スーパーマーケット仕入れマニュアル このノウハウがあればいつでも完璧にスーパーマーケットでせどりができるぞ!をつくった株式会社グローリーの真実!ネタバレとレビュー



株式会社グローリーさんがつくった
スーパーマーケット仕入れマニュアル このノウハウがあればいつでも完璧にスーパーマーケットでせどりができるぞ!がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)




出典元:(女子SPA!)


今年も残すところあと2か月程度…。年末が近づくにつれ、忘年会などの名目で飲みに行く機会が増えてきます。でも女性にとって、飲み会は楽しい場である反面、あわよくばを狙う男性によって酔いつぶされ、そのままお持ち帰りされてしまう危険とも隣り合わせでしょう。



 そういう良からぬことを考える男性たちが、女性を酔いつぶすために使おうとするのが、アルコール度数が高いわりに飲みやすいカクテル、通称「レディキラー」です。今回はそんなレディキラーの実例をご紹介していきますので、飲み会シーズンに向けて覚えておいてください!



◆スクリュードライバー:無味無臭なウォッカベースのカクテルには気を付けて



 最初にご紹介するのは「スクリュードライバー」。多くのお店で取り扱っているメジャーなカクテルですが、その実アルコール度数は12~15度と高い、立派なレディキラーです。



 基本的に無味無臭で飲みやすいウォッカに、オレンジジュースを混ぜたものですから、それこそジュースのようにスイスイ飲めてしまいます。混ぜる割合はお店やレシピによってまちまちで、ウォッカの比率が高めでも無味無臭ゆえに気付きにくい…というのも恐ろしいところ。



 また、ウォッカとグレープフルーツジュースを混ぜ、グラスの縁に塩をつけた「ソルティ・ドッグ」、ウォッカとライムジュース、ジンジャーエールを混ぜた「モスコミュール」なども、同じようにレディキラーとして有名です。ウォッカベースのカクテルを勧められたときは、念のため警戒したほうがいいですよ。



◆ロングアイランド・アイスティー:無害そうだけどその内面は…



「ロングアイランド・アイスティー」は、紅茶を一滴も使わずにアイスティーの見た目と味を再現した、ユニークなカクテルです。実際、甘めのレモンティーみたいな味がするので相当飲みやすいのですが、アルコール度数は20~25度と、かなり極悪。



 それもそのはず、こちらのレシピはコーラ大さじ3杯弱とレモンジュース大さじ2杯、さらにはウォッカ、ラム、ジン、テキーラ、キュラソーという度数の強いお酒を、各大さじ1杯ずつ加えるというもの…!



 男性からすれば「アイスティーみたいな味で面白いよ」と女性に勧めやすいので重宝するようですが、甘い気持ちで口にしたが最後。翌朝には、苦い思いをすることになるかも。



◆アレクサンダー:甘いカカオリキュールに潜むワナ



 ここからは、ちょっとオシャレなバーなどで登場しやすいレディキラーを取り上げます。



 まずは「アレクサンダー」。チョコレートのような甘さと香りを持つカカオリキュールと生クリームを使った、甘くて飲みやすい、まさに女性好みのカクテルです。



 しかし、カカオリキュールと生クリームの割合は全体の4分の1ずつでしかありません…。残り半分はジン、もしくはブランデーが占めるという、意外にも強烈な1杯なんですね。度数も21~23度と高めなので、ショコラをつまむような感覚で飲んでいたら、あっという間にダウンしてしまいますよ。



◆ルシアン:危険度MAX! 飲むなら倒れる覚悟で



 カカオリキュールを使ったカクテルでもうひとつ、「ルシアン」も押さえておいたほうがいいでしょう。



 アレクサンダーのように、チョコレートの風味を持った飲みやすさが特徴なのですが、その凶悪さはアレクサンダーをしのぎます。なにせジン、ウォッカ、カカオリキュールを、3分の1ずつシェイクして作るカクテルなのですから…!



 また、飲み会で注意を払うべきなのはレディキラーだけではありません。男性が女性にお酒を飲ませるために使う、ちょっとした手口についても学んでおきましょう。



◆「次、何飲む?」は下心アリかも…



 気を利かせて「グラス空いてるけど、なんか飲む?」と聞いてくれる男性もいますよね。せっかくの親切心を無下にするのも…と、ついつい新しいお酒をもらってしまうかもしれませんが、そういうところに付け込んで、いっぱい飲ませようとする男性もなかにはいます。もちろん、親切心から聞いてくれている場合がほとんどではあるものの、グラスの中身はしっかり自分でキープしましょう!



◆ドリンクが進む系のおつまみはほどほどに



 また、意外と盲点になっているのがおつまみの存在です。ポップコーンや生ハムのように塩気の強いものや、チョコレートのように口の中に残りがちなおつまみを食べると、どうしても飲み物が欲しくなってしまいますよね。空腹のときにお酒を飲むのも、それはそれで危険ですが、おつまみを食べすぎないようにも意識しておきたいところ。



 これからの飲み会シーズンをつぶれずに乗り切るため、そして、気が付いたらベッドの中にいた…なんてことを避けるため、今回ご紹介した内容を、是非とも頭に入れておいてください!



<文/A4studio>




こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。