土屋 多紀子の合格速読 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ




土屋 多紀子の
合格速読について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?



出典元:(女子SPA!)


<みきーるの女子マインド学>



 とても知的に見えた女性が「今日、ダンナっちがね……」などと言い放ち、ズッコケたことはないですか? 私はあります。



 今回は、なんかモニョる、人様のダンナ呼びをお届けします。その呼び方は、大丈夫!?



◆夫っち、ダンナっち



「ダンナっち? “~っち”とは? そういえば、たまごっちってあったよね……」とか、謎の懐古心を呼びさまされる“~っち呼び”。新婚さんに多いでしょうか。



◆夫くん、ダンナくん



 主に港区のセレブ若妻に使われがちとかいう、“くん付け”。夫を男子っぽくポジショ二ングすることで、オヤジ化を遅らせる狙いもあるのだとか。反対語は、もちろん“お嫁ちゃん”!



◆ダンナさん、夫さん



 自社の社員に“さん付け”したらおかしいように、自らの夫を「ダンナさんがね……」というのは、やや違和感をおぼえます。さん付けじゃなくてもよくね? “夫さん”は、人に呼ばれるのならアリです。



◆パパ、お父さん



 自分の夫を指して「パパがダメって言うから」などという人はよくいます。疲れていると、つい「あなたのパパなの?」とか言っちゃいそうですが、パパの前には「うちの」とか「子供たちの」といった語が略されているもの。心でそっと補って!



◆ツレ、相方



 友達どうしのようなカップルに好まれる呼び方。ツレ呼び、相方呼びしているご夫婦は、今も仲よく「ポケモンGO!」をしてたりします。ふたりともユニクロみたいな、気取らないおしゃれが好きそう。



◆パートナー



「えっ! あなたんちは公用語英語なの?」とツッコミたくなるパートナー呼び。入籍にこだわらないカップルや、呼び方の性差を好まない人たちに需要の高い呼称です。



◆家長、子供の父親、配偶者



 離婚の決まったカップルが用いやすい、極端に事務的な呼び方。なるべく淡々とした記号っぽさを出すことで、しがらみを消したい意志が読み取れます。



◆その他



 ダーリン、ハニー、相棒、だんなっクマ、夫っぴ……。ほかにもいろいろ。夫の数だけ呼び方もあるのだと、感慨深くなりました。



====



 こうして見ると、なんだかんだいって対外的には「夫・主人・ダンナ呼び」がまだ自然に聞こえますね。簡潔だし、変な感情が盛られてない感じがします。



「“主人”は、こっちが下みたいでイヤ!」という人もいますが、もはや主従関係は置いといて、単に“パートナーを指す無難な呼称”だと思えば腹も立たない気が。



 ……さて、あなたは彼をなんと呼びますか?



<文/みきーる>



【みきーる】



ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。



●Twitterアカウント:@mikiru



●公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな