カテゴリー:未分類の記事一覧

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

カテゴリー:未分類

髪のうねりを「2分」で解決する頭皮ゆがみとりマッサージ(日経ウーマンオンライン(日経ヘルス))


雨の多い時期に悩まされる、うねり毛・ペシャ髪の原因のひとつでもある頭皮のゆがみ。毎日の習慣にしたい、指の腹で頭皮をしっかり引き上げるだけの簡単マッサージ3ステップをご紹介します


【関連画像】ポイント:指のここを使う!


 前回「髪のうねり解決する「頭皮ゆがみとり」マッサージ」では、髪のうねりの原因と予防法を美髪アドバイザーの田村マナさんと、松倉クリニック&メディカルスパの田路めぐみ医師に伺いました。



 今回は、頭皮のゆがみを抑制するための3ステップを紹介。指の腹で頭皮をしっかり引き上げるだけの簡単マッサージです。頭皮のゆがみをリセットして、毎日の習慣にしましょう。





 まず、自分の頭皮を指の腹で動かしてみよう。「頭皮が硬くて1cmも動かないという人は、頭皮の健康状態が悪化している可能性がある」(田路医師)。毛穴が変形して髪がうねりやすくなるだけでなく、血流が悪いため毛母細胞に栄養が行き渡らず、髪そのもののハリやコシもなくなりやすい。



 そこで行いたいのが、頭皮ゆがみ取りマッサージ。側頭部、生え際、後頭部の3カ所それぞれを指の腹でゆっくり大きく引き上げるだけ、と方法は簡単だ。



 「最適なタイミングは夜のシャンプー後。頭皮用のエッセンスをなじませてからマッサージすると血液循環が良くなり、睡眠中に髪を育てる毛母細胞も活性化する。それ以外にも日中のデスクワークの合間など、気づいたときにこまめに行うと頭皮に弾力が生まれ、うねり対策につながる」(田村さん)。

自分の嫉妬心に気付いたら 体育会系の対処法がいい(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))


作家・岡映里さんと漫画家・瀧波ユカリさんに聞く、「日常のモヤモヤとの付き合い方」。20代は「世間並み」にとらわれていたというお二人が、今だから伝えたいモヤモヤの手放し方とは?


【関連画像】瀧波さんのブローチ、お花かと思いきや「これ、文鳥なんですよ」


岡 映里(おか・えり)

作家。1977年生まれ。慶應義塾大学文学部フランス文学科卒。2013年、双極性障害と診断される。仕事を辞め、離婚などの経験を経て、およそ2年間の治療で2015年に症状が落ち着く。以後も続いたうつ状態を、行動療法、認知療法的な視点から改善。現在は、認知療法や精神障害者の福祉政策を学びながら作家活動を行っている。ブログ「自分の地図をつくろう」



瀧波ユカリ(たきなみ・ゆかり)

漫画家。1980年札幌市生まれ。日本大学藝術学部写真学科卒業。2004年「臨死!! 江古田ちゃん」でアフタヌーン四季賞大賞を受賞しデビュー。エッセイ「はるまき日記」(文春文庫)、「女もたけなわ」(幻冬舎文庫)など著書多数



●心がモヤモヤしたら、体育会系になろう!



――他人を羨んだり、自分と比較して落ち込んだりといった「ネガティブな感情」に悩む女性も少なくありません。お二人は、そんなモヤモヤとどうやって付き合っていますか?



岡:以前は私も、そういう気持ちを抱くことが多かったんです。同世代で大きな文学賞を取った女性を見ると、嫉妬の感情にさいなまれたり。でも今は、全然ないかな。



瀧波:え~、どうしてですか?



岡:さっき「自分を大事にする」という話が出たけれど、自分を大事にすることは、得意なことや才能を謙遜せずに認めることだと思うんです。そして、欠点を受け入れて、できないことや恵まれなかったことで自分を裁くのをやめること。嫉妬をする理由って、「彼女よりも私のほうができるのに」っていう気持ちがどこかしらあるからだと思うんです。だったら、もう素直に自分はそれだけすごいって思ってるんだって認めてしまう。



 私の場合なら、自分の「文章」という才能を認めましたね。その上で、「彼女にあって自分にないのは運と書く絶対量だろう」と違いも見えてくる。書く技量は足りないので努力しようって思えるし、運は続ければ向いてくる。「彼女にいいことがあるなら、私にもそのうちいいことがある」と思えるようになり、嫉妬しなくなったんです。自分は自分でちゃんと頑張っているんだから大丈夫、と思えるようになったんですね。



瀧波:なるほど。私は、いまだに嫉妬の感情を抱くことはありますよ。でも、対処の仕方は前とは違う。嫉妬を自分のエネルギーとして「入荷」するイメージです。



瀧波:嫉妬というのは、それ自体がエネルギーなわけだから、どうせならいいほうに使っちゃえと思って。同業者への嫉妬なら、「私のほうが売れてやる!」とポジティブに置き換える。もちろんそのときは、グイッと力が必要ですけどね。嫉妬自体は悪いことじゃないから。



岡: それを受け入れた上でどう変換するか、ですよね。



瀧波:心の中でモヤモヤとした気持ちがくすぶるのなら、いっそ「羨ましい!」と口に出して言ってしまうほうがラクになると思う。湿っぽくならないようにゲーム感覚で変換していくのもいいと思う。「いいなあ……」とイジイジするんじゃなくて、ちょっと語尾を変えて「おっ、いいね、いいね、いいね~!」って。「よし、私も行くよ! 行くよ~!」みたいな(笑)。体育会系のノリがいいと思う。




ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。


わたしが気になっているのはコレ・・・


こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

女性を盗撮してる男を注意したら、逆上され…!勝部元気さんが体験した一部始終(女子SPA!)


線路爆走事件をはじめとして、最近何かと物騒な話題が続いている痴漢・盗撮の問題。



 そんな折、女子SPA!連載陣の一人、勝部元気さんが盗撮犯を注意したら、暴行を受けたというのです。さっそく話を聞いてきました。


⇒【写真】盗撮犯に受けた暴行の後。


◆目の前で盗撮、その時どうする?



――駅で女性を盗撮している男性に注意したら、逆上され暴行を受けたという話を聞いたのですが?



勝部:はい。目の前で盗撮を始めた人を発見したので注意したんです。そしたら突然アゴを拳で殴られて、首を締められ、髪の毛を引っ張られました。首には傷跡も残っちゃいましたね。私は鎖骨がウリなのに(笑)



 でも、幸運にも目撃者として証言してくださった方がいたため、加害者は駆けつけた警察官に現行犯逮捕されました。



――ひえぇ…それはひどい…。怖くなかったのですか?



勝部:確かに加害者は体重が私の二倍はありそうな、大柄な人でした。おそらく、私が華奢(きゃしゃ)だから倒せると思って攻撃したんでしょうね。



 それでも恐怖心はほとんど無かったですね。勇気を出したというよりも、何も考えず反射的に行動していました。



 実は、痴漢や盗撮を止める人は女性の方が多いらしいんですよ。彼女たちは男性相手に勇猛果敢に声を上げているわけですから、「男性がもっと頑張らないとなー!」という気持ちは常に心の中にありましたね。



――その後、加害者と勝部さんで2人して事情聴取を受けたとか。結構時間がかかるという話を聞きますが…。



勝部:事件が発生してから被害届作成まで、5時間ほどでした。対応してくださった駅員さんや警察官が良識ある方だったのが幸運でした。



 それから、私が加害者への会話も含めて全て敬語で冷静に話しているのに対して、加害者のほうは興奮状態かつ命令形で話し、駅員さんや警察の方が質問したことに対してもしっかりと受け答えしていなかったんです。



 誰が見ても信頼に値する供述はどちらかが分かりやすかったのも、物事がすんなり進んだ理由だと思っています。



◆「もう一発殴られてぇのかよ!」理不尽な行動を繰り返す



――興奮状態って、具体的にどのような感じだったのですか?



勝部:最も印象的だったのが被害者意識でしたね。自分が盗撮したのに、注意されたら自分が被害者であると逆上しだしたんです。



 さらに、自分が暴行したのに被害者だと訴え、それを駅員さんが「見ていない」と言ったら「これだから役人は隠蔽するんだ!」と叫びだしました。



 警察での事情聴取では「自分が殴られた! 俺の首が絞められた!」と供述し、逮捕されて連行される際には「〇〇警察は不当逮捕した!」「日本社会の暴力行為だ!」と、まるで日本社会が加害者で自分が被害者だと訴えるようなセリフを大声で叫んでいました。



 それから警察が来るまでの間に駅員室で待機していたのですが、「もう一発殴られてぇのかよ!」「おめぇ殺したい奴の2番目!」と散々脅した挙句、いきなり私や目撃者の写真を撮ろうとしていましたね……。



 もちろん駅員さんに止められていましたが、その場にいた人が皆「この人マジで盗撮癖があるんだ」と感じていたと思います。



◆自分が加害者なのに「誘ってきたのは向こうのほうだ!」



――えええ、理不尽過ぎませんか、それ!?



勝部:ですよねぇ……でも性犯罪加害者には、このように被害者意識が強い人が多いと聞きます。たとえば、自分が痴漢をしたのに「誘ってきたのは向こうのほうだ!」と感じるらしいのです。



 無茶苦茶なんですが、そのように「自分は被害者」と主張し続けるから、証言の一貫性がないんですよ。



 痴漢や盗撮の被害に遭った時や注意した時、告発したら「証拠はあるのか!」と返され、ひるんでしまうこともあると思うのですが、とにかく冷静に対応してください。そうすれば彼らが勝手にボロを出す可能性があるので、どうかその脅しには屈しないで欲しいです。



――最後に、読者へ一言お願いします。



勝部:よく「日本は性犯罪が少ない」という声を聞きますが、それは間違いで、単に「泣き寝入り」をさせられてしまっている人が多いだけと言われています。



 先進諸国に比べて法律やその運用が未熟だったり、セカンドレイプが蔓延していたり、そしてこのように逆上して暴行する人もいるとなれば、被害に遭っても言い出せない女性が大半なのも当たり前ですよね。



 それに対抗するためには、やはり周りの誰かが立ち向かわないといけない。



 とにかく見て見ぬふりはせずに、気が付いたらやめさせることが大事だと思っていて、特に男性には「頑張ろうー!」と言いたいですね! 一人で怖い時は協力者を先に募るとか。



 また、怖くて声をかけられなければ、録画・録音・撮影等をして駅員さんに対応してもらうことも、場合によっては可能だと思うのです。



 痴漢も盗撮もない社会にするには立法や行政も重要ですが、一人ひとりが監視の目を光らせて、加害願望がある人たちに「犯行に及べない」思わせるようにしなければ、と思っています。




本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。


サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

気になるボディのたるみを解消する“ゆる椅子トレ”(日経ウーマンオンライン(日経ヘルス))


筋肉があると脂肪が燃える、筋トレをすると成長ホルモンが出る! 若返りのカギは下半身の大きな筋肉。運動習慣ゼロの人もできる「ゆる椅子トレ」で、今日からコツコツ筋肉量をアップしましょう。


【関連画像】出典:日本老年医学会雑誌2010年「日本人筋肉量の加齢による特徴」


* * * * *



 若返りたいなら「まず筋肉を鍛えなさい」と話すのはフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さん。太りやすくなった、体形が崩れてきた、肌にハリがなくなったという悩みの解消には筋トレが最適だという。



 なぜ筋トレなのか。理由は2つ。「まず筋肉を鍛えることで、効率よく、脂肪がエネルギーとして消費される。さらに細胞の若返りに不可欠な成長ホルモンの分泌が促進され、肌も若返る」と中野さん。



 そして、筋トレでは下半身を鍛えるのが一番効果的という。「下半身には大殿筋や大腿四頭筋など大きな筋肉がある。筋肉が大きいほど代謝は高まり、体脂肪の消費量も大きくなる。腕の小さな筋肉を鍛えても消費量はあまり増えないが、下半身の大きな筋肉群を鍛えれば消費量はぐっと上がる」(中野さん)。



 だが、ここで疑問に思う人もいるだろう。ポッコリ出た下腹を引き締めるなら腹筋をしたほうがいいのではないか、と。これについて中野さんは「腹筋を動かせば、腹筋近くの脂肪が集中的に燃えるというわけではない」と否定する。「筋肉を動かすエネルギーは、体のあちこちに蓄えられた体脂肪が溶けて、血管を介して届けられる。だから体各部のたるみ解消には、大きな筋肉を動かして脂肪を消費するのがいい」(中野さん)。



 そもそも加齢とともに筋肉が減っている人が大半。「足腰を使わない便利な生活で、筋肉量は20歳前後をピークに年約1%ずつ減少している。下半身の筋肉は大きい分、減り幅もkg単位。筋肉量が減れば基礎代謝も減る」(中野さん)。




こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。