ジョイントベンチャーで年商1億円稼ぐ方法の噂と実践者の口コミ




ジョイントベンチャーで年商1億円稼ぐ方法が
話題になっているけど知ってますか?

●CHとかでも
スレが多くなってきて、いろんな噂が飛び交っている感じです。



出典元:メキシコシティで行われた『ROMA/ローマ』のプレミアにて。Photo: Hector Vivas/Getty Images For NETFLIX


映画『ROMA/ローマ』が今年度の放送映画批評家協会賞で4部門を制した。ネットフリックスで配信される同作は13日(現地時間)夜、サンタモニカのバーカー・ハンガーで開催された授賞式で、映画『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』『女王陛下のお気に入り』『ファースト・マン』『グリーンブック』『アリー/ スター誕生』『ビール・ストリートの恋人たち』『メリー・ポピンズリターンズ』『バイス』といった並み居る候補作を抑えて作品賞の栄誉に預かったほか、メガホンを取ったアルフォンソ・キュアロンが監督賞や視覚賞、外国語映画賞を受賞した。


放送映画批評家協会賞2019 主な受賞リストはこちら。


キュアロンは作品賞の受賞スピーチで、「こんなメキシコ人でも、言われるほど悪くないこともあるんです」と語り、ストリーミング配信してくれたネットフリックスへの感謝の言葉を述べた。



また『バイス』は、ディック・チェイニー元副大統領を演じたクリスチャン・ベールの主演男優賞やコメディ映画男優賞、メイクアップ賞など3部門に輝いた。



そんなクリスチャンは同作について、「少し時間が経つとコメディだと考えるようになりますが、本当のところは悲劇なんです」と話している。



さらに、『ブラックパンサー』も衣装デザイン賞や視聴効果賞など3部門を受賞している。



主演女優賞は『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズと『アリー/ スター誕生』のレディー・ガガが同時受賞となり、ガガは『シャロウ ~「アリー/ スター誕生」愛のうた』で楽曲賞も手にしている。



助演男優賞と同女優賞は、先日のゴールデン・グローブ賞と同様に、『グリーンブック』のマハーシャラ・アリと『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キングが選ばれた。



一方でテレビ部門では、『ジ・アメリカンズ』と『マーベラス・ミセス・メイゼル』が3部門を制覇して、受賞レースをけん引した。



ファイナルシーズンを迎えた『ジ・アメリカンズ』はドラマシリーズ賞をはじめ、マシュー・リスとノア・エメリッヒがそれぞれ主演男優賞と助演男優賞を受賞した。



一方の『マーベラス・ミセス・メイゼル』はコメディシリーズ賞のほか、レイチェル・ブロズナハンがコメディ部門の主演女優賞を、共演者のアレックス・ボースタインが同助演女優賞をそれぞれ手にした。



またドラマシリーズ部門では『キリング・イヴ』のサンドラ・オーが主演女優賞に、コメディシリーズ部門では『バリー』のビル・ヘイダーが主演男優賞に選出されたほか、リミテッドシリーズ部門の主演女優賞では『KIZU-傷-』のエイミー・アダムスと『エスケープ・アット・ダネモラ』のパトリシア・アークエットが同時受賞となった。



そんな中、リミテッドシリーズ賞を受賞した『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』で、主演男優賞に輝いたダレン・クリスは自虐的なスピーチで聴衆の笑いを誘った。



「今回の出来事はつかの間のことだと思っています。ここにいることができてとても幸運です。今までこの式典に出席したことがありませんでしたので。また来れるか分かりませんけどね。だから、ここにいる間の思い出を大切にします。とても簡単なことですが、心からそう思っていると言わせてもらいます」「この賞をありがとうございます。特に、批評家の皆さんは常に優しいわけではありませんから。この場を借りまして、今後パッとしない演技をしてしまうかもしれませんが、そんな時は今日の出来事を思い出すことでしょう」



今年度の授賞式ではテイ・ディグスが司会を務めていた。




いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・


どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな


けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。