2016年から国際連合児童基金(ユニセフ)とパートナーシップを組んでいるルイ・ヴィトン。今年も世界で極限の危機に直面している子どもたちへの関心を高め、資金を募る活動の一環としてチャリティブレスレット「シルバー・ロックイット」を発売しました。



これまでに、シリア危機に見舞われた子どもたちやその家族をはじめとする、助けを今すぐ必要としている人たちの命を守る人道支援のために、「シルバー・ロックイット」の売り上げから500万ドル以上の資金を集める手助けをしてきました。2017年には、シリアの150万人の子どもたちとその家族へ、飲料水の供給が行われたそうです。



今年は、昨年のブルー、ブラックに加えて、新色のイエロー、オレンジ、ピンクというネオンカラーのコードブレスレット「シルバー・ロックイット フルオ」を新発売。現在、メゾンの公式サイトならびにルイ・ヴィトンストアにて展開中で、1製品売り上げごとに100ドルがユニセフに寄付されます。



ちなみに「シルバー・ロックイット」とは、1890年にジョルジュ・ヴィトンが発明したタンブラー錠前にインスピレーションを得たデザイン。まさしく「保護」の象徴であり、今すぐ助けを必要としている子どもたちを支援するという、「ルイ・ヴィトン」にとって約束の証です。それにちなんで、指切りのポーズを撮影し、「♯MAKEAPROMISE」を入れてSNSに投稿して支援の輪を広げようというキャンペーンも展開中。