映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』でタッグを組んだルパート・サンダース監督の新作『Rub & Tug(原題)』の出演が決まったスカーレット・ヨハンソン。彼女が演じるのは1970年代に実在したジーン・マリー・ジル。トランスジェンダーで身体は女性だったけれど内面は男性だったといわれている。ピッツバーグで違法マッサージ店を経営、売春やドラッグなどで大帝国を築いた。


【写真】スカーレット・ヨハンソンも神々しい!メットガラ2018 レッドカーペットを完全網羅