ただ“ありのままの自分”を見せただけで、相手が引いていくのは納得できないですね」



 そんなAさんが、婚活を通して学んだことは「結局は自分のほうが好きにならないとダメ」だということ。タカコが「恋をしたい」と呟くシーンに、「ものスゴく共感した!」そうだ。



 選択肢の多い美人ほど、意思の強さが婚活の成否を握る。果たしてAさんは、そしてタカコはその決断を下すことができるのか────今後の展開に、乞うご期待!



※漫画/『美人が婚活してみたら』スマホアプリ「Vコミ」にて連載中



(C)とあるアラ子/Vスクロールコミックス(小学館クリエイティブ)



―婚活美人インタビュー【1】―

アラフォーで初合コン。慶応卒男の“学歴差別”にゲンナリ【シングルマザー妊活】(女子SPA!)


出展元:(女子SPA!)


【シングルマザー社長の妊活記 Vol.15】



 バツイチシングルマザーの杉沢です。



 絶賛妊活中ですが、相手はいません。アラフォーに片足を突っ込んでいる私の卵子ちゃん、まだ元気かな?



 10代の頃から水商売に身を投じていた為、“合コン”というものをほとんど経験したことのない私。(水商売のお仕事自体が毎日合コンみたいなものなので。)今だってバツイチとはいえ、もうこの年齢なので、一生経験することはないと思っていたのですが……ひょんなことから後輩の女の子に合コンに誘われたのです! しばらく悩みましたが、思い切って参加してみることにしました。



◆シングルマザー、人生初の合コンへ



 参加者は、後輩のM子とT美、共に29歳。そして、合コンのお相手は、一流広告代理店に勤めるエリート3人組。



 指定されたレストランへ到着すると、3人のうち2人の男性がすでに座っていました。二人共さわやかなイケメン風で、細身のスーツが良く似合う、「THE・エリート」といった雰囲気。もう一人は仕事で遅れるとのことなので、先に始めることに。



「カンパーイ!!」



 シャンパンで乾杯をし、自己紹介をしつつ盛り上がっていると、30分遅れで登場したのが、R君33歳。さわやかな二人に対し、ちょっとばかり雰囲気が違うR君。そんな彼のスペックはこちら。



【スペック】



年齢:33歳



職業:大手広告代理店勤務



推定年収:700万円



結婚:独身



外見:山田孝之似の濃い顔



性格:高学歴至上主義



「お疲れ~。ごめんごめん。プレゼンが長引いちゃってさぁ」と言う口元から見える不自然なほど白い歯、冬なのに日サロでも行ってるのかと思うほど日焼けした肌、腕には高級時計が光っています。



 このR君、慶応大学出身で、かなりのおぼっちゃんなんだそう。下町の貧乏育ちで高卒の私とは何もかもが違う。どう考えてもお友達にすらなれる気がしないので、1次会ではほとんど喋る事がないまま2次会へ。



◆2次会で見えた彼の本性



 2次会では、コの字型のソファになんとなく男女交互に座ることになり、私の隣にはR君が座りました。特に何を話したらいいのか分からず黙っていると、



R「志乃ちゃんて大学どこ?」



私「私、高卒」



R「えー!? そうなんだ! 見えないね!」



私「どういう意味?」



R「やっぱりさ、自頭の良し悪しって喋ればわかるじゃん? 俺、バカな女って嫌いだから。その点、志乃ちゃん賢そうだから、それなりの良い大学出てるかと思った」



私「あぁ……。R君は慶応のNY校だって? すごいね」



R「大したことないよ。でも、あいつら(他2人の友達)は早稲田ってかんじだよなw」



 自分の学歴を自慢しつつ、それ以下の人や早稲田卒の友達すらも小バカにするR君。



 その後もR君の自慢話は続きます。



R「やっぱさぁ、中華はシンガポールに限るな! フレンチはパリの「ラベイユ」かなぁ。ミシュラン2つ星の期待を裏切らない料理のクオルティに、スタッフのサービスのレベルも高いんだよ! 1人3万円は軽く超えるけど、行く価値はあるよ。あとはベネチアの……」



私「へぇ~。へぇ~」



 私のような凡人には、赤べこのように首を縦に振り続けることしかできないので、話題を変えることに。



◆この人とは、一緒に子供を育てられない



私「R君はさ、将来自分の子供にも私立の良い学校に入れたいの?」



R「当然だよ! 俺なんか幼稚園で因数分解できたからね! 最低でも慶應か一橋じゃね? 特に男で高卒とかマジで生きてる価値ないと思う。イマドキ英語が喋れないヤツも時代遅れだよな」



 やっぱりね。



 こういう男性は子供にも自分の価値観を植え付け、選択肢を与えない育て方をする人が多い。R君もきっとそうやって育ったのだろう。



 子供のうちから色んな経験をさせるのは良い事だと思うし、勉強に力を入れるのも良い。でも、それが当たり前でそれ以下の人を見下したり、バカにしたりしてしまうような大人になるのは悲しい事。R君が悪いんじゃない。親が悪い。そう思ったら、私は、こういう人とは一緒に子供を育てられないな、と思ったのです。



 妊活中の私にとって、「この人と子供を育てたい!」と思える人と出会えるかが最大のポイントなんだと改めて気付かされた出来事でした。



<TEXT/杉沢志乃>



【杉沢志乃(すぎさわしの)】