カテゴリー:未分類の記事一覧

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

カテゴリー:未分類

ハッピーを呼ぶ【九星別・開運占い】時計編(25ansオンライン)


出展元:Photo : KEITA


風水師・李家幽竹さんの開運術のもと、2017年は“見た目以上に印象が大事!”と提唱するエディター青木良文さんが、印象を美しくするためのメソッドをナビゲート。今以上の「美貌」と「幸せ」を手に入れましょう!


【九星別・開運占いをみる】




こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

アマン東京で、豪華食材を使ったバーガーコレクションを開催中!(25ansオンライン)


出展元:左から、シンガポールチリクラブバーガー(¥3,800)、ロッシーニ風チキンバーガー(¥3,900)、和牛チーズバーガー(¥3,700)、アスパラガスのブラックバーガー(¥3,800)、メカジキのグリルバーガー(¥3,600)


東京・大手町にあるホテル、アマン東京では、5月31日(水)までの期間限定で「アマン東京 バーガーコレクション」を開催中。用意したのは、豪華な食材を使ったスペシャルバーガーが5種類。ズワイ蟹をたっぷり使ったクラブケーキに香り高いアジア野菜をトッピングした「シンガポールチリクラブバーガー」、山梨県産のチキンにフォアグラとトリュフを合わせた「ロッシーニ風チキンバーガー」、総料理長こだわりの肉の配合で作ったパテにポルチーニのラグーとチーズを組み合わせた定番の「和牛チーズバーガー」、竹炭のブラックバンズに旬のアスパラガスと濃厚なオランデーズソースの「アスパラガスのブラックバーガー」、メカジキにモッツァレラがとろりとのった「メカジキのグリルバーガー」。いずれも、サイドディッシュ(フライドポテト、ウェッジポテト、サラダから1品)が付くので、ボリュームは文句なし。広い窓から東京の景色を眺めながら、絶品グルメバーガーを楽しんで。



■アマン東京 バーガーコレクション

開催期間/5月31日(水)まで

お問い合わせ先/ザ・ラウンジbyアマン




【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・


こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

5月9日はアイスクリームの日!フィレンツェから上陸したチョコレートジェラートに注目!(25ansオンライン)


出展元:チョコレートのおいしさがそのままジェラートに。カップ1杯で¥500~(種類によって価格は異なります)。


イタリア・フィレンツェにあるチョコレート専門店、ヴィタリ社。2人の若いチョコレート職人が小さなアトリエで丁寧に作るチョコレートは、新進のブランドとしてイタリアでも注目されています。そのヴィタリ社と提携して開発したチョコレート・ジェラートの専門店「ジェラテリア・ヴィタリ」が、4月に東京・自由が丘にオープン。

カカオ80%相当の濃厚な「カカオ・エクストラ・アマーロ」やベネズエラ産チョコレートで作るフルーティな「フォンデンテ・アル・チョコレート」、それにイタリア人が大好きな「ヌテッラ」のジェラートなど、チョコレート専門店ならではのラインナップはもちろん、上質な「木次パスチャライズ牛乳」を100%使ったミルクジェラートも、食べておきたいアイテム。濃厚ながらさらっとした後味のチョコレート・ジェラートは、この夏の人気スイーツになりそう。



■GELATERIA e CIOCCOLATERIA “VITALI”(ジェラテリア・ヴィタリ)

住所/東京都目黒区自由が丘1-14-8




ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・


『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。


私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

キャサリン妃 ルクセンブルクのフラッグカラードレスで単独外交(25ansオンライン)


出展元:Photo:Getty Images


11日(木)、キャサリン妃がルクセンブルクを公式訪問されました。ロイヤルメンバーとなられて以来、おひとりで海外を訪問されるのは2度目!

これはもちろんエリザベス女王の代理としての公務であり、今年はルクセンブルク危機後1867年に締結されたロンドン条約から150年という記念すべき年であるため、関連施設のご訪問に加え、英国とルクセンブルク両国の歴史的・文化的友好を強めるべく一連の公務が行われました。

1日だけの日帰り公務ではありましたが、この日訪問されたのは5ヶ所と、とてもお忙しい旅でした。

お出迎えから最後まで、終始キャサリン妃に同行されていた、ルクセンブルクのステファニー皇太子妃とともに、最初に向かわれたのは、MUDAM。近代美術で有名なミュージアムで現在開催されている英国のアーティスト トニー・クラッグ氏とダレン・アーモンド氏の作品をご覧になり、その後レセプションに出席され、現地の若者たちと交流をはかられました。

そして、クレールフォンテーヌ広場で開催されている、サイクリングがテーマのフェスティバルを視察。サイクリングやスポーツの分野における両国の熱意を共有されていました。サイクリング選手による壁画の除幕式も行われました。


【キャサリン妃の単独ルクセンブルク訪問スナップ】


ここを訪問された際とってもキュートな裏話も。到着されたキャサリン妃に花束をプレゼントするお役目だった3歳の少年が、キャサリン妃を実際目の前にしたとたん大感激して大泣きしてママに抱きついてしまいました。それを見て「彼はシャイなタイプなの?でも心配する必要はないわ。その年頃の男の子なら当然のことですもの。」と貫禄のキャサリン妃。



お次は、ルクセンブルクのロイヤルファミリーにお会いになるため、パレスをご訪問。現在世界で唯一の大公国ルクセンブルク、そして現存されている唯一の大公であるアンリ大公は、実は2011年のキャサリン妃の結婚式にも出席されました。それ以来の再会で、もしや懐かしき思い出話なども交わされたのかもしれませんね。



その後は、市立歴史博物館を訪れ、ルクセンブルクの歴史について学ばれたキャサリン妃。最後は最も重要なミュージアムで「3つのどんぐり」という名のMuseum Drai Eechelenを訪問。ここで展示されている、ロンドン条約のオリジナルの文書や要塞解体前のルクセンブルクのモデルなどをご覧になりました。途中移動しながら、ユネスコ世界遺産となっている旧市街&要塞郡をご覧になったりと、慌ただしくもとても充実した公務となったキャサリン妃でした。



そして、注目の海外外交ファッションは!? やはりニューアイテムが登場です。綺麗なペールブルーのドレスコートはエミリア・ウィックステッドのもの。キャサリン妃の定番とも言えるフィット&フレアのシルエットが、とてもお似合いですが、この色にはやはり意味がありました。ルクセンブルクのフラッグカラーのひとつが、まさにこのブルー!なのです。今回もファッションの中に、訪問国への敬意を込められたところはさすがですね。

そして、かつて何度も愛用された、同ブランドのアイリッシュグリーンのドレスコートを思い起こさせられましたが、デザインがとっても似ていますね。やはり好きなものが変わらない&ブレないキャサリン妃です。



同じくブルーのピアスも初登場アイテム!ブルートパーズとダイアモンドのドロップ型デザインは、またもキキ・マクドノー。もしやこのピアス、ウィリアム王子からの結婚記念日のプレゼントだったり?と推測したり。

ネックレスは、愛用のマッピン&ウェッブ。クラッチも、最近活躍中のEtui。パンプスも春夏の鉄板、ヌードカラーのL.K.ベネットでした。

ヘアはナチュラルにダウンスタイルで。メークもいつものスモーキーシャドウにマスカラしっかり、チークはピンク系でほんのり、がペールブルーンぴったりですね。



今回興味深かったのが、英国記事の中でこぞって目についた「ブリクジット アンバサダー」という言葉。これがキャサリン妃の代名詞のように書かれていました。いわば、EU離脱における英国とヨーロッパ諸国をつなぐアンバサダーという意味ですが、混迷している英国の状況下で、ロイヤルファミリーはヨーロッパ諸国との関係良好のためのお役目をもこなすという驚き。そしてキャサリン妃の人気を考えれば、すでにその役割を果たしているとメディアが認めていることを実感させられました。



思い起こせば、3月のパリ訪問もしかり。その際はウィリアム王子とご一緒でしたが、やはりその目的はパリとの友好関係でした。そして、来たる7月にはポーランドとドイツ訪問が予定されており、プラス本日新たにベルギーご訪問も発表されました。英国が誇る人気ロイヤルカップル、ヨーロッパを巡る旅、は今後も増えそうです。




口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・


何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・


でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

キャサリン妃妹ピッパさん 豪華結婚式の総費用は?(25ansオンライン)


出展元:Photo:Getty Images


いよいよ今週末となった、ピッパさんの結婚式。先日も式が執り行われる、バークシャー州セント・マークス教会で、打ち合わせとみられるお父様マイケルさんの姿が目撃され、最終準備に追われる日々といった様子。


【キャサリン妃の妹ピッパ&ミドルトン家のメンバーをおさらい】


姉キャサリン妃に続き、ミドルトン家としては、二度目のビッグイベントですが、キャサリン妃の時には何せお相手が王室、当然ミドルトン家は従う立場であったので、ある意味今回の方が力が入っていると言えるのではないでしょうか。



一般人同士の結婚式にもかかわらず、英国で今年1番注目される結婚式!とまで言われているだけに、パーティグッズのオンラインショップビジネスを経営しているミドルトン家としては、まさに見せ場!!嫁ぐ立場ではあるとはいえ、母キャロルさんの気合の入りようは想像に容易いというもの。



そんな中、英国のウェディングプランニング ウェブサイト『Bridebook.co.uk』が、余計なお世話?で結婚式にかかるとみられる経費を勝手に見積もりしたそうです(笑)。

なかなか詳細に渡って興味深いので、あくまで予想ではありますがご紹介。



ウェディングドレス 147万円

姉キャサリン妃がサラ・バートン氏のビスポークに対し、ピッパさんは同じく英国人デザイナーのジャイルズ・ディーコン氏とみられています。自宅を大きな衣装カバーを抱え自宅訪問した際の姿が目撃されました。



ヴェール 30万円

こちらもピッパさんの自宅を訪問する姿が目撃。スティーブン・ジョーンズ氏のデザインによるビスポークのヴェールが期待されています。



ヘア&メーク 25万円

キャサリン妃と同じく、ボビー・ブラウンのハンナ・マーティン氏がアシスタントとしてメークをサポートし、ヘアは長きおつきあいのリチャード・ウォード氏がやはり担当ということになるのでしょう。



新郎の洋服代 89万円

ジェームズさんのスーツは、やはり英国紳士らしくロンドンはサヴィル・ロウで仕立てられたものと推測されます。



結婚指輪 292万円

このうち228万円とも言われる、ダイヤが散りばめられたピッパさんのリングを含め、新郎&新婦の結婚リングはカルティエで購入と見られています。式ではベストマンの役目を果たすと見られる新郎の弟スペンサーさんが、当日忘れてこないことだけを祈るのみ(笑)



ブライドメイズのドレス 33万円

ピッパさんは3人のブライドメイズを選んだと見られ、そして皆の期待はやはりシャーロット王女のドレス姿!



フラワーガール&ページボーイ用の洋服 25万円

ジョージ王子のページボーイ姿がとっても楽しみですが、今回もロイヤルウェディングの際と同じく、ニッキー・マクファーレンのお洋服となるのか注目したいところ。



教会利用料 6万7千円

バークシャー州エングフィールドにあるセント・マークス教会。これは地元教会ということでお安いですね。



レセプション会場設置(大テントを含む) 956万円

教会での式後、ミドルトン家のお庭で行われるレセプション。家族、友人たち総勢 350人を迎えるための大テントが必要。ゴージャスで、変わりやすい英国天候にも対応できるものであるべし。



ラグジュアリーな特別施設 59万円

大テントでのウェディングパーティーとなれば、トイレなどの施設も重要。最上級の仮設トイレが設置されるとみられる。こういうところにお金を惜しまないところが上流階級!と言えるのでしょう。ここだけでも覗いてみたい(笑)



装飾&演出 88万円

二次会のため、テントにあっと驚く変化を加えるべく、ロンドン・プロダクション・エージェンシーに依頼したのだとか。



フラワー代 235万円

ロンドンのゴージャスなお花屋さん ラベンダー グリーンを訪れているピッパさが目撃されており、ブーケに、教会、ミドルトン家のお庭、テント、テーブルと全シーンでのフラワーアレンジが任されているようです。



ケーキ 38万円

ロンドンのドミノ・パーチャス、もしくはバークシャー州地元のロザリンド・ミラーではないかと推測されており、手の込んだデコレーションケーキの最低価格がこの金額のよう。よってこれ以上の可能性大。



ケータリング 1029万円

ケータリング部門でチャールズ皇太子からのロイヤルワラントを保有する、The Admirable Crichtonに依頼したとみられています。



飲み物 260万円

233本ものシャンパンボトルが開けられると推測。高級ワインやカクテル、そして夜通し続くパーティには食事も必須。



音楽 100万円

結婚式にふさわしいバンドや、オルガン奏者に聖歌隊なども加わる見込みのよう。そういえばロイヤルウェディングでは、エルトン・ジョンや エリー・ゴールディングなどのスペシャルパフォーマンスもありましたね。



エンターテイナー 22万円

ジョージ王子やシャーロット王女などを含め、出席する子供達のためのパフォーマー達も必須要員ですね。



写真撮影 51万円

キャサリン妃の結婚式でスナップ撮影をしたフォトグラファー Millie Pilkington氏がピッパさんの結婚式でも担当するのでは。。



映像撮影 59万円

TV中継が世界中に配信された姉とは異なり、記念すべき日の動画撮影も自腹というわけですね。



ステーショナリー 75万円

結婚式の招待状、儀式進行表やメニューなど、マウント ストリート プリンターズでオーダー。ピッパさんが母キャロルさんと一緒に来店している姿が目撃されました。



結婚式の引き出物 11万円

伝統として、主催者からゲスト達へ感謝の印として小さなギフトが贈られます。例えばミドルトン家の庭を埋め尽くす野生植物から考慮して、地元で採れた蜂蜜の小瓶など、ゴージャスというより謙虚で個人的なものが予想されます。



これら、しめて、総額3630万円!!

はたしてこれを高いととるか、安いととるのか。

ちなみに、英国国民の一般の平均が約248万円というから、ピッパさんの場合 約15倍ということに。英国では、日本のような、会場を借りた式&パーティの豪華セットといった形は珍しく、地元教会での式にアットホームなパーティーが一般的。ウェディングドレスも両親や祖母から引き継いだものやヴィンテージなど、必ずしも新品をオーダーというわけでもありません。

もはやセレブの一員であるピッパさんと比較するのは、お門違いといった感もありますが。実際はこれ以上かも?しれませんね。




【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・


こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~