西 秀夫の【ブログ奉行】ブログ管理効率化ツール 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ




西 秀夫の
【ブログ奉行】ブログ管理効率化ツールについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?



出典元:社会に出たら「婚活」より先に「家活」をすべき理由とは?


『独身ほど自宅マンションを買いなさい』(沖 有人著、朝日新聞出版)の著者は、23万人の会員数を誇る分譲マンション価格サイト「住まいサーフィン」を運営するスタイルアクト株式会社代表取締役。


【画像】社会に出たら「婚活」より先に「家活」をすべき理由とは?


不動産ビッグデータを駆使したビジネス展開を得意とし、富裕層向け相続対策などで多数のメディアにも出演している人物です。



そんな実績に基づいて本書で強調しているのは、「なるべく早くマンションを購入すべきだ」ということ。ここ数年でマンション価格が高騰するなか、思い切って長期のローンを組んで買った人たちの多くが、「あのとき決断して本当によかった」と胸をなで下ろしているというのです。



逆に、チャンスがあったのに買わなかった人は後悔しているのだとか。



だが、今からでも遅くはない。 本書の中で説明するように2018年現在の時点で見て、少なくともあと5年間は都内のマンション価格が下落する恐れは少ない。



10年前ほどお買い得ではないとしても、いずれ買うのであれば早いうちに買っておいたほうが、多くの点であなたの人生にプラスとなる。



買い時を逃して一生賃貸暮らしということになると、平均寿命80年を超え、なお延びつつある今の日本では、生涯の住居費は大きく跳ね上がり、リタイア後に住宅難民になりかねない。



本書は、これまで長年流布していた「住宅すごろく」的な考え方を否定し、「社会に出たらすぐに家を買って資産を増やそう」とお勧めする本である。



これを「家活(いえかつ)」と呼ぶことにした。就活が終わったら婚活の前に家活をしようという提案だ。(「まえがき 独身でマンションを買った人の『末路』」より)



決して安い買い物ではないだけに、不安な気もします。が、実際にはそれでなんの不都合もないのだと著者は断言しています。



これまでは多くの人が、「家は所帯を持ってから買うもの」という固定観念に囚われており、「単身のうちに家を買う」という発想そのものがありませんでした。



しかし単身であっても家を買うメリットは大きく、ライフスタイルや人生そのものが変わるというのです。



そればかりか「老後になっても住む場所がある」という安心感を手に入れることができ、さらに物件を選ぶことで、資産を形成することも可能になるといいます。



そんな理由があるからこそ、著者は本書で、結婚前の若いうちに家を買っておくべき理由を説明し、生き方を自由にしてくれる自宅の選び方を指南しているわけです。



とはいえそれでも、「危険なのではないか」というような不安や疑問は残って当然です。そこできょうは、Q&A形式でさまざまな疑問に答えている第8章「『我が家を買うリスク』についてお答えしよう」のなかから、いくつかをピックアップしてみたいと思います。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな