大石 晋裕のhiro式・オンライン英会話スクール~自宅留学のすすめ~ 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ




大石 晋裕の
hiro式・オンライン英会話スクール~自宅留学のすすめ~について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?



出典元:「WHY(なぜ)」が人を動かす最強のツールである理由


人は誰でもWHYを持っています。それは情熱や、インスピレーションの源となる奥深くに眠っている存在意義です。それが何かまだ見つかっていなかったり、どう言葉で表現してよいか分からなくとも、あなたにも必ずWHYがあります。


【画像】「WHY(なぜ)」が人を動かす最強のツールである理由


自分のWHYを理解するのに、この本が大きな助けとなるでしょう。誰もがやる気いっぱいの状態で朝目覚め、一日の終わりに仕事の充実感で眠りにつく、そんな人生を送るべきです。(「はじめに」より)



こう主張しているのは、『FIND YOUR WHY あなたとチームを強くするシンプルな方法』(サイモン・シネック、デイビッド・ミード、ピーター・ドッカー 著、島藤真澄 訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者。



これまでの長きにわたり、アメリカ連邦議会議員、外交官、国連、国防省に代表されるリーダー、あるいはマイクロソフト、アメリカン・エクスプレスなどの企業および非営利団体に対して「人々をインスパイアする方法」、すなわち「WHY(なぜ)」の重要性を伝授してきたという実績の持ち主です。



そんな著者は、2009年に行ったTEDトークによってWHYについての考え方を広めたのだそうです。そして、それをより深く掘り下げて伝えたのが、2012年の著書『WHYから始めよ!』(日本経済新聞出版社)。



そんな流れをくむ本書は、さらに具体的に「WHYを見つけるよりよい手段」を提示することを目的として書かれたものだといいます。



『WHYから始めよ!』がWHYを伝えるための本であったとするなら、これは「実際にどうすべきか」のステップを示すものと位置づけられるのだとか。



そこで、共著者に企業トレーナーであるデイビッド・ミード氏、元イギリス空軍高官パイロットのピーター・ドッカー氏を迎え、その方法論を明らかにしているわけです。



実用的なガイドブックとしてこの本はつくられました。自分のWHYを探し出し、明確に表現するために必要なものがすべて揃った完全ガイドブックとなっています。(「まえがき」より)



きょうはChapter 1[WHYから始めよ!]に焦点を当て、基本的な考え方を確認してみたいと思います。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな