吉田 博彦の一眼レフ・ミラーレスカメラの基本完全マスター講座 (YouTube動画教材) (マニュアル撮影、適正露出一発決定を楽しもう!) 口コミが怪しい




最近、話題になっている

吉田 博彦の
一眼レフ・ミラーレスカメラの基本完全マスター講座 (YouTube動画教材) (マニュアル撮影、適正露出一発決定を楽しもう!)って・・・
なんだか怪しくないですか?



出典元:スポーツジムでは、AirPodsに脱落防止フックを装着して使っていた伊藤氏だが、値下げされたのをきっかけに「BeatsXイヤフォン」を購入。ところが、こちらもAirPodsと同じように右耳用だけが外れてしまう……。


スマホはiPhone、パソコンはMac、仕事先にはiPadを持参し、移動中はAirPodsで音楽を聴いているけど『別にアップル好きじゃないです』と言い張るライター伊藤朝輝がつづるアップルライフ。今回は、AirPodsをやめてBeatsXを買ったお話だ。

 ※記事下の【関連記事】から日経トレンディネットの人気関連記事をお読みいただけます


【関連画像】AirPodsをなくさないために購入した脱落防止フック。半年使っていると、伸びてAirPodsにフィットしなくなった。2セット残っているので、あと1年は使える計算だが


●AirPods用脱落防止フックは半年しか持たなかった



 2年前の12月、発売日にアップル渋谷に並んで買った「AirPods」。片方なくしたり、2台目を買ったりといろいろあったけれど、使わない日はないほど愛用してきた。



 しかし、筆者が使っているAirPodsには、実は問題がある。右側が外れやすいのだ。まあ、AirPodsのせいというよりは筆者の耳の形のせいなのだけれど……。普通に生活しているときは問題ないし、走っても落ちない。ところがあおむけになると、ふとした拍子に右側だけぽろりと落ちることがある。



 これはスポーツジムでトレーニングしながら音楽を聴くときにとても具合が悪い。「ダンベルプレス」や「レッグレイズ」のようにあおむけで行う種目ではほぼアウトなのだ。



 そのため、スポーツジムに行くときはAirPods用の「脱落防止フック」を使うようにしていた。AirPodsの片方をなくした後、その対策として購入したものだ。これを着けるとAirPodsが安定して、あおむけになっても落ちない。ただし、半年も使っていると伸びて緩くなり、AirPodsにフィットしなくなってきた。汚れも気になる。フックは3セット入っていたので、交換すればあと1年くらいは持つ計算だが、正直、このフックもあまりかっこいいものではない。



 ふと、トレーニングのときに使うワイヤレスイヤホンが頭に浮かんだ。そう言えば10月に「BeatsXイヤフォン」が税込み1万5984円から1万2744円に値下げされたのだ。これは「買え」という筆者へのメッセージに違いない。



 というわけで、アップル表参道まで出向いてBeatsXを買ってきた。





公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・


実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

吉田 博彦さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。



どうしよう~
チャレンジしてみようかな。