(株)刺激LIFE 長寺忠浩の膣イキ記憶術・パーフェクトビデオ 効果についてレビュー


膣イキ記憶術・パーフェクトビデオの
(株)刺激LIFE 長寺忠浩さんがネット掲示板で
かなり話題になってるみたいだよ。

あの掲示板でもスレも何個か立ってるみたい




出典元:アリアナ・グランデ。Photo: Bangshowbiz


アリアナ・グランデがアイハート・ラジオ・ミュージック・アワードでアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。今回、最優秀女性アーティスト賞の栄冠にも輝いたアリアナだが、14日(現地時間)にロサンゼルスで開催された式典には自身のワールドツアー「スウィートナー」の準備のため欠席を余儀なくされていた。代わりにビデオ録画での出演となったアリアナは、「名誉に尽きます。この栄誉と共に今夜は寝ることにします」と話し、ニューシングル『ニーディー』のステージを届けた。


アリアナ・グランデの写真をもっと見る。


一方、最優秀男性アーティスト賞にドレイク、最優秀デュオ/グループ賞にファイヴ・セカンズ・オブ・サマーが輝いている。



またイノベーター賞に選ばれたアリシア・キーズ(38)は、「正直、自分がイノベーターとして認められたことには本当に大きな意味がある。音楽を始めたころは『(ニューヨークの)ヘルズ・キッチン出身の子ね。15歳で高校を卒業したブレイズ髪で壊れたピアノを弾く。凄いイノベーターよね』なんて誰も言わなかったわ。代わりに『あの子誰?何してるの?何着てるの?』って感じだった。最初に契約を交わした時でさえ、『アリシアはどんなアイデアを持ってサウンドを生み出すんだろう?』って感じじゃなく、『どんな方向であの子を型にはめていこうか』って思われていた」と壇上でスピーチし、自分自身でいることを常に意識し、独自の力と美を見つけ続けて欲しいと人々に訴えていた。



また、『デリケート』で最優秀ミュージック・ビデオ賞、「レピュテーション」ツアーで最優秀ツアー賞と2冠の誉れを受けたテイラー・スウィフトは、6か月に及ぶ今回のスタジアムツアー中、メディアから失敗するだろうとの煽りもあり不安で一杯だったこと、人生は予測不可能なものだと語っていた。



T-ペインが司会を務めた今年の同式典では他に、最優秀ソング賞と最優秀ダンス・ソング賞にゼッドとマレン・モリスの『ミドル』、最優秀コラボレーション賞にブルーノ・マーズとカーディ・Bの『フィネス』、ソロ・ブレイクアウト賞にティファニー・ヤングが選出された。




どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。


ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・


本当に悩むなー。