野球バッテリー上達革命~精度を高める投内連携~【元・千葉ロッテマリーンズ青松敬鎔・木村優太 監修】の噂と実践者の口コミ




野球バッテリー上達革命~精度を高める投内連携~【元・千葉ロッテマリーンズ青松敬鎔・木村優太 監修】が
話題になっているけど知ってますか?

●CHとかでも
スレが多くなってきて、いろんな噂が飛び交っている感じです。



出典元:猫背も治る「エールストレッチ」(1) 右ひざを曲げて立ち、上体を倒す ⇒ (2) 左手を上げて胸を開く ⇒ (3) 左腕を旋回させてキープ


体を柔らかくするには、肩関節と股関節を同時に動かす「動的ストレッチ」が効果的。3分で体がみるみる柔らかくなる3ポーズを紹介します。


【関連画像】ねじって柔らかく「パタパタストレッチ」(1) 寝て、両手を組む ⇒ (2) 脚は左に、両腕は右に倒す ⇒ (3) 脚は右に、上半身は左に倒す


 記事「3分でたちまち柔らかくなる 体が硬い人のストレッチ」では、肩関節と股関節の可動域をチェックし、自身の体の硬さを実感した人が多いことでしょう。今回は、肩関節と股関節を同時に動かしてストレッチをする3ポーズを紹介。猫背が治るだけでなく、腰も軽く、体が柔らかくなることを実感できます。



●1. 猫背も治る「エールストレッチ」



 1つめは、肩関節と股関節を最大限に動かすストレッチ。一気に柔軟性がアップする。こういった、ダイナミックに動きながら筋肉を伸ばすストレッチを動的ストレッチという。「動的ストレッチは、筋肉に負荷をかけるため、筋トレ効果も期待できる。股関節が柔らかくなり、歩幅が大きくなったとしても、1歩踏み出したときの不安定な姿勢をキープするだけの筋力が必要。動的ストレッチなら、筋力アップもサポートできる」とパーソナルトレーナーの小林邦之さん。



 脚を大きく横に開き、腕を旋回させながら上半身をひねる。まるで応援団が“エール”を送るようなポーズだ。股関節を開いたまま、肩関節を動かしながらストレッチする。



(1) 右ひざを曲げて立ち、上体を倒す

 右脚を横に開き、ひざを曲げ、左脚は伸ばす。上体を倒して、右ひじを右ひざにかける。



(2) 左手を上げて胸を開く

 脚の形をキープし、胸を開きながら左手を持ち上げていく。



(3) 左腕を旋回させてキープ

 左腕を後ろに回して、胸が開くところまで伸ばす。その状態で5秒キープする。反対側も同様に。



◆左3回右3回1分が目安




いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・


どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな


けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。