バイナリーオプションHIGH・LOW システムトレード検証実験 DVD(舟城 伸一)の悪評のレビューあり?


バイナリーオプションHIGH・LOW システムトレード検証実験 DVDを販売している
舟城 伸一さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。



出典元:働き方改革の先進企業として注目されるサイボウズ。そのプライベートショー「Cybozu Days」は、すでに福岡、松山での開催が終了し、11月7日、8日には幕張メッセ(千葉市美浜区)でCybozu Days Tokyoが行われた。


働き方改革の先進企業として注目されるサイボウズ。そのプライベートショー「Cybozu Days」は、すでに福岡、松山での開催が終了し、11月7、8日には幕張メッセ(千葉市美浜区)でCybozu Days Tokyoが行われた。多彩なゲストスピーカーで大いに盛り上がった2日目の講演の模様を紹介する(関連記事「サイボウズ青野社長が語る 『多様化時代』の企業改革と人材活用」)。


【関連画像】社員の幸福について議論する青野社長と慶應義塾大学大学院の前野隆司教授(右)。幸福度では心の状態が重要で、4つの因子が心の状態を左右するという


●社員の生産性よりも幸福度を上げる



 まずは基調講演。サイボウズの代表取締役社長の青野慶久氏が2人のゲストを招いて幸福について語り尽くした。



 登壇した青野社長は、「あらゆる情報を共有して、チームワークあふれる社会にしたい」と自社の理念を宣言。加えて、チームワークを強くするには社員一人ひとりの多様性を認めることが大切とし、「公平は幸せではない」という持論を語った。



 現在、たくさんの企業で働き方改革の「公平なルール」として、社員に早く帰宅することを求めている。だが、人によっては早く帰るよりも、午前中を休みにして夜ゆっくり仕事がしたい人もいるはず。そもそも社員の多様性を尊重すれば、午前中しか働けない人や在宅勤務の人とも一緒に働くことになる。



 そうなると「一人で何でもかんでもやるのは無理で、チームを組んでみんなで働くしかない」と青野社長。ここで大事になるのが情報共有で、情報共有がチームワークを強くし、自分に合った働き方の実現をサポートする。「(自分に合った働き方ができれば)社員の幸福度が増す。生産性ではなく幸福度を増やすことが真の働き方改革ではないか」と来場者に呼びかけた。



 これを受けて登壇したのが1人目のゲストである慶應義塾大学大学院教授の前野隆司氏。「幸福学」というユニークな領域の研究している。「幸福学とは何ですか? 教えてください」と青野社長が質問をぶつけた。



 「幸福の研究はこれまでは哲学の領域でしたが、幸福学はアンケートなどを通じて幸せを点数化して、科学的に『幸福とは何か?』にアプローチするものです。点数にするのは難しいですが、それでも測ってみようということです。とはいえ、幸せの点数を統計的に処理すると、国民性などで違いが出て面白いですよ」と前野教授は話した。



 続けて青野社長から「幸福な人とはどういう状態なのか?」という質問が飛んだ。大きくは「環境」「健康」「心」が良い状況にあることだとしたうえで、前野教授は「とりわけ心については4つの因子があり、『やってみよう因子』『ありがとう因子』『なんとかなる因子』『ありのままに因子』があります」と話した。



 4つの因子のなかで日本のビジネスパーソンに特に足らないのが「ありのまま因子」。人の目を気にしてしまい、なかなか自分の個性を発揮できない人が多いという。前野教授は「気取らなくてもいいし、自分の働き方が他人と違うのは当たり前、と思っていい」と話す。



 これに対して青野社長は「ありのままでいいは重要。ウソは本当にやめてほしい。ウソをつく人は自分がアホに見られたくなくてウソつく。ありのままのアホのほうがいい」と語った。「アホなことをしても許してもらったら周囲に感謝する『ありがとう因子』も大切」と前野教授も応じた。



 ちなみに青野社長によれば経営者はアホに限るのだとか。「何もしていないように見える経営者がいい。管理しないと現場がやりがいを持ってくれる。賢い経営者が指示を出すと現場にやらされ感が出てしまう」と青野社長。これには前野教授も「私もアホで、『学生にやりたいことやっていいよ』と話したら、幸せの研究やわくわくの研究などが自発的に始まった」と同調した。



 次のゲストは、松山でのCybozu Daysに続いての登場となった真鍋かをり氏。「幸福度は今が一番高い」と話し、現在の事務所との関係に満足な様子を見せた。特に子供の成長に合わせて、仕事の割合を話し合いながら決められるのがうれしいという。



 真鍋氏は幸福度を増すには「夫婦で仕事と家事・育児のバランスを話し合うことも大切」と主張。「夫には仕事をガンガンやってほしいという人もいれば、家事・育児をちゃんと分担したいという人もいる。夫婦間の役割分担はそれぞれで、100の夫婦がいたら百通りあっていいと思う」と話した。



 青野社長は「僕は妻から家事もちゃんとしなさいと言われています。やっぱり夫婦であっても意思表示しないと分からない。イクメンになってほしい人もいれば、そこまで入ってこないでよと思う人もいる。うまくお互いの理想を擦り合わせる必要がある」と自身の経験を交えて語った。




あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。




出典元:働き方改革の先進企業として注目されるサイボウズ。そのプライベートショー「Cybozu Days」は、すでに福岡、松山での開催が終了し、11月7日、8日には幕張メッセ(千葉市美浜区)でCybozu Days Tokyoが行われた。


働き方改革の先進企業として注目されるサイボウズ。そのプライベートショー「Cybozu Days」は、すでに福岡、松山での開催が終了し、11月7、8日には幕張メッセ(千葉市美浜区)でCybozu Days Tokyoが行われた。多彩なゲストスピーカーで大いに盛り上がった2日目の講演の模様を紹介する(関連記事「サイボウズ青野社長が語る 『多様化時代』の企業改革と人材活用」)。


【関連画像】社員の幸福について議論する青野社長と慶應義塾大学大学院の前野隆司教授(右)。幸福度では心の状態が重要で、4つの因子が心の状態を左右するという


●社員の生産性よりも幸福度を上げる



 まずは基調講演。サイボウズの代表取締役社長の青野慶久氏が2人のゲストを招いて幸福について語り尽くした。



 登壇した青野社長は、「あらゆる情報を共有して、チームワークあふれる社会にしたい」と自社の理念を宣言。加えて、チームワークを強くするには社員一人ひとりの多様性を認めることが大切とし、「公平は幸せではない」という持論を語った。



 現在、たくさんの企業で働き方改革の「公平なルール」として、社員に早く帰宅することを求めている。だが、人によっては早く帰るよりも、午前中を休みにして夜ゆっくり仕事がしたい人もいるはず。そもそも社員の多様性を尊重すれば、午前中しか働けない人や在宅勤務の人とも一緒に働くことになる。



 そうなると「一人で何でもかんでもやるのは無理で、チームを組んでみんなで働くしかない」と青野社長。ここで大事になるのが情報共有で、情報共有がチームワークを強くし、自分に合った働き方の実現をサポートする。「(自分に合った働き方ができれば)社員の幸福度が増す。生産性ではなく幸福度を増やすことが真の働き方改革ではないか」と来場者に呼びかけた。



 これを受けて登壇したのが1人目のゲストである慶應義塾大学大学院教授の前野隆司氏。「幸福学」というユニークな領域の研究している。「幸福学とは何ですか? 教えてください」と青野社長が質問をぶつけた。



 「幸福の研究はこれまでは哲学の領域でしたが、幸福学はアンケートなどを通じて幸せを点数化して、科学的に『幸福とは何か?』にアプローチするものです。点数にするのは難しいですが、それでも測ってみようということです。とはいえ、幸せの点数を統計的に処理すると、国民性などで違いが出て面白いですよ」と前野教授は話した。



 続けて青野社長から「幸福な人とはどういう状態なのか?」という質問が飛んだ。大きくは「環境」「健康」「心」が良い状況にあることだとしたうえで、前野教授は「とりわけ心については4つの因子があり、『やってみよう因子』『ありがとう因子』『なんとかなる因子』『ありのままに因子』があります」と話した。



 4つの因子のなかで日本のビジネスパーソンに特に足らないのが「ありのまま因子」。人の目を気にしてしまい、なかなか自分の個性を発揮できない人が多いという。前野教授は「気取らなくてもいいし、自分の働き方が他人と違うのは当たり前、と思っていい」と話す。



 これに対して青野社長は「ありのままでいいは重要。ウソは本当にやめてほしい。ウソをつく人は自分がアホに見られたくなくてウソつく。ありのままのアホのほうがいい」と語った。「アホなことをしても許してもらったら周囲に感謝する『ありがとう因子』も大切」と前野教授も応じた。



 ちなみに青野社長によれば経営者はアホに限るのだとか。「何もしていないように見える経営者がいい。管理しないと現場がやりがいを持ってくれる。賢い経営者が指示を出すと現場にやらされ感が出てしまう」と青野社長。これには前野教授も「私もアホで、『学生にやりたいことやっていいよ』と話したら、幸せの研究やわくわくの研究などが自発的に始まった」と同調した。



 次のゲストは、松山でのCybozu Daysに続いての登場となった真鍋かをり氏。「幸福度は今が一番高い」と話し、現在の事務所との関係に満足な様子を見せた。特に子供の成長に合わせて、仕事の割合を話し合いながら決められるのがうれしいという。



 真鍋氏は幸福度を増すには「夫婦で仕事と家事・育児のバランスを話し合うことも大切」と主張。「夫には仕事をガンガンやってほしいという人もいれば、家事・育児をちゃんと分担したいという人もいる。夫婦間の役割分担はそれぞれで、100の夫婦がいたら百通りあっていいと思う」と話した。



 青野社長は「僕は妻から家事もちゃんとしなさいと言われています。やっぱり夫婦であっても意思表示しないと分からない。イクメンになってほしい人もいれば、そこまで入ってこないでよと思う人もいる。うまくお互いの理想を擦り合わせる必要がある」と自身の経験を交えて語った。




ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。


わたしが気になっているのはコレ・・・


こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。