ルーレット一点張りの極意「一極法」のネタバレと体験談



株式会社サンポー社の
ルーレット一点張りの極意「一極法」が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー




出典元:漫画・すこし未来の暮らし方|2028年、若者の「AI離れ」が加速して…?


さて、ライフハッカー[日本版]の10周年特集でいろいろな記事を出してきました。



これまでの10年を振り返りつつ、すこし先のことまで考えてきましたが、10年後に自分がどういう風に暮らして、どのように働いているかまではなかなか想像が及ばないもの。


【記事の全画像】漫画・すこし未来の暮らし方|2028年、若者の「AI離れ」が加速して…?


そこで、キャリア特集でも登場してくれた未来予報株式会社に「すこし未来の暮らし方」がどうなっているかを4コマ漫画で思い描いてもらいました。



2020年の東京オリンピックに向けて今日本全体が動いていますが、一方でオリンピック終了後の暗い姿もしばしばニュースでみるようにもなりました。



そのうちの一つが【2025年問題】です。



少子高齢化だとはよく聞く話ですが、2025年問題もその流れを象徴するキーワード。2025年には団塊世代が75歳以上の後期高齢者の仲間入りをします。



具体的に数字を見て行くと、75歳以上の後期高齢者の全人口に対する割合が18パーセント、65歳以上を含めた高齢者の割合は30パーセントを超え、3人に1人が高齢者となる超少子高齢化社会の時代へと突入します。



東京など都市部では生活の中で目にする風景に大きな変化はないかもしれませんが、癌患者や生活習慣病そして認知症などにかかる高齢者が増加するにつれて医療費は増え、2017年の予算ベースで120.4兆円の社会保険給付費は2025年には148.9兆円にまで増加すると言われています。



それに加えて労働する若者の人口減少も拍車がかかり、財政破綻を招くのではないかという警告がされています。



このような2025年を迎えた私たちの社会において、何よりも大切なのは“すこやかさ”でしょう。人生100年時代と言われていますが、すこやかさのない人生100年は罰ゲームみたいなものですね。



果たして、10年後の私たちのすこやかな暮らしはどのようなものなのでしょうか。今回は2028年に話題になる<かもしれない> “すこやかな生活の秘訣”から、想像力を膨らまして考えていきましょう!




ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・


『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。


私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。