情報起業リセールライトビジネスの口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?





出典元:なぜ売れる? 2017年に発売して以来、毎月ほぼ2万台ペースで売れ続ける2代目「N-BOX」を小沢コージが自腹で購入し、感情的インプレッション&勝手分析をお届けする


2017年9月の発売以来、月に2万台ペースで売れ続けるホンダ「N-BOX」。2018年度上半期も登録車を含めた新車販売台数で1位になり、驚異的な人気は継続中だ。なぜここまで売れるのか? 自腹で分析する。


【関連画像】今回購入したのは、N-BOX「ホンダセンシング G プラチナホワイト」


●【コンセプト】とりいそぎ小沢も最低グレードを自腹購入してみた!



 いったいなんなんでしょうこの人気っぷり! 現在、販売ほぼ月2万台ペースでバカ売れ中の軽スーパーハイトワゴン、2代目ホンダ「N-BOX」です。2017年9月に発売し、当月に2万6000台超えを記録してからというもの、続く10月、11月、2018年2月、3月、6月、9月と、1年間に7回の2万台超えを果たし、残りの月も1.9万台を連発。



 年間販売台数でも2017通年はもちろん、2017年度のダブル年間販売でトヨタ「プリウス」や日産「ノートe-POWER」を抜き、登録車&軽オールジャンルでダントツ。もはや事実上の現代の国民車と言っても差し支えなく、特に街中では「石を投げればN-BOXに当たる」と言いたくなるほど。



●たった6年でオキテ破りのオール新作もすごいが…なぜ売れる?



 確かに初代発売後、たった6年でオキテ破りのプラットフォーム総取っ替えフルモデルチェンジをしただけでなく、エンジン骨格まで新設計する念の入れっぷりの2代目N-BOX。(関連記事「そこまでやる? ホンダ新N-BOXマン振り攻撃の謎」)

 ※記事下の【関連記事】からお読みいただけます



 とはいえ見てくれがほぼ変わらないほか、いくら走りや質感が良くなったとはいえ、ガチンコライバル、ダイハツ「タント」やスズキ「スペーシア」の倍良い!? はずもありません。値段も税込み138万5640円と正直全然安くないわけだし、一体、なんでまたそんなに売れるんでしょーか? 



 ってなわけで、使命感にかられた不肖小沢。とりあえず自腹購入してみたので、買って分かるオーナーズインプレ&勝手分析! をお届けします。いざいざ~。





いま、話題になっている・・・
情報起業リセールライトビジネスをご存知ですか?

その効果についてもですが、
酒匂 敏郎さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v


文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!