カテゴリー:未分類の記事一覧

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

カテゴリー:未分類

「飲みでフライドポテトを注文したら上司がキレた」おっさん“地雷メニュー”ランキング(女子SPA!)


先日、新卒社員が上司との飲みの席でフライドポテトを頼んで「いつまで学生気分なんだ!」とキレられたことがネットで話題になりました。



 両者に対して「その程度で怒らないで!」や「その通りだ、社会人としてあり得ない!」などの意見もありますが、飲みの席の“無礼講”や「好きなものを頼んでいい」は、はたして言葉通りなのか裏の意味なのか気になるところです。



 そこで今回、女子SPA!編集部では「20代の職場の部下が真っ先に注文したら眉をしかめる」居酒屋メニューについて、上司世代の50代~60代男性100人にアンケートを実施(※)。



 アラサー・アラフォー世代の女性も、もし新卒の若者に注文されたら「ちょっと、どうかと…」と気持ちが分かる結果になりました。



=====================



「20代部下に最初に注文されると「ちょっとどうかな…」と思ってしまうメニューとは?(複数回答)



11位 コロッケ 1%



10位 タレ味の焼鳥 2%



8位 お好み焼き 5%



8位 たこ焼き 5%



================



 11位のコロッケは1%で、意外にも、ほとんどの上司世代が受け入れているようです。切り分けしづらいし、中身がボロボロになりやすい…と思ったのですが、そういうポイントは気にしないでオッケーみたいですね。



 10位の「タレ味の焼鳥」も、確かに世代が上になればなるほど塩派が増えている傾向がありますが、頼んで大丈夫なメニューのようです。



 とはいえ、単純に好みかもしれませんが、塩派の部下 がいると「やっぱり焼鳥は塩だよな!」なんて、“分かってる”若者の存在に上司も嬉しそうにしてくれるものです。甘くて白飯に合うタレも魅力ですが、たまには「塩で」と上司に寄せてみるといいかもしれません。



 同率8位の「お好み焼き」と「たこ焼き」も、ほとんどが許容できるようですね。確かに学生っぽいですが、上司世代も、たまに食べる分にはよい機会と思うのかも。



 続いての発表です。



================



7位 鶏のから揚げ 5%



6位 もんじゃ焼き 7%



5位 ピザ 11%



4位 フライドポテト 15%



====================



 話題の「フライドポテト」は4位です。確かに割合は多いのですが、思ったより許容範囲?



 しかし、実際、50代男性に聞いたところ「焼酎系しか飲まないから、いきなりフライドポテトは怒らないけど気が利かないなと思う」(50代・IT系)との意見がありました。確かに、あくまで「飲みに」誘っているので、酒に合わせた食事選びを気にかけてくれると上司も気持ちよく飲めるかもしれませんね。



 さて、気になるワースト3は?



◆3位 ハンバーグ 20%



 わんぱくすぎますね! これは思わず「ファミレスで頼め!」と女性の私でも突っ込むかもしれません。



 さらに、ライスなんか頼んだ日には、「コミュニケーションを図るつもりはなく、食事に徹します」という意思として捉えられても仕方ありません。確かに、男性上司たちも激オコです。



◆2位 ナポリタン 28%



「ランチで食え!」と、これまた突っ込みたくなりますね。飲んだシメの麺にしても味が濃い目ですし、ちょっと、中高年の夜にしては重く感じてしまいます。



 もしかして、学生あがりの新卒のコたちは、この「食事」路線はデフォルトなのでしょうか…。



◆1位 納豆 46%



 路線と違った意外な回答が1位になりました。納豆の好き嫌いもあるでしょうけれども…。



「独り呑みで小鉢で出る納豆はOK」との意見もあり、確かにシェアするには難しいアイテムですね。美味しいし、ヘルシーだし、お酒にも合うのですが、他人と…ましてや上司と部下で糸引きあってつつく姿はちょっとイヤかもしれませんね。



 いくら「好きなものを頼んでいい」と言われても、きっと奢ってくれるのはその上司です。わんぱくでもいい、少しだけ相手の年齢や好みを考えてくれると、人間関係ってスムーズになるかもしれません。中高年にテッパンで好まれる魚を注文したり、自分が肉が食べたければモツ煮を頼んだりといった心遣いがあると、きっと上司も気分良く奢ってくれることでしょう。



 また、注文前に、「フライドポテト、頼んでいいっすか!?」と一言あると、「安くてお腹いっぱいになるもので遠慮してくれてる?」と解釈する上司もいるようです。



 しぶしぶ行った飲み会でも、ちょっとした気遣いやコミュニケーション次第で、上司からの評価が変わるかもしれません。みなさん、地雷メニューを踏まないように気をつけましょう!



※【調査概要】



調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(50代~60代男性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。



調査期間:2017年6月3日



有効回答者数:50代~60代男性100名




ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・


『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。


私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コットン100%は快適じゃない!?意外と知らない、汗ばむ季節に向く素材(女子SPA!)


某有名アパレルショップ店員のkusumaです。



 汗ばむ季節、肌に身に着ける素材は「綿」が一番! と思って、商品タグに綿と書いてあるだけで安心している人、いませんか?



 実は、夏はコットンよりも最適な素材があるんです。



◆夏、コットンは意外と快適じゃない



 コットンは肌触りがよく、吸収性と保温性に優れています。なので、「汗をいっぱい吸ってくれるから夏に最適」と思ってしまいがちですが、速乾性が低いというデメリットがあるんです。



 汗は吸ってもジトジト感があり乾きづらいので、かえって暑く感じてしまうことも……。日中さほど暑くなく、夜になると肌寒い今時期にはぴったりなのですが、汗をかく夏には少し不向きな面があります。



 そこで、夏のオススメ素材がリネンです。



◆夏はだんぜんリネン



 リネンには吸った水分を外に逃す特性があります。水分を発散することにより雑菌も繁殖しにくく、なんといっても、天然素材の中で一番汚れが落ちやすい! そして洗濯に強い!



 繰り返し洗うことで肌触りが柔らかくなり、白いものはより白くなるのです。だから、夏のシャツはリネン素材が多いんです。



◆高見えなら、ポリエステル



 そして、意外と便利なのがポリエステル。



 ポリエステルも高い速乾性があります。汗でびしょびしょに濡れていても身体にまとわりずらくなるので、極端に汗をかくようなスポーツにも適している素材です。



 また、ツヤ感があるのが特徴で、高見え効果は絶大! プチプラブランドを買うときはポリエステルを選ぶと安物とバレずらいです。



 この夏は素材を意識して、快適な日々を過ごして迎えてくださいね。



<TEXT/kusuma>



【kusuma】



某有名アパレルショップ店員。女性の体形カバーを意識したコーディネートを提案。現在、食やダイエットについて学びながら、内面からの美のサポートも目指している。




どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。


ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・


本当に悩むなー。

簡単&おいしい! 基本のだしのひき方(ELLE ONLINE)


和食の“基本のき”といえば、だし。これさえ上手に作れたら、料理の仕上がりは一気にグレードアップする。最近はおいしいだしの素がどこでも簡単に買えるようになったとはいえ、やはり自分で作るだしは最高! 家族や友だちにだってイイ顔できること、請け合いだ。そこで、「エル・グルメ」の公認料理家組織「ELLE gourmet フードクリエイター部」 で活躍する料理家の小平泰子さんに、簡単にできて抜群においしい、基本のだしのひき方を教えてもらった。アレンジしてすぐに作れる「だし料理」のレシピも、あわせてご紹介!


すぐに作れる「だし料理」のレシピ集




2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。


わたしが気になっているのはコレ・・・


でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

はあちゅう 「できない」を突破するのがプロ 「作業と仕事」の違い(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))


仕事山積で今日も帰れない……。そんなお疲れ気味の働き女子の皆さんにこそ読んでほしい本稿。仕事とは、作業とは一体なんなのか。改めてはあちゅうさんと一緒に考えてみませんか。


【関連画像】「素人は諦めるまでの距離が圧倒的に近い、に同意。」はあちゅう twitterより




●「できませんでした!」と意気揚々と言う人



 先日、キングコング・西野亮廣さんのブログに触発されてこんなツイートをしました。



素人は諦めるまでの距離が圧倒的に近い、に同意。やばい人だと目をキラキラさせながら「これは無理だってことがわかりました!」って言ってくる。いや、やりたいっていったのはあなたじゃん、無理を突破する方法を考えるのが仕事じゃんって思う (はあちゅうtwitterより)



 これは会社員時代、後輩に仕事を頼んだときのことなんですが、数時間したらその子が目をキラキラさせながら戻ってきて、「○○だからできません!」と、その仕事をできない理由をリスト化して持ってきたんです。そのさまはまるで、「実行不可能な理由を突き止めた自分を褒めて」といった感じでした。



 リスト化されたできない理由は当然知っていて、その上でそれらを突破する方法をいろいろ考えてみてほしいという仕事の依頼だったわけですが、その子はできないことを立証して仕事をした気になっていたんです。仕事をただ「やらされている」と思っていると、こんな風に作業を終えただけで仕事が終わった気になってしまいます。



 キャリアを積んだはずの社会人でも仕事をやっているのか・やらされているのか、その区別がつかないままなんとなく会社に行っている人は多いような気がします。



●「作業」は遅かれ早かれ、ロボットの仕事に



 本来、目的に向かってするのが「仕事」であって、目的を忘れ、頼まれたことをただ終わらせることは「作業」でしかありません。仕事は作業の積み重ねという側面もありますが、どんな作業をすれば目的を達成できるかを考えることが「仕事」だと思うんですね。この「作業」「やらされ」の意識から卒業しないとことには、いつかロボットに取って代わられてしまうと思います。



 とはいえ私も会社員時代に先輩から、「『できない』ではなく、それをやるために作業の整理をするところまでがあなたの仕事だ」と言われてハッとしたことがあります。





公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・


実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

二宮 元太郎さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。



どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

目安は6カ月分の生活費 転職を考える前にお金のことを知っておきたいワケ(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))


志高く入社した会社も、いつか「もっと自分の強みを活かせる会社で働きたい」「もっとスキルアップしたい」と思う日がやってくるかもしれません。そんな転職を考える前に、まずは知っておきたいことがあります


【関連画像】「転職するなら6カ月分以上の生活費は貯金しておきましょう」




 6月になり、新年度が始まって早くも3カ月目になりましたね。新社会人の方は、研修中心だった日々から、少しずつ一人で仕事を任せられるようになったり、仕事の幅が広がり始めたりする頃でしょう。



 様々なことを学び続けている今の仕事も、もしかすると「もっとスキルアップしたい」「もっと自分の強みを活かせる会社で働きたい」、そんな思いが湧いてくる日が来るかもしれません。そんなとき、勢いで今の仕事を辞めてしまうと、後で思わぬ落とし穴にはまってしまうことも。



竹井 俊吾のダイエット習慣 体験談とネタバレがヤバいかも



竹井 俊吾さんの
ダイエット習慣がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。


ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム


信じて、本当に大丈夫かな?