Youtube/アクセスアップ向け記事テンプレートセットパック!by広告素材.COMインフォトップ出張所をつくった株式会社天空の真実!ネタバレとレビュー



株式会社天空さんがつくった
Youtube/アクセスアップ向け記事テンプレートセットパック!by広告素材.COMインフォトップ出張所がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)




出典元:(女子SPA!)


自分から別れを切り出すこともあれば、逆に相手から言われることもあるはず。ただし多くの女性がそうであるように、男性も必ずしも別れたい本当の理由を口にするとは限りません。



 今回、女子SPA!総研では、30代の未婚男性100人を対象に「別れを考える彼女の言動」についてアンケートを実施(※)。その結果を9位からランキング順に発表していきたいと思います。



==================



「別れを考える彼女の言動」って?(複数回答)



9位 LINEに即レスしないと怒る 20%



9位 元彼など、ほかの男性と比べられた 20%



9位 口が悪い 20%



7位 自分には黙って合コンに行っていた 21%



7位 生活スタイルが合わない 21%



==================



 9位は3つが同率となりましたが、なかでも「LINEに即レスしないと怒る」は、恋人を束縛しがちな女性にありがちな行為。



「夜や休日ならともかく、仕事中に即レスなんて無理!」(金融・26歳)、「常にスマホを操作できる状況じゃないのに……。すごく理不尽」」(29歳・公務員)など男性もかなりイラッと来ているようです。



 女性たちだって彼氏からのLINEに常に即レスで返しているわけではないはず。即レスを求める彼はウザいですが、男性側も同じように感じているみたいですね。



 また、「ほかの男性と比べられた」もよくあるケース。



「やきもちを焼かせたいか知らんけど、ただただ面倒だった」(30歳・証券)、「比べられるのは百歩譲っていいとしても自分が元カレより下に見られるのは納得できなかった」(27歳・メーカー営業)などこんな話をされて面白くはないでしょう。



 比べてしまうのは仕方ないとしてもそれを彼氏本人に言うのは慎んだほうがよさそうです。



 7位の「自分には黙って合コンに行っていた」ですが、問題は彼氏に内緒だったという点。「隠していたのが問題」(26歳・団体職員)と言うように信頼を失うことは避けられません。



 ちなみに合コンの参加をめぐっては、前もって言ってくれればOKとの容認派の男性も多いですが、「裏切り行為。絶対に許せない」(28歳・通信)という心の狭い男性も少なからずいるのも事実。いずれにせよ黙っておくなら、徹底的にバレないよう工夫してみては。



==================



5位 体臭や香水のニオイがきびしい 24%



5位 借金があった 24%



4位 金銭感覚が合わない 29%



==================



 5位の「借金があった」は、特に結婚を意識する彼女であれば金銭感覚の欠如は致命的。



「自分で絶対に払わないコだと思っていたら、そういうことだった」(31歳・保険)、「奨学金や車のローン程度なら話は別だけど、散財が原因だった。ただのだらしのない女にしか見えなくなった」(29歳・外資)など百年の恋も一気に冷めてしまう可能性大。恋愛よりも借金返済を優先させるべきでしょう。



 でも、女性にとってある意味キツいのは、同率5位の「体臭や香水のニオイがきびしい」かもしれません。



「元カノはタバコを吸うコで、香水と混ざったニオイが下水のような悪臭だった」(32歳・製薬)、「口臭がテロレベル。キス好きだったから毎回拷問だった」(25歳・電鉄会社)など耳を疑うようなコメントです。



 自分のニオイが相手に不快感を与えるかどうかは、男性も女性も実はわかっていない人がほとんど。さすがに男性も「お前がクサいんだよ!」とは言えないでしょうから、気になる女性は一度自分のニオイをチェックしてみてはいかがでしょうか。



 次の4位「金銭感覚が合わない」も借金同様、結婚するなら大事な問題です。



「海外旅行に行ったが彼女はビジネスクラスしか乗ったことがなく、エコノミーに不満タラタラだった」(29歳・機械)というケースはわかりやすいですが、逆に「オゴられるのは嫌なくせに、安いガストでの食事を誘ったら『もったいない』と渋られた」(27歳・流通)とケチすぎてもアウト。



 ただし、これに関しては女性も自覚しているはずでしょうから、相手に合わせるのが無理そうなら自分からお別れすることを考えてもいいかもしれません。



◆3位 プライベートで他の男性と2人で会っていた 31%



 3位の「プライベートで他の男性と2人で会っていた」は、「身体の関係はなかったとしても自分のなかでは完全に浮気」(32歳・証券)とまではいかなくても彼女が2人で男友達などと会うことにモヤモヤした気分になる人は多いようです。



 こうした女性は男友達が多く、「他の男性と会う彼女のこと快く思わない自分を器の小さいヤツだと見下してきた」(SE・28歳)と答える人もいました。確かに、嫉妬深くなくても嫌がる彼氏が多いことは知っておいたほうがよさそうです。



◆2位 SNSで自分の悪口を書いていた 35%



 そして、最近多いのが2位の「SNSで自分の悪口を書いていた」。「人の目に触れるものに書くなんて人格を疑う」(33歳・広告)、「日記ではなくSNSに人の悪口を書くという発想がありえない」(31歳・飲食)など、上位だけあってどの意見も厳しいです。



 SNSで悪口を書けばどんなことになるのかを考えておらず、ITリテラシーは低いと言わざるを得ません。



「ほかの人の悪口であったとして別れると思う。そういうことを平気でやる相手じゃ幻滅しかないし、正直悲しい」(28歳・新聞)と回答した人もいましたが、その通りかもしれません。



◆1位 暴力をふるう 41%



 最後の1位に輝いたのは「暴力をふるう」。もちろん、多いのは男性が加害者となるケースですが、最近ではその逆パターンもあるそうです。



「すぐに癇癪(かんしゃく)を起こし、引っぱたいてきた」(26歳・流通)という肉体的なDVだけでなく、「身体的なコンプレックスや給料が安いことを共通の友人たちの前でもバカにしてくる」(28歳・アパレル)などモラハラをしてくる女性もいるそうです。



 ちなみに「自分のスマホを勝手に見られた」(12位)や「料理が下手」(26位)、「『親に会って』と結婚を迫られた」(29位)などは上位に入ってもおかしくない気がしましたが、意外にも下位との結果に。このアンケートでは男性が別れようとする理由にはなっていないようです。



 とはいえ、ランキングの上位の項目は、男性にされても嫌なことばかり。突然別れを切り出されないためにも、自分がされたくないことを彼にしていないか、相手の立場になって考えた方がよいかもしれませんね。



※【調査概要】



調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代男性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。



調査期間:2018年11月9日



有効回答者数:30才から39才 男性100名



<文/トシタカマサ>




こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。