【たぶん最後】丸山広樹+アフィリエイト塾の効果は?厳しいレビュー



ここ最近、すいぶん話題になっている

株式会社ラウンドマウンテンの
【たぶん最後】丸山広樹+アフィリエイト塾が、
とても気になっているんですよね。




出典元:(女子SPA!)


「新潮45」8月号の杉田水脈衆議院議員の寄稿と、彼女を擁護する「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という10月号の特集。


⇒【写真】能町みね子さんが取材後に酔った勢いで描いたゆるキャラ「生産性ちゃん」


 近年では、映画化もされた「凶悪 ある死刑囚の告発」(新潮45編集部)等に代表されるすぐれた事件ノンフィクションを多数生み出してきた老舗雑誌は、いつの間に、部数のためなら差別を助長するような記事を載せてしまう雑誌に変貌を遂げてしまっていたのでしょうか。



 LGBT当事者でもある、ゲイライターのサムソン高橋さんと、出生時の性を男性から変えた女性のマンガ家・エッセイストの能町みね子さん。契約結婚を前提に夫婦(仮)として生活中のおふたりが、この騒動について、レベルの低さや小川榮太郎氏の思わぬチャーミングさを語った前回に続き、今回は新潮社の対応の下手さ、杉田水脈議員の寄稿文の矛盾点に、鋭くダメ出しします!



◆新潮社出版部文芸のTwitterはダサい



――世間では、「新潮45」に限らず、「新潮社の本はもう買わない」という声まで上がっていました。



能町みね子(以下、能町):私はそうしようとは思わなかったです。新潮社が全部ヤバイ、というわけでもないですし。ただ、私は新潮社出版部文芸のTwitterのほうがダサいと思った。なに綺麗事いってんだ、と思って。



新潮社出版部文芸の人たちが「新潮45」を批判するツイートをリツイートしまくっていて、それを見た人たちが、「新潮社のなかにも良心があるんだ、がんばれ!」とか応援してたけど、私は、「なにリツイートでやってんだ!」と思ってましたね。自分でなにか言うならともかく、人の意見を載せて様子をうかがうって、そんなにたいしたことじゃないじゃん!って。



サムソン高橋(以下、サムソン):私は、新潮の雑誌部ってすごくゲスなもんだと思ってたから、今回のような記事が載っても不思議じゃないと感じていたんですね。だから、文芸部と雑誌部で、だいぶ意識が違うのかなとは思ってるけど。



能町:そりゃそうだよね。でも、私そもそも、新潮になんの情けもないんですよね。



サムソン:無理もないよね。今まであてがわれた編集者がことごとく……。



能町:たまたま、ことごとく駄目な人ばっかりだったから。以前は、家から一番近い一流出版社だから、「新潮から仕事が来て、会社に通う日々になったらステキだな~」と、結構夢見てたんですけど、実際には、もらう仕事もらう仕事、編集者がだめで、幻滅することが何回もあったんですよね。



サムソン:la kagu(ラカグ/新潮社とサザビーリーグがコラボレーションしてできたキュレーションストア。神楽坂にある新潮社の倉庫跡に建てられた)もあるしね。



能町:la kaguもまず、隈研吾の建築がださい。バリアフリーの逆をいく、いまどきひどい建築。



それに、新潮の私の担当だった編集者は、「相撲の企画やりましょう」って言ってきてくれたんだけど、巡業の取材ということで、私が朝がんばって起きて埼玉の熊谷まで行ったら、その編集がいない。あれ?と思って連絡したら「すみません、今起きました」って。



一同:えー……!



能町:だから、新潮に別にいい思い出がないので、私は今回、心置きなくディスれるんですよ(笑)。社長のメッセージもださいし、ぜんぶ下手こいてますよね。騒動後にはじめて出した社長のコメントがウヤムヤなごまかしかただったから、雑誌は続けるのかと思っていたら、意外とかんたんに折れて休刊しちゃったしね。だったらちゃんと謝りゃいいのに。



サムソン:とはいえ、こういう結末になってしまうと、ほんとに雑誌が売れてねえんだなあ、って切ない気持ちになるよね。



能町:切ないねえ。雑誌が赤字だから、つぶす口実ができたということかもね。



サムソン:逆にさあ、小川すいみゃく……、



能町:ちょっと、どっちどっち?(笑)。



サムソン:小川すいみゃくじゃなかったっけ!? わかんなくなっちゃった……、杉田水脈の件をきっかけに、リベラルと保守は話し合おうって言ってる人もいるけど、このレベルの低いものを土台にして話し合う気になるのか!?



能町:なれないよ。もうちょっとましな人ならともかく、お話にならないですよね。でも、そう言うと、「具体的にどこが悪いか指摘していない」っていう反論をされがちだから、もういまさらって感じもするんですが、何箇所かぐらいは言っとこうかな。



◆みね子の赤字が炸裂するぞ!



能町:まずひとつ目。さっき言った通り、LGBTを取り上げた記事数について、朝日新聞より毎日のほうが件数多いのに、無理矢理朝日批判をしようとしているところ。「この1年間で、LGBT(中略)がどれだけ報道されてきたのか。新聞検索で調べてみますと、朝日新聞が260件、読売新聞が159件、毎日新聞が300件、産経新聞が73件ありました」



……特集は「日本を不幸にする『朝日新聞』」だから、朝日をたたこうと思ったのに、毎日のほうが件数が多かった……この時点で矛盾ですよ。



サムソン:事実に即せば「日本を不幸にする『毎日新聞』」、だったんですね。



能町:ほんとはね。で、いきなりここでつまずいたんですけど、なんとかここを「朝日新聞や毎日新聞といったリベラルなメディアは……」とひとまとめにして批判しつつ、「発行部数から言ったら、朝日新聞の影響の大きさは否めないでしょう」と無理やり乗り越える。



つまり、LGBTの記事は毎日新聞のほうが多かったけど、発行部数を持ち出して無理やり説得力をもたせようとしていますね。



サムソン:毎日新聞の立場が(笑)



能町:次。「LGBTだからと言って、実際そんなに差別されているものでしょうか」と言って、データでも持ってくるならともかく、「もし自分の男友達がゲイだったり、女友達がレズビアンだったりしても、私自身は気にせず付き合えます。(中略)多くの人にとっても同じではないでしょうか」という主観、証拠ともいえないものでここを乗り切ってるんです。すごいよね、この理屈。なんの説得力もないんだよね。



サムソン:ぼんやりしてんなあ~。



能町:「私がそうだから、きっとみんなもそうですよ」って言ってるんですよね。



サムソン:ここはみね子のターンで、どんどん続けちゃってください!



◆「ソースきぼんぬ」な箇所が続出



能町:この記事、ほんとは全体に赤字を入れたいんですよね。そして次。「LGBTの当事者の方たちから聞いた話によれば、生きづらさという観点でいえば、社会的な差別云々よりも、自分たちの親が理解してくれないことのほうがつらいと言います。」



サムソン:この「聞いた話によれば」っていうのが……。



能町:そう、ソース(情報源)なし!



サムソン:(笑)。



能町:だって最初に「もし(強調)自分の男友達がゲイだったりレズビアンだったりしても」って言っている。「もし」ってことは、友達にはいないんですよ。でも、当事者の方からは話を聞いたと言っている。何の機会に聞いたのかね? 杉田氏にゲイ・レズビアン当事者の知り合いがいるかどうか、だいぶ怪しいよね。



サムソン:2ちゃん(現在は「5ちゃんねる」。以下同)とかだったら、がんがん「ソース! ソース!」言われるところですよ。



能町:そうですよ。「ソースきぼんぬ」ですよ。で、次。「『生きづらさ』を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです」ここは、問題になったところですね。「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか」って言うんだけど、LGBTのために、どういう税金を使っているのかは、どこにも書いてないんですよ。「こんなに無駄な税金使ってます」の例は一件もなし。



サムソン:うむ、「ソースきぼんぬ」ですね。



能町:そもそも税金使っていないのではないか疑惑。



サムソン:その次にある、「LGBTと一括りにすること自体がおかしい」って、こういう人たちがよく言うやつだよね。



能町:そうそう、LGB(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル)とT(トランスジェンダー)を一緒にするなというのは、もうほんとにベタベタなパターンですね。これは、過去にTの人たちの戦略みたいなものもあったと思うんですけど。LGBTのTの人にアクティブな人が多くて、あえてTを分けることによって権利を認めさせたと言わざるをえない過去もあって、杉田氏の記事はその流れに乗っていってると思うんですね。



「LGBは性的嗜好の話です」といって、「しこう」を「好み」のほうの「嗜好」と書く。これもベタな取り違えで、わざとなのか、間違いなのか知りませんけど。



「私は中高一貫の女子校で、まわりに男性はいませんでした。女子校では、同級生や先輩といった女性が疑似恋愛の対象となります。ただ、それは一過性のもので、成長するにつれ、みんな男性と恋愛して、普通に結婚していきました」とも語ってますが、ほんとによくある主張ですね。



サムソン:……昭和40年代に、悩み相談室に寄せられた同性愛に悩む人からの質問に、先生が答えているような内容ですね。



能町:しかも、「一過性のもので、みんな結婚していった」ことのソースはとくになし。



サムソン:「大人になれば、ちゃんと女の人を愛せますよ」的な。「スポーツで発散しましょう」と続けば完璧ですね。それと、最後のオチもひどいんだよね。



◆ゲイとトランスジェンダーの区別が付いてない



能町:そう、最後が一番ひどいと思った。「では、トイレはどうなるのでしょうか。自分が認識した性に合ったトイレを使用することがいいことになるのでしょうか」。まずこの人、ゲイとトランス(ジェンダー)の区別が付いてないんですよ。だいたいゲイの人はなんの問題もなく男のトイレ使うからさ。



サムソン:ハッテンしたいし。



能町:そうそう……いや、それは関係ないから!



サムソン:こういうこと言うからだめなのね(笑)。もう、逆に……杉田さんでもいいんだけど、小川榮太郎さんと私、対談したら面白いんじゃないかな(笑)。



能町:アキラ(=サムソン氏)はダメでしょ、「ゲイのやつはほんとにセクハラをしてくる!」って、小川氏に説得力与えちゃうよ(笑)。あと、これ。「様々な性的嗜好も認めよということになると、同性婚の容認だけにとどまらず、例えば兄弟婚を認めろ、親子婚を認めろ、それどころか、ペット婚、機械と結婚させろという声が出てくるかもしれません」。



サムソン:……ふふふ(笑)。



能町:こういうことを言う人もよくいるんですけど、兄弟婚と親子婚は別として、ペット婚はまず、双方の同意が絶対ないから無理。機械婚も同様。



サムソン:(笑)。でも、やっていいじゃん!と思うんだけどね。



能町:そうそう、勝手にやるぶんにはいいと思うし、それを法律で保護しろとなると、両性の合意は絶対にないのでアウトだと思うんですけどね。



サムソン:だから、水脈もつらかったんじゃないかなと思って。「朝日批判&LGBTで書いてください」って編集部に言われて、「はーい!」と言ったはいいものの、「あーんどうしよ~、ネタないかも~」とかなって。



能町:調べたらLGBTの記事は毎日のほうが多いし、「困った~」ってなって。



サムソン:苦しんでる水脈が見えてくるようよ。



◆最後にLGBTを「非常識」と全否定



能町:そして、最後。「『常識』や『普通であること』を見失っていく社会は『秩序』がなくなり、いずれ崩壊していくことにもなりかねません」……今までどうにかうまいこと言ってきたつもりだったろうに、最後にLGBTを「非常識」って全否定しちゃったようなもんですよ。しかも、朝日新聞がLGBTについて報道すると、社会が崩壊すると。



サムソン:(笑)。



能町:すごい!「風が吹けば桶屋が儲かる」的な、とんでもない理論がここで出てきてるんですよね。



サムソン:だから、もうそのあたりとかも、「私、何書いてんだろ……!?」みたいな感じになってるかもね。自分でわかんなくなってる。だから……すべてがトンデモだから、これを読んで傷ついたLGBTの人がいるというのは、私、信じられなくて。



でも、「サンデー・ジャポン」(TBS系列)なんかでは、デーブ・スペクターが水脈の記事について「全文を読んでみると、正論を言っている部分もある」とも言ってて、私は、デーブが言うんだから、ちょっとまともなことも書いてるんだろうなと思って読んだら、こんなにひどかった、という感想です。



だから、世間の人たちのなかにもこの記事に納得しちゃってる人が一定層いるなら、一方で、ちゃんと怒る人もいてもいいのかしらとも思ってる。私たちのレベルだとさ、相手にするのもめんどくさいじゃない。



能町:私たち、ビッグだからね(笑)。



サムソン:ビッグ・ツー(笑)。それに水脈は政治家だし、どんなにトンデモでも放置しないで、ちゃんと声をあげて抗議する人が出たのはいいことだと思う。



能町:杉田氏と同じ自民党の長である安倍さんは、いちおう杉田氏の記事については遺憾を表明してはいたけどね。



――とはいえ、「まだ若いから注意しながら仕事してほしい」と言うにとどめており、処分などはしていませんね。杉田氏は51歳で、「若い」というには違和感がありますが。



能町:そう。安倍さんは何歳までを若いというんだろう。



次回、「この騒動が世の中にもたらしたものとは?」…に迫ります!



<文/的場容子 & 女子SPA!編集部 写真/我妻慶一 撮影協力/Campy!bar ASOBi>




本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。


サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?