カテゴリー:未分類の記事一覧

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

カテゴリー:未分類

モツ鍋、ティラミス、鉄骨飲料… 平成初期にブームになった食べ物(マネーポストWEB)

まうまう企画 松田道貴の1点で勝とうよ!投資成功率82.4%の馬券術【コンピ・ワン・イズム】 体験談とネタバレがヤバいかも



まうまう企画 松田道貴さんの
1点で勝とうよ!投資成功率82.4%の馬券術【コンピ・ワン・イズム】がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。


ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム


信じて、本当に大丈夫かな?

相続トラブル 親の預金の“使い込み疑惑”多発で兄弟仲に亀裂(マネーポストWEB)

株式会社ムービーバンクのSMM戦略的ムービーマーケティング 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ




株式会社ムービーバンクの
SMM戦略的ムービーマーケティングについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?



出典元:トラブルを防止するにはどうすればよいか


親が亡くなりいざ「相続」の段となった際、子のうちの1人が親と同居しているケースでは、遺産分割でトラブルに陥りがちだ。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

バイトテロへの対処法 あるバー店主は「応募者のSNSを徹底調査」(マネーポストWEB)

NEGOTIATORをつくった株式会社IMACLEの真実!ネタバレとレビュー



株式会社IMACLEさんがつくった
NEGOTIATORがいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)




出典元:バイトテロ問題は採用段階である程度は防げる?


昨今相次いでいる飲食店の“バイトテロ”問題。有名チェーン店のアルバイト店員が、ゴミ箱に入れた食材をまな板に置き直す、口に入れた商品を戻す、などの不適切な行動を行う様子をSNS上で相次いで投稿し、問題となっている。




こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

“バズワード”が飛び交う会社にイノベーションは生まれない 前刀 禎明の「モノ売る誤解 買う勘違い」(日経トレンディネット)

トレードマスターラボ 堀田勝己のマルチタイムフレーム ボリンジャーバンド/メタトレーダー(MT4)用インジケーター 効果についてレビュー


マルチタイムフレーム ボリンジャーバンド/メタトレーダー(MT4)用インジケーターの
トレードマスターラボ 堀田勝己さんがネット掲示板で
かなり話題になってるみたいだよ。

あの掲示板でもスレも何個か立ってるみたい




出典元:技術などのトレンドを語るとき、ともすると「バズワード先行」になっているように感じると前刀禎明氏は警告する。その問題点とは?


技術などのトレンドを語るとき、頻繁に話題に上るのが様々な専門用語。ビジネスをする上で理解しておくことは大事だが、ともすると“バズワード先行”になっているように感じると前刀禎明氏は警告する。その問題点とは?


【関連画像】ピクサーには重視する3つのルールがある


 「ダイナミックプライシング」「サブスクリプション」「AI」……企業の企画会議やプレゼンテーションに参加すると、ここ数年で急に聞く機会が増えた用語が資料の中にあふれかえっていることがよくあります。これらを見ると、製品やサービスの企画・開発が“バズワード(特定の業界で使われる定義が曖昧な専門用語)先行”で進んでいるように感じて、とても心配しています。



●言葉の意味を本当に分かっているのか



 これの何がまずいのかというと、意味の理解度や解釈が人によってまちまちであることです。古くからあって世の中に定着している言葉と違って、新しい用語はそれが持つ辞書的な意味さえ知らない人が一定数います。また、辞書的な意味は把握していても、それが自分たちのビジネスにおいて具体的に何を意味するのか、どんな影響を持ち得るのか、という深いところまでは理解していない人がいます。



 さらに、その人なりに理解を深めていたとしても、会議に出席する他の人たちとかみ合わないということもあります。つまり、あらゆる段階で、理解度の不一致や解釈の不一致が起こりやすい。こうして単なるバズワードになっていく。新語である限り、これは避けられないことなのです。



 例えば、会議で参加者に「IoTって何のこと?」と尋ねたとして、全員から同じ答えが返ってくることはないはずです。ある人は「モノのインターネット」という辞書的な言い回しを使うでしょうし、別の人は「あらゆるものがインターネットにつながる世界」ともう少しかみ砕いたイメージを答えるかもしれない。また別の人は「センサーでいろんなものから情報を取ってクラウドにデータを集めて……」と具体的なシステムを想起するかもしれません。



 目に見える技術トレンドと共に浸透してきた用語でさえこうです。これがより抽象的なコンセプトを表すものになってくると、理解の食い違いはますます大きくなります。食い違いというより、真の意味で理解している人がそもそも少ないのかもしれません。「デザイン思考」って何をどうすることなのか。「ブロックチェーン」と聞いて仮想通貨以外にイメージできるものはあるか。「アンバサダーマーケティング」と「インフルエンサーマーケティング」はどう違うのか。「サブスクリプション」と「定額制」は?



 価値観や情報を共有すべき場で、意味がよく分からない言葉を使うべきでないのは、本来当然のことです。しかも、これらの用語には、質問を封じる力があることに注意が必要です。受け取り手を「今更聞けない」という心境にさせるので、意味が分からない人がいても置き去りで話が進んでいきます。発言する側も質問されないことは織り込み済みですから、自分自身も理解しきれていなくても「適当にちりばめておけば格好がつく」という感覚になりがち。結果、言うほうも聞くほうもあやふやな理解のまま、なんとなく会議や企画が進行していくのです。コンセプトがボケたまま出来上がるビジネスに、明るい未来があろうはずもないですよね。




どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。


ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・


本当に悩むなー。

プラチナ万年筆100周年記念モデルは驚きのプラチナづくし! 限定品100万円モデルも 聞いた、試した、すごかった! 最新ビジネスギア情報局(日経トレンディネット)

古道 和俊の【再配布権利付き】アフィリエイト特典:新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル 体験談とネタバレがヤバいかも



古道 和俊さんの
【再配布権利付き】アフィリエイト特典:新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアルがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。


ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム


信じて、本当に大丈夫かな?