平泳ぎスピードアップ・プログラム【女性スイマー用に開発】北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表 種田恵 監修(株式会社トレンドアクア)の悪評のレビューあり?


平泳ぎスピードアップ・プログラム【女性スイマー用に開発】北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表 種田恵 監修を販売している
株式会社トレンドアクアさん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。



出典元:米アカデミー賞をはじめ、今期の賞レースでざわつかせる存在だったアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA ローマ』の魅力とは


業界ネタ一筋、国内から海外まで取材カバー歴15年の長谷川朋子さんが、いま気になるエンタメコンテンツをお節介にも紹介しながら、そこから見えてくるトレンドも勝手に解説します。今回取り上げるのは米アカデミー賞をはじめ、今期の賞レースでざわつかせる存在だったアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA ローマ』。その理由は制作したのがNetflixだったからでしょうか?


【関連画像】『ROMA』のヒロインは中流階級の家庭で働く家政婦


 2月24日(現地時間)に発表された第91回米アカデミー賞でNetflix映画『ROMA ローマ』が作品賞こそ逃したものの、監督賞・撮影賞・外国映画賞を獲得した。賞レースの最高峰でNetflixが初のオスカーを手にしたことは、美談として語る以上にエンタメ業界のジレンマを明るみにさせるものだった。



 Netflixと言えば、今や世界最大の配信プラットフォームとしての地位を確立し、日本にも鳴り物入りで上陸してから3年が経過した。加入件数も視聴回数も、そして作品数さえも一切公表しないが、話題づくりに長けていることも特徴にある。最近では近藤麻理恵の「こんまりメソッッド」による片付け番組なんかがそうだ。



 常に業界に一石を投じる役割を忘れない。何よりこれまで業界が遵守してきたウィンドウ戦略を覆してしまった。配信ファーストのオリジナル番組をこれでもかというほどの勢いで展開している。配信番組イコール低予算というイメージも変え、ドラマ1話の予算規模は数億円に上る。そんなNetflixが映画界にも手を広げ、オリジナル映画『ROMA』が今期賞レースの台風の目となった。



 なぜそんなにもNetflixの映画界参入が話題になったのか。それを説明する前に、作品について知る必要がある。監督のアルフォンソ・キュアロンはジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックが共演したSF映画『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞監督賞などを総なめにした実績を持ち、その最新作が『ROMA』だ。このうたい文句だけなら、同様の売れ筋作品といった印象を与えるが、実は視聴意欲につなげるにはなかなかハードルの高い条件をそろえている作品なのである。



 というのも、舞台は1970年代初頭のメキシコシティのローマという地区、ヒロインは中流階級の家庭で働く家政婦、そしてその役を演じるヤリッツァ・アパリシオをはじめ出てくる役者は無名。さらに輪をかけて全編にわたりモノクロで、言語はスペイン語。監督自身の体験から描かれた、流れに逆らわずに生きる女性の強さを見つめることができるストーリーは決して難解なものではないが、エンタメ度の高い映画『ボヘミアン・ラプソディ』とは対照的な作品。言うなれば『ROMA』は興行収入が見込みにくい作品なのだ。




あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。




出典元:米アカデミー賞をはじめ、今期の賞レースでざわつかせる存在だったアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA ローマ』の魅力とは


業界ネタ一筋、国内から海外まで取材カバー歴15年の長谷川朋子さんが、いま気になるエンタメコンテンツをお節介にも紹介しながら、そこから見えてくるトレンドも勝手に解説します。今回取り上げるのは米アカデミー賞をはじめ、今期の賞レースでざわつかせる存在だったアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA ローマ』。その理由は制作したのがNetflixだったからでしょうか?


【関連画像】『ROMA』のヒロインは中流階級の家庭で働く家政婦


 2月24日(現地時間)に発表された第91回米アカデミー賞でNetflix映画『ROMA ローマ』が作品賞こそ逃したものの、監督賞・撮影賞・外国映画賞を獲得した。賞レースの最高峰でNetflixが初のオスカーを手にしたことは、美談として語る以上にエンタメ業界のジレンマを明るみにさせるものだった。



 Netflixと言えば、今や世界最大の配信プラットフォームとしての地位を確立し、日本にも鳴り物入りで上陸してから3年が経過した。加入件数も視聴回数も、そして作品数さえも一切公表しないが、話題づくりに長けていることも特徴にある。最近では近藤麻理恵の「こんまりメソッッド」による片付け番組なんかがそうだ。



 常に業界に一石を投じる役割を忘れない。何よりこれまで業界が遵守してきたウィンドウ戦略を覆してしまった。配信ファーストのオリジナル番組をこれでもかというほどの勢いで展開している。配信番組イコール低予算というイメージも変え、ドラマ1話の予算規模は数億円に上る。そんなNetflixが映画界にも手を広げ、オリジナル映画『ROMA』が今期賞レースの台風の目となった。



 なぜそんなにもNetflixの映画界参入が話題になったのか。それを説明する前に、作品について知る必要がある。監督のアルフォンソ・キュアロンはジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックが共演したSF映画『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞監督賞などを総なめにした実績を持ち、その最新作が『ROMA』だ。このうたい文句だけなら、同様の売れ筋作品といった印象を与えるが、実は視聴意欲につなげるにはなかなかハードルの高い条件をそろえている作品なのである。



 というのも、舞台は1970年代初頭のメキシコシティのローマという地区、ヒロインは中流階級の家庭で働く家政婦、そしてその役を演じるヤリッツァ・アパリシオをはじめ出てくる役者は無名。さらに輪をかけて全編にわたりモノクロで、言語はスペイン語。監督自身の体験から描かれた、流れに逆らわずに生きる女性の強さを見つめることができるストーリーは決して難解なものではないが、エンタメ度の高い映画『ボヘミアン・ラプソディ』とは対照的な作品。言うなれば『ROMA』は興行収入が見込みにくい作品なのだ。




ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。


わたしが気になっているのはコレ・・・


こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。