カテゴリー:未分類の記事一覧

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

カテゴリー:未分類

『母になる』の小池栄子は女が受けるハラスメントのデパートだ!ツラ過ぎ…(女子SPA!)


出展元:(女子SPA!)


門倉麻子(小池栄子)のメイン回で、ついに彼女の過去が明らかになった連続ドラマ『母になる』(日本テレビ系列)。



 門倉朝子を取り巻く環境に、特に年齢が近かったりすると、ドラマとはいえども共感してツラい気持ちになった女性も多かったのではないでしょうか?



 不幸な出来事が彼女のように、すべて重なるわけでもありませんが、一つ一つの事柄を見ていくと、アラサー・アラフォーの女性なら、誰しも起こることかもしれません。改めて、ハラスメントのデパートである門倉麻子が経験したものをピックアップしてみたいと思います。



◆母親からの産め産めハラスメント「女の幸せは出産」



 麻子は高校、大学、就職までは完璧でした。社内で付き合っている男性もいて、結婚を考えます。



 これが10年前なので、27、28ぐらいの時でしょうか。忙しくてなかなか会えない恋人でしたが、その頃、病気になったという母親から「結婚を考えている人がいると言っていたが、どうなっている?」と麻子の年齢への焦りが書かれた手紙が届きます。



 テレビの前の私も、最初こそは小包や手紙を送ってくれる優しい母親なのかと思いました。もちろん、フツーの親の感覚としては、娘の結婚って楽しみですもんね…でもそんな甘いもんではありませんでした。



 この母親、たびたび、結婚、出産のプレッシャーを、真綿で首をしめるように手紙でじわじわとかけてきます。本当は肉親には、もっと子どもの生き方や状況を受け入れてもらい、理解してほしいところですよね。麻子もそうだったと思います。



 しかし、母親は手紙の回数を重ねるごとに、「女の幸せは出産」とか「女性にはタイムリミットがある」「子どもを産むのが親孝行」など、ただただ麻子を不安にさせ、そのうち麻子自身も「間違った生き方をした」と卑下し始めます。



 最終的には母親からの「何であなたって子は、お母さんの願いを叶えてくれない」とエゴ全開の手紙に麻子は「ごめんなさい、ごめんなさい」と泣き崩れてしまいます。



◆恋人から出世のために捨てられ、1人で出産を決意



 ドラマでは、麻子と恋人とのやり取りはそれほど多く描かれてませんでした。おそらく長年付き合って結婚を考えていた相手だったはずですが、その男は、麻子とは別に役員の娘と結婚話が進んでいました。それを周りから聞かされて麻子が知るまで黙っているという、この男の誠意のなさってどうなんでしょう?



 親が病気がちで早めに会って欲しいとか、妊娠のことも「最後のチャンスかもしれないから」と麻子は相談しているのに、この男、ただただ「忙しい」とか逃げるだけです。もちろん、麻子が妊娠しても、認知なんてしません。



 結局、波風立てずに別れて、麻子は1人で出産することを決意します。



 見ていて私が気になった部分は、いくら男と顔を合わせるのは気まずいにしても、何で裏切られて辛い思いをした女性側が会社を去らなければならないんでしょう? それこそ、セクハラとして訴えちゃうぐらいの強さがあればよかったのに…と思います。



◆カルトなみ!職場では毎日呪文のように「子ども、子ども」



 結局、麻子は転職し、新しい職場で働きます。ところが、この会社、何故か、やたらデリカシーのない者ばかりです。



 働き始めた頃、麻子は帰宅途中にアパートの階段から足を滑らせてしまいます。お腹の子どもは残念な結果となってしまいました。



 数日後に退院し、会社に出社すると、上司から「君、困るよ、あんなミスを…」と覚えのないことを指摘されます。思わず「私がそんなミスするわけないじゃないですか!」と声を荒げる麻子でしたが、そのことが自分のいない会議で男どもが話題にしています。「子どもがいないから、あいつには責任感ないんだよ」と悪意なく談笑する姿にブルっとしました。



 これ、実際、アラサーやアラフォーの女性社員に対してのあるあるですよね。年配の男上司たちって、「女はヒステリーおこす」とか「独身だからカリカリしてる」「独身だから無責任」「歳とってるからミスが多い」とか先入観で評価してたりしませんか? こんなんだから、おちおち大声で注意したり反対意見を言ったりできませんよ。麻子が身近に感じられます。



 そして、女性の同僚たちもナチュラルに「子どもはまだ?」とか「子どもいいよ~、絶対産んだ方がいい」とか押し付けがましいことを言ってきます。正直、麻子のように子どもを流産した立場でなくとも、こんな話題が毎日毎日交わされるとうんざりします。



 自分のいないところでも、若い女子社員たちが自分のことを噂します。「あの人、いくつ?」「えー、じゃあ高齢出産になるじゃない」等…。放っておけよ! 何の会社だよ、子ども子どもって。社をあげてのカルト集団じゃないかと思うくらい、毎日吐かれる呪いの言葉「子ども」。これではおかしくなりますよね。



 多少、門倉麻子自身に不安定な要素があるにせよ、これらのことって、長い年月生きてきたアラサー、アラフォー世代なら、独身既婚に関わらず、誰しも経験しうることかもしれません。



 親からのプレッシャー、恋人との別れ、年齢的な焦り、上司や同僚からの無自覚なセクハラ・パワハラ、年下女性からの腫れ物扱い…。形やパターンは違ってくると思いますが、年取るってそんなに悪いことなんですかね?



 いつか、女性がノンストレスで年齢を重ねられることを願います。




ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。


わたしが気になっているのはコレ・・・


こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

夫の『専業主婦でいろ』攻撃「母親の手作りオヤツが食べられない息子がかわいそうだ」(女子SPA!)


出展元:(女子SPA!)


人がただ生きているだけで「こうあるべし」などの説教をしてくる人は多いものですよね。特に女性に対しては、やれ「結婚しろ」、既婚女性には「子供を産め」、出産したら「二人目を早く」など、様々な圧力をかけてくる人達がいるようです。



 他人だったら聞き流して難を逃れることもできるかもしれませんが、ここにパートナーである夫から圧力を受けている女性がいます。その話を詳しく聞いてみました。



◆夫からの“専業主婦でいろ攻撃”



「そもそもウチはデキ婚。当時派遣社員だったのですが、切迫流産になり籍を入れると同時に仕事を辞めてそのまま慌ただしい子育てに突入してしまったので、出産後仕事をどうするかきちんと話し合ってなかったんですよね。それが間違いでした」と後悔の念をにじませる佐藤菜々子さん(仮名・33歳・派遣/既婚)。



 昨年、子どもが3歳になり生活が落ち着いてきたので「そろそろ仕事を再開したい」と相談したその日から、夫のモラハラともいえる“専業主婦でいろ攻撃”が始まったといいます。



「相談したときの第一声が『は!? 冗談でしょ』ですよ。いまや共働きなんて当たり前の時代だし、しがない食品メーカー勤務の夫の給料だけでは将来不安だし、本気に決まってるじゃないですか。



 予想外の返事に思わず絶句していると、『疲れてるのにつまんない話やめてくれよ』と言い放ち部屋を出ていってしまいました」



 最初の話し合いはこれにて終了。その後も「仕事のことなんだけど」と何度か話を持ちかけてみるも、「ありえないから」「母親は家にいるべきだろ」「働くよりもっと家をキレイにしろよ」と強制的に打ち切られてしまう日々が続いたとか。



◆思えば夫は昔から『オマエは専業主婦でいろよ』思想だった



「義母は建設会社に定年まで勤めあげたワーママで、夫は付き合っている頃から『夜まで弟と二人で親の帰りを待つの嫌だった』とか『弁当を作ってもらえず昼は菓子パンばかりでわびしかった』とか、子どもの頃の不満をよくもらしていました。



 でも、それは夫が育った家庭の話。学童に預けて時短で早めに迎えに行くこともできるし、働いていたってお弁当を作ることはできるし、軽く聞き流していました。いま思えば、『オマエは専業主婦でいろよ』っていう伏線だったんですけどね……。



 それにしても、『母親は家にいるべき』とか『もっと家をキレイにしろ』とか、あまりに前時代的だし侮蔑的だしかなり腹が立ちましたね。口をきくのが嫌になって軽い家庭内別居のようになっていました」



◆現実ばなれした夫の言いがかり



 このままではラチが明かないと思った佐藤さんは、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持つ友人に協力してもらい将来の予想収支プランを作成。



 住宅ローンを夫の定年までに繰り上げ返済する場合、子どもに十分な教育を受けさせるのが難しくなってくることや、定年後の生活が厳しくなってくることを具体的な数字で突きつけ、自分が働く必要性を説いてみたのです。すると……。



「夫も現実を知れば渋々ながらも納得してくれると思ったのですが、まさかの逆上。



『オマエの稼ぎなんてたかが知れている。節約をがんばったほうがよっぽど現実的だ』『そもそも無駄遣いが多いんだよ! ランチだのなんだの人の給料で浪費しやがって!』『○○(息子の名前)が心に傷を負ったらその責任は取れるのか!?』などなど、耳を疑う暴言を連発したんです。



 もちろん、『浪費? 1000円のランチに月2回くらい行くだけで?』『母親が働くだけで心に傷? そんなにメンタルが弱いのは育て方自体に問題があるってことでしょ!』と応戦。もう夫の許可など必要ないと見切りをつけ、強行突破で働き始めることにしました」



◆攻撃を続ける夫が、育児する友人男性を見て大人しくなった



 待機児童が少ない地域に居住しているため保育園探しは難なくクリアし、再び派遣として働き始めた佐藤さん。いざ働いて生活が潤えば夫も大人しくなると期待していたものの、モラハラ発言はいまだに続いているとか。



「時短勤務にして息子の送迎も家事も全部一人でこなしているのに、『前よりお風呂や玄関が汚い』とか『母親の手作りのおやつが食べられないなんてかわいそうだな』とか難くせつけてきて……。今どき専業主婦でも夫が家事を手伝うのはフツーだし、専業主婦でも毎日おやつを手作りしてる人なんて一握りだろうに、どんだけ幻想を抱いてるのかと呆れます。



 ただ、先日夫の友人家族と食事をしたときに、その友人男性が働く奥さんの代わりに子どもの送り迎えや食事の支度をしているという話をしていて、そこからは少し大人しくなりました(笑)。ここまで夫婦仲が悪くなる前に、常識的な第三者に夫を説得してもらえばよかったのかもしれませんね」



<TEXT/丸本綾乃>





公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・


実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社 アイルーツさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。



どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

ZARAの花柄刺繍シャツが人気、目撃情報が多発し話題に(Fashionsnap.com)


出展元:Fashionsnap.com


「ザラ(ZARA)」のフラワー刺繍シャツが人気を集めている。上着を脱ぐ気候になった5月頃からは「街でよく見る」といった目撃情報がSNS上で多発。刺繍は昨年から続くトレンドの一つだが、買いやすい価格帯と年齢を問わないデザインで、幅広い層に支持されているようだ。


セックス刺繍のTシャツがなぜ売れているのか?カルネボレンテのチームに聞いた



株式会社YOROIの多汗症を瞬間で改善する20秒プログラム 体験談とネタバレがヤバいかも



株式会社YOROIさんの
多汗症を瞬間で改善する20秒プログラムがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。


ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム


信じて、本当に大丈夫かな?

東京で販売期間延長、月5千個以上を売り上げる「ニコパン」人気の理由(Fashionsnap.com)


出展元:Fashionsnap.com


「ニコアンド(niko and …)」のカフェ事業「ニコアンド コーヒー(niko and…COFFEE)」が提供するコッペパンサンド「ニコパン」が人気だ。ならファミリー店で昨年11月に販売を開始したところ、月1万5000個を販売。今年3月から提供をスタートしたTOKYO店では月5000個以上を売り上げ、当初は期間限定で展開する予定だったが、好評を受けて販売期間を延長している。コッペパンといえば給食でも配布されるなど馴染みは深いが、どちらかというと地味な存在だった。なぜニコパンは予想以上にヒットしているのか。


【写真】メニュー一覧の可愛いイラストも話題


 ニコアンドではサービス拡充にあたり、日本のコーヒーの原点である喫茶店のように“懐かしくありながら、新しさもあるもの”として、ニコパンの展開を決定したという。パンはボリュームがあり、食べやすくふわふわとした食感で甘さのある静岡県浜松市の相馬パンを採用。具材はあんマーガリンやタマゴサラダなど12種類という豊富なバリエーションをそろえ、クッキークリームやゴボウサラダといった新しいメニューも提案している。1個税別250円~と手に取りやすい価格設定のほか、メインビジュアルのイラストで見た目の可愛さを意識し、店内にも洗練されたデザインを取り入れるなどアパレル企業ならではの強みを活かし、若い世代にも親しみやすい店舗づくりを行っている。



 TOKYO店では購入者によるSNSでの発信が目立ち、若者のほか訪日外国人も3割ほど来店。メニューにヤキソバやナポリタンなど食べ応えのある具材もラインナップしていることから、男性客の利用も少なくない。担当者は「店舗は2階にあるが、看板のイラストが目を引き、足を運んでもらえている。比較的手頃な値段やボリューム感、メニューのバリエーション、商品そのものの美味しさなど、これまでのコッペパンのイメージとのギャップが好反応に繋がったのでは」と分析。近年の“コッペパンブーム”で注目度が高まっている状況もプラスに働いているという。





公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・


実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

北摂健康科学研究所 北橋彰さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。



どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

集英社がインフルエンサーマーケティング事業に参入(Fashionsnap.com)


出展元:Fashionsnap.com


集英社が、5月24日からファッション誌を中心にインフルエンサーマーケティング事業の展開を開始することを発表した。


ファッション業界徒然日記:インフルエンサーは職業?読者モデル佐々木さんの場合


 同社は各誌に登場する専属モデルやスタイリスト、読者モデル、読者ブロガーが各種SNSのフォロワーを多く抱えている強みを活かし、ソーシャルメディア上で各企業の商品やサービスを投稿することで拡散を図るインフルエンサーマーケティング事業への参入を決定。スペシャルインフルエンサー、読者インフルエンサー、編集部チョイスのインフルエンサーの3パターンのアサインが可能で、今回業務提携を締結したレモネードが開発したインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE」のSaaS版を国内で初めて導入し、独自の環境で運用する。通常版も同時に活用し、編集部チョイスのインフルエンサーのアサインを行っていくという。



 各誌のスペシャルインフルエンサー例は以下の通り。



■Seventeen

飯豊まりえ・江野沢愛美・横田真悠・黒崎レイナ・紺野彩夏・川津明日香・木内舞留・マーシュ彩・樫本琳花(モデル)

■non-no

鈴木友菜・馬場ふみか・武田玲奈・岡田紗佳・泉はる・鈴木優華・遠藤新菜(モデル)

■MORE

篠田麻里子・土屋巴瑞季・武智志穂・田中里奈・村田倫子・AMO・高山直子・木野園子(モデル)、 岡本静香(美容家)、 野尻美穂(ファッションディレクター)、 はあちゅう(ブロガー)、 河嶋希(ヘアメイク)

■BAILA

中村アン・マギー・ヨンア(モデル)、 辻直子・上村若菜・室井由美子・佐藤佳菜子(スタイリスト)、 東原妙子・坪田あさみ(ファッションライター)

■LEE

浜島直子・五明祐子・優木まおみ・鈴木サチ・ナオ・徳澤直子(モデル)

■SPUR

萬波ユカ・畠山千明(モデル)、 マスイユウ(ファッションライター&ファッションアイコン)、Licaxxx(DJ)、 椎名直子(スタイリスト)、 MICHIRU(メイクアップアーティスト&ビューティディレクター)

■MAQUIA

鈴木えみ・林田岬優・藤野有理・スミス楓(モデル)、 石井美保・山本未奈子(美容家)

■Marisol

高垣麗子・五明祐子(モデル)、 辻直子・室井由美子(スタイリスト)、 東原妙子・坪田あさみ(ファッションライター)

■eclat

坪田あさみ・東原妙子(ファッションライター)、 室井由美子(スタイリスト) 、 近藤須雅子(美容ジャーナリスト)、 裏地桂子(ギフトコンシェルジュ)、 山本浩未(ヘアメイクアーティスト)

■MyAge/OurAge

地曳いく子・小暮美奈子(スタイリスト)、 近藤須雅子(美容ジャーナリスト)、 中込久理(美容ライター)、 末森陽子(フードコーディネーター)

■MENS NON-NO

守屋光治・三宅亮輔・鈴川博紀・遠藤史也・柳俊太郎・兒玉太智・清原翔・宮沢氷魚・山本涼介(モデル)

■UOMO




【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・


こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~