カテゴリー:未分類の記事一覧

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

カテゴリー:未分類

お弁当の「食中毒」隙間にいれるあの野菜に意外な盲点(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))


お弁当派の人も毎日おかずを作るのは大変ですよね。作り置きや、夏場は保冷剤代わりに冷凍食品を入れたり、なんて人もいるのでは? でも、その何気ない行動が食中毒を引き起こす恐れがあります。


【関連画像】忙しい毎日、電子レンジを上手に活用しよう (C)PIXTA




●お弁当のおかず作りにも一工夫を



 お弁当における食中毒を防ぐには、なんといっても衛生管理が必要。前回の記事 ・ お弁当「食中毒」対策 包丁持ち手や角形弁当箱は注意 では、手洗いや調理器具の除菌についてお届けしました。



 2回目は「調理」編。おかずを作る際の正しい知識とポイントについて、東京都健康安全研究センター、ライオン・快適生活研究所、ミツカン・広報部に教えていただきました。まずは読者アンケートの実例を交えながら、見ていきましょう。



 読者アンケート(日経ウーマンオンラインにて2018年6月1日から28日まで実施したWebアンケート、有効回答数536名)を見ると、お弁当のおかず作りでは次のような対策をしているという声がありました。



【読者の工夫】

・生ものを避ける

・生ものや汁気の多いものは避け、よく火を通す

・おかずを詰めるときは菜箸を使う

・半熟卵や完全に火の通っていないものは入れないようにしている



 もちろん、これらの対策は正解です。食中毒の原因となる菌は「湿気」と適度な「温度」が重なると繁殖しやすくなります。



●意外な盲点 プチトマトのヘタ



 「お弁当のおかずに水分の多い生ものは避けましょう。味付けはやや濃いめにして、汁気を煮含めるのもポイント。サラダなど生野菜を入れる場合は、野菜をよく洗い水気を切って、冷たいまま持ち運びます。おかずに便利なプチトマトはヘタの部分に雑菌が付きやすいので、ヘタを取り、よく洗ってから使いましょう。お店で買った野菜はきれいだと思いがちですが、調理前にはきちんと洗いましょう」(ライオン快適生活研究所・杉本美穂さん)



 おかずはしっかり加熱することが大原則ですが、中には加熱しても死なない菌もいます。



 「カレーやシチュー、クリーム煮など、特にとろみのある料理に注意が必要なウェルシュ菌は熱に強く、耐熱性の芽胞(殻を作って生き残っている状態)は加熱しても存在します。ウェルシュ菌は料理の温度がゆっくり下がる時に繁殖しやすいため、カレーは鍋に入れたままにせず、タッパーに小分けにし、素早く冷ましてください。また、調理の際はしっかりかき混ぜ、鍋の中まで十分に加熱しましょう」(東京都健康安全研究センター・小川正さん)



<お弁当のおかず 作る時のポイント>

・生もの、汁気の多いものは避ける

・味付けはやや濃いめ、汁気は煮含める

・生野菜はよく洗い、よく水気を切る。プチトマトはヘタを取って





公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・


実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

アカデミアジャパン株式会社さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。



どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

『あさイチ』華丸・大吉にちょっと不安も…「プチ別居」特集でイノッチロス(女子SPA!)

『あさイチ』華丸・大吉にちょっと不安も…「プチ別居」特集でイノッチロス(女子SPA!)


今年4月にNHK『あさイチ』の司会が博多華丸(48)・大吉(47)と近江友里恵アナ(29)にかわって、はや3ケ月。新体制は、おおむね好評のようです。



 華丸・大吉はもともと好感度バツグンとはいえ、前任の最強コンビ・有働由美子(49)&井ノ原快彦(42)を惜しむ声もチラホラ。その一端が垣間見えたのが、同番組7月9日放送の「プチ別居」特集でした。



◆「プチ別居」特集に、華丸・大吉はツッコミなし



「夫への不満を我慢して夫婦関係が破綻する前に…」として紹介されたのが「プチ別居」で、妻が「1日から1週間、ひとりで実家や友達の家、ホテルなどで過ごす」ことと定義されています。スタジオには、「プチ別居」の名づけ親・提唱者の石蔵文信氏(大阪大学招へい教授)もいました。



 この特集に、SNS等で「妻がたった1日出かけただけでプチ別居と言われるのか?」「有働さんとイノッチなら、絶対ツッコミ入れてくれたのに」といったブーイングが続出したのです。



 そんなに物議をかもす内容なのかと、あらためて番組録画を見てみると…たしかに女としてはムカッとする部分も。



 番組ではある主婦(子供3人)に密着しているのですが、「私も気晴らしに1人で飲みに行こうかな~」と夫の肩をもみながら(!)おねだりします。夫は「子供は俺がみるの?」「ママ家出だって」などと言いつつ、すんなりOK。妻が1人で飲みにいくのは8年ぶり(!)だとのことです。



 ほかにも、プチ別居して帰ったら家が散らかってグチャグチャだったケースを紹介したり、スタジオのママタレが「飲みに行くときは1ケ月前に夫に伝えておいて、1次会だけで帰る」などの発言をしていました。



 これに対して司会の華丸・大吉は、「それぞれのご家庭の環境によりますよね~」などと当たりさわりのないコメントをするのみ。何一つ面白いことは言いませんでした。



◆大吉は亭主関白?



 もし有働さんなら「わたしは年中ひとり、年中別居ですから」と自虐ギャグを飛ばしたかもしれないし、イノッチなら「一晩飲みに行くのに、ここまで気を使わなきゃいけないんですかね」と言ってくれたかも。有働さんを“独身いじり”する人に対して、番組でNO!をつきつけたイノッチは、女性の味方というイメージが定着していますからね。



 それに対して「プチ別居特集で華丸・大吉は何も言いようがなかったんじゃないですかね。2人とも愛妻家ですが、九州男児だけあって、特に大吉は『亭主関白』キャラですから」というのは、ある芸能ライター。



「大吉は、お風呂の前に奥さんがタオルや着替えを用意しないと、ずーっと入らない。入浴後に体を拭くのも奥さん、朝、服を用意して起こしてあげるのも奥さんの仕事」という芸能記者のコメントを、『女性セブン』2018年4月12日号が紹介しています。



「このエピソードの真偽はともかく、九州でウケてきた関白キャラを、NHKで急に変えるのも不自然ですし…」(前出・芸能ライター)



 女性の視聴者が支える『あさイチ』、華丸・大吉が今後炎上しないようお祈りしています。





いま、話題になっている・・・
セブンティーンバスト 3個購入プランをご存知ですか?

その効果についてもですが、
ORPG JAPAN株式会社さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v


文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

劣化しやすい顔立ち、3位は上戸彩! 意外な1位は…高須院長が判定(女子SPA!)


年を取っても顔があまり変わらない人と、いわゆる「劣化」しちゃう人――。その違いはどこにあるのでしょうか?


⇒【イラスト】日本人に多い鼻の悩み


 高須クリニック・高須克弥院長によると、劣化しにくい顔は、鼻の存在感が薄くて、「あの人どんな鼻だったっけ?」と思い出せないような「忘れ鼻」の人だそう。逆に、鼻に存在感がある人は、年を取るとバランスが崩れやすいと言います。



「年をとっても鼻の形って変わらないの。だから、もともと鼻が目立つ人は、年ととももに頬がこけてきたりすると、鼻が悪目立ちしちゃうんです」と高須院長。



 そこで、12人の女性芸能人の写真の中から、前回の記事では、「忘れ鼻=劣化しにくい顔」のベスト3を選んでもらいました。



<12人の女性芸能人>



ダレノガレ明美、ローラ、永野芽郁、桐谷美玲、佐々木希、菜々緒、柴崎コウ、小雪、上戸彩、竹内結子、浜崎あゆみ、有村架純



 続いて、今回は「忘れ鼻」の逆で、存在感がある「忘れられない鼻」を3人選んでもらいました。素人目には、みんな超美人だけど、プロが見ると鼻の形が気になる人がいるそうです。その3人とは…? 教えて、かっちゃん!



◆忘れられない鼻=劣化リスクのある3人は誰?



 ●3位 上戸彩



高須「前回『忘れ鼻ベスト3』に選んだ3人以外は、正直、みんなそれぞれ鼻が目立つんだよね。その中からあえて、鼻が気になる3人を選ぶとすると……。



 まず3位は上戸彩さん。彼女の鼻は、いわゆる“カギ鼻”なんです。これから年をとって、ほっぺたの肉が落ちると、意地悪な顔になりやすい。これ以上痩せちゃダメなタイプですよ。ぜひがんばって、ぽっちゃりを目指してほしい」



 ●2位 竹内結子



高須「2位は竹内結子さん。小鼻がかなり左右に張ってるでしょ。鼻の穴も大きいしね。ただ、彼女の場合、この、少々美人に足りないところが、ウケている気もする」



 ●1位 小雪



高須「そして、1位は小雪さん。エラが張っていて、目が細い。それでいて、鼻が大きいから、ものすごく鼻に存在感がある。もし、ローラのように目が大きい顔だちに、この鼻という組み合わせであれば、そこまで目立たなかったと思いますよ」



◆忘れられないのはいいことでもある



――こうした“忘れられない鼻”をカバーする方法はあるんでしょうか。



高須「いちばん簡単なのは美容整形ですよ。小鼻を数ミリ切除して小さくしたり、だんご鼻の鼻先を細くしたりね。



 メイクでも多少はカバーできるかもしれないけど、鼻を目立たなくするのは、鼻を高く見せるより難しい。メイクの場合、正面から見れば目の錯覚でごまかせても、横から見るとバレちゃうの。



 ただ、欠点のない美人を目指すのが本当にいいことなのか? という問題もある。今回、“忘れられない鼻”に選ばれた人はみんな、女優としてすごく評価されている人たちばかりでしょう。欠点のない美人を目指すより、一目見たら忘れられない印象的な顔でいたほうがいいんじゃないのかな」



◆美人は秀才、ブスは天才



――「欠点があるからこそ、魅力的なんだ」と院長もよくおっしゃってますね。



高須「そうそう。だって、想像してみてください。演歌の北島三郎がもし、“忘れ鼻”だったとしたら、どうですか。歌がうまい人として話題になったかもしれないけど、サブちゃんほどの人気歌手にはならなかったんじゃない?



 患者さんにもよく言うんだけど、美人は秀才だけど、ブスは天才。印象に残らない美人より、忘れられないブスを目指すのも、僕としてはすごくアリだと思いますよ」



<取材・文/島影真奈美>



【高須克弥氏・プロフィール】




ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・


『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。


私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。