小林 憲司の『仮想通貨マイニングマシン』 自宅でできる仮想通貨マイニング投資 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ




小林 憲司の
『仮想通貨マイニングマシン』 自宅でできる仮想通貨マイニング投資について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?



出典元:左から、サムソン高橋さんと能町みね子さん


「新潮45」8月号の杉田水脈衆議院議員の寄稿と、彼女を擁護する「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という10月号の特集。


⇒【写真】おふたりにヘイト記事への怒りを表現していただきました。


「新潮45」の公式サイトを見ると、謝罪はおろか、「休刊のお知らせ」すらもなく、大問題となった小川氏の記事が掲載された最新号(そして最終号になった)にかける編集長の意気込みが掲載されたままです(2018/10/17現在)。



 LGBT当事者でもある、ゲイライターのサムソン高橋さんと、出生時の性を男性から変えた女性のマンガ家・エッセイストの能町みね子さん。契約結婚を前提に夫婦(仮)として生活中のおふたりに、この騒動についてうかがった対談もいよいよ最終回。



 新潮社の振る舞いのダサさ、杉田水脈議員の寄稿文のトンデモぶりを指摘の前回に続き、今回はLGBT当事者たちの様々な意見について語ります!



◆LGBT当事者たちも一枚岩ではない



サムソン高橋(以下、サムソン):あと、この号(10月号)の唯一の良心といわれている、松浦大悟さん(2007年の参院選で初当選し一期務めた。2017年衆院選で落選後ゲイであることをカミングアウト)。彼の記事は読みました?



能町みね子(以下、能町):読んだ。松浦さんはわりとまともだったよね。



サムソン:「新潮45」は、明らかに、論争を起こして世の中をよくしようとしてこの10月号を仕掛けたわけではないじゃないですか。8月号に載った水脈の記事で「水脈」を見つけただけで(笑)、そこでもういっちょうやらかしてやろうという意図でやった特集だから、松浦さんという当事者の記事が免罪符として使われたみたいで、やだなーって思ってさ。だから、それにわざわざ乗った松浦さんも甘いなと思うんですけどね。



能町:松浦さんの記事は、何から何までよかったわけではないんだけど、知らないことも書いてくれていて面白かったというのもありますね。たとえば、「国際レズビアン・ゲイ協会が、国連に加盟させてもらうために、これまで共に活動してきた米国少年愛者団体を切り捨てた」なんて知らなくて、すごく興味深かった。



――松浦氏のほかにも、杉田氏の主張に賛同するLGBT当事者も一定数いるようです。



能町:そういう人たちは、いわゆるLGBT運動家が嫌いなんだと思うんですよね。LGBT当事者たちが集まって一緒になってやってる、「いい子ちゃん」ぶってる感じが苦手だから逆張りしてるみたいなところがあるんじゃないかな。



サムソン:松浦さんの文章は当たり前のことが書いてあるだけだからまあ個人的には特筆する点はそんなになかった感じで。まあレベルの低い人たち向けに当たり前のことを言うってのは必要だと思うので、そんな面倒くさいことをしてるのは偉いと思う。



あと松浦さんは2016年の衆院選で落選しちゃったから、今回の件でちょっと仕事が増えたのは、良かったねと思う(笑)。あ、松浦さんの記事で特筆すべき箇所が一点だけあった!「生まれてから48年間、一度も人と付き合ったことがありません」ってとこですよ! どれだけモテないんだと好感度爆上がりですよ!



能町:こっちのほうがカミングアウトですよ。よく言ったなと思って。



――衆院選で落選後にカミングアウトされたようですね。



能町:私、ゲイのカミングアウトより、48年間彼氏がいなかったというカミングアウトのほうがパンチがあるなと思いました。



松浦さんがそうだとは言わないし、私はゲイカルチャーをそんなに知らないけど、ゲイのなかでも、仲間とか彼氏に恵まれていい感じでやってるゲイに対して、全然うまくいってないねたみが鬱積して、ネトウヨ的なところにいくゲイの人も絶対多いと思っていて。



今回の騒動で注目されたとあるゲイの人のTwitterアカウントがあったんですが、必死で杉田氏を擁護してて、「これに反発してるゲイのほうがおかしい」みたいなことをずっと冷笑的につぶやいていて、その人にも、そういう傾向を感じた。ゲイカルチャーのなかであんまりうまくいかなくて、彼氏や仲間もうまく作れず、コミュニティにも入れなくて鬱積している不満が、日本国家にすり寄ることで満たされるという構図があるのかもしれない。



サムソン:そう考えていくと、典型的なネトウヨといえるよね。あ、松浦大悟さんのことじゃないですよ。



能町:ですね。ゲイだろうがゲイじゃなかろうが、色んなことに対する不満をどこに持っていくかは人によるけど、国家や「日本人であることの誇り」にすりよることで充足感を持つ人もいる、という構造はあるんじゃないですかね。



◆世の中が少しずつよくなるための一過程かもしれない



――今後に関して、今回の騒動をバックラッシュ(ジェンダー運動などに対する反対・より戻し)の一つと見るのであれば、この流れが加速することへの不安はないですか?



サムソン:ブルボンヌも言ってたけど、「2ちゃん」(現在は「5ちゃんねる」)とかヤフコメ(Yahooニュースのコメント欄)にはすごくひどいことばっかり書いてる人がどんどん増えてるんだよね。そのあたりには、少し不安はあります。



能町:新潮社については、不採算部分を切り捨てただけで、なんとも思ってなさそう。「やっちまったな」って言って、社長がやっちまった奴を更迭(こうてつ)しただけだと思う。だから、なにがいけなかったのかを検証する気もないし、売れるなら今後もほかの雑誌でやりかねない気がする。



サムソン:「FOCUS」(新潮社から発行されていた写真週刊誌)とか「週刊新潮」は似たようなことはやりそう。



能町:「FOCUS」もうないよ(2001年に休刊)。



サムソン:えっ、「FOCUS」もうないの!? アキラ(=サムソン氏)もうだめだ……。



能町:(笑)。新潮にかぎらず、どこの出版社も同じようなことをやるんじゃないかという気はしますが。でも、よかったこともあると思う。一回こういうことをやっとくと、バックラッシュの流れにのる人たちは別として、大半の人は「こういうのってまずいんだな」って認識をあらたにできるじゃないですか。それは別に悪いことじゃないと思う。



サムソン:うん。私も、今回LGBTの人たちの反応が早いことが確認できたのはよかったと思う。もっとやばい記事も載ってるのに、杉田氏が書いたこんなちっちゃい記事を、すぐに掘り起こして抗議してデモ起こしたんだから、LGBTの抗議活動の道筋がちゃんとできてるんだなと感心したわ。



結果的にはそういう活動は、いいものであるのよ。私は基本的に、世の中っていうものは長い目で見ていけばよくなってると思うタイプなので、こういうことを繰り返しながら、みんなが生きやすい社会になっていくんじゃないかなって思う(笑)。



能町:すばらしいまとめですね(笑)。



サムソン:……こんな内容で大丈夫かな。



能町:だめじゃないかな。



サムソン:カメラマンさん、ごめんね、ノーギャラかもしれない。



能町:「女子SPA!」がつぶれるかもしれない。そうなる前に、「女子SPA!」にスプレーで落書きしにいきます。「あのヘイト記事、Yonda?」って。



――(笑)。ありがとうございました!



<文/的場容子 & 女子SPA!編集部 写真/我妻慶一 撮影協力/Campy!bar ASOBi>





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな