鈴木 英志のLOVEインフルエンス~大好きなカレを恋に落とす方法購入者が言う実際の評判



鈴木 英志の
LOVEインフルエンス~大好きなカレを恋に落とす方法に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・



出典元:2019年1月14日の北米デトロイトモーターショーで全ぼうが明らかになったトヨタ「スープラ」。デビューまではハデなカモフラージュが施されていたが、ここにはトヨタの戦略があった


BMWと共同開発のトヨタの本格スポーツ「スープラ」がいよいよデビューです。現役レーシングドライバーでありながら、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務める木下隆之氏が“じれったい”カモフラージュの裏事情を解説します。


【関連画像】「A90」の記号をたくみに組み合わせ、もはや立派なデザインに


 ようやく、新型トヨタ「スープラ」をドライブする機会が訪れた。開発コードネーム「A90型」のプロジェクトが動き出したのは2014年だというから、あれから僕は4年以上を待たされたことになる。



 年も押し迫る寒空の2018年12月、試乗のチャンスを得た袖ヶ浦サーキットにワクワクと心を躍らせて向かったことは言うまでもない。



 ただ、サーキットで待機していた新型スープラは、全体像を紛らわすためのカモフラージュが施されていた。トヨタが正式に発表するのは2019年1月14日の北米デトロイトモーターショーだ。デビューに際してはまたこのコラムで速報をお届けするつもりだが、それまでは赤白黒の派手な模様で、デザイン的なディテールを曖昧(あいまい)にするつもりなのである。



 かつてカモフラージュの定番だった唐草模様は、クルクルと渦を巻いて細部の隆起を曖昧にする効果がある。目の錯覚や心理的な作用を巧みに利用するわけだ。光の反射を抑えるから、エッジも目立たなくなる。



 自動車メーカーが、市販前に“素の姿”を晒すことは絶対にない。デビューまでは最高機密が保たれる。ただ、秘密を貫くことは不可能だ。というのも、当初は社内のテストコースで進めてきた開発も、熟成させるには数十万キロもの公道走行に繰り出さねばならない。となれば、スクープカメラマンの餌食(えじき)になるのは道理なのだ。そのために、ささやかな抵抗としてカモフラージュを施すのである。




ちょっと不安があるんだよね。


口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。


あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな