PWP先行02(218,000)をつくったジルトン合同会社の真実!ネタバレとレビュー



ジルトン合同会社さんがつくった
PWP先行02(218,000)がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)




出典元:Photo:Getty Images


先週の公式晩さん会に続き、今度はウィリアム王子とともに、チャリティ公務に登場されたキャサリン妃。

先週ご一家は、1週間のジョージ王子のスクールが中間休暇のお休みだったため、アンマーホールでお過ごしになっていましたが、今週のスクール開始に合わせ、ロンドンにお戻りに。

そしてこの日、ご夫妻でお仕事も開始となりました。

30日、イングランド東部のエセックスにある、バジルドン・スポーティング・ヴィレッジに到着されたウィリアム王子&キャサリン妃。

この日のお仕事は、ハリー王子を含めた皆様のチャリティ基金「ロイヤルファウンデーション」が立ち上げたキャンペーン、コーチ・コアに関するもので、これは教育・雇用を受けていない人たちを対象に、スポーツを通じて人生を好転させ、のちにコーチとしても職もえて、同様に次世代へと伝えていくことを目的としたもの。

ここでおふたりは、30人以上の卒業生たちとお会いになったり、室内競技とテニスのセッションに参加。

ご存じテニス好きのキャサリン妃にとってはやる気満々。水を得た魚状態で、子供たちに教えられているようなお姿も。

ボールを投げる体制とはいえ、うっかり気づけば、足が思いっきり広がっていたキャサリン妃。本気モードがうかがえるだけに、もちろんこの日のファッションはパンツ。

前回が晩餐会のためのソワレだったゆえ、よりギャップが大きく、この日のお仕事スタイルがとっても新鮮に見えました。

そして新たにワードローブに加えられたジャケットを初披露!

個人的に、一目見て欲しくなりましたが、少し残っていた在庫は、やはりすぐに完売へ。それも納得の、こちらのジャケットはスマイス。

グレンチェックに、襟にはコーデュロイが切り替えになった、いわばコントラストジャケット。乗馬スタイルがベースのようなシンブルのデザインですが、これまでのキャサリン妃の鉄板デザインと同様、ウエストが絞られ、腰骨丈のジャケットですね。

しかも、今回のものは、グレンチェックとより、ザ・英国的でクラシックな1枚!とても素敵です。

それを黒のタートルニット、スキニー、ブーティー(ラッセル&ブロムリー)、ホワイトトパーズ&ダイヤのピアス(キキ・マクドノー)と合わせ、全身モノトーンでスタイリッシュにコーディネートされていました。


【写真】プリンセスも楽じゃない! リアルで人間らしさを感じるキャサリン妃




こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。