押田 信一のライティング記事自動投稿システム(ワークス) 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ




押田 信一の
ライティング記事自動投稿システム(ワークス)について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?



出典元:Getty Images


2009年4月に放送されたイギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』の第3シーズンに出場し、その素朴な外見と天使のような歌声のギャップで、瞬く間に世界を虜にしたスーザン・ボイル(57歳)。


【写真】低迷期を乗り切った、セレブ15人の「カムバック」


『ブリテンズ・ゴット・タレント』では準優勝に終わったものの、その後無事歌手としてデビューを果たした彼女は、エリザベス女王の即位60周年記念式典で歌声を披露したり、日本でも紅白歌合戦にゲスト出演するなど、華々しい活躍を見せていました。



しかし、2015年にはストレスによる体調不良を理由に活動を休止。2016年には復帰してアルバム『A Wonderful World』をリリースするも、表舞台には姿を見せない状況が続いていたため、現在のスーザンがどうしているのか気になっていた人も多いはず。



そんな中、現地時間1月7日(月)に米NBCで放送された『アメリカズ・ゴット・タレント:ザ・チャンピオンズ』にスーザンが出演し、見事なパフォーマンスを披露したと<People>が報じています。同番組は『アメリカズ・ゴット・タレント』のスピンオフ番組で、各国の勝者やファイナリストたちを集めた特別版。



同誌によると、スーザンが披露したのはローリング・ストーンズのカバー曲「ワイルド・ホース」で、番組審査員のサイモン・コーウェルの前で彼女が歌うのは『ブリテンズ・ゴット・タレント』に出演して以来、実に9年ぶりとのこと。



今回の出演で「天使の歌声」は健在であることを証明したスーザン。パフォーマンスを終えた彼女に対し、サイモン・コーウェルはこのような賛辞を送ったそう。



「正直に言おう。君以上に、この番組を強く印象づけてくれた出場者が他に思い浮かばないんだ。君こそが、この番組を象徴する存在だ。君はたくさんの人々の人生に変化を与えた。君がここに来てくれたことに、心から感激してるよ」



また、スーザンは同番組への出演を決めた経緯について、このように語っています。

「何をするにも自信が持てずにいる人、声を上げることができない人、周りの皆から無視されてしまう人……私は、そういう人たちにとっての“チャンピオン”になりたいと思っています。だから、このチャンスに背を向けることはできなかった。(優勝という)まだ果たせていない約束がある気がしたんです。最後に会った時から私がどのように成長したか、サイモンにお見せできることにとてもワクワクしています。そして今回こそ、自分の力を証明したい、勝ちたいです」



こうしてステージに挑んだ結果、審査員として番組に参加している元スパイス・ガールズのメルBによる「ゴールデン・ブザー(各審査員が1シーズンに1度だけ使うことのできる、予選通過を決定するボタン)」を獲得したスーザン。



奇跡の歌声を武器に見事なカムバックを果たした彼女の、「チャンピオンになりたい」という夢は今度こそ叶うのか!? 『アメリカズ・ゴット・タレント:ザ・チャンピオンズ』の放送はまだ始まったばかり。新たに幕を開けた歌姫スーザンの挑戦を、じっくりと見守っていきましょう。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな