前回の「アレンジ豊富 サーモンとサバのやせる作りおきレシピ」では、みんなが大好きな、サーモンとサバの作りおきレシピとアレンジ料理をお伝えしました。今回は豚ひき肉と鶏むね肉の作りおきレシピをご紹介します。お弁当にも便利ですよ。


【関連画像】砂糖や粉を使わないあんで糖質オフ。肉団子の麻婆風


●おからを加えてさりげなく増量【豚ひき肉】



 豚肉は糖質の代謝をサポートするビタミンB1を豊富に含んでいるのが特徴。脂質が多く、なかでも中性脂肪やコレステロールの原料となるパルミチン酸などの飽和脂肪酸が豊富だが、血中コレステロールを減らす作用があるオレイン酸も多く含む。



 豚ひき肉は、肉団子やハンバーグなどに展開しやすく、作りおきしている人も多い食材だが、「やせたい人にお薦めなのは、おからで増量すること」と柳澤さん。



 豚肉におからを混ぜて肉団子にすると、ボリューム満点。「おからは食物繊維が豊富なので便通改善にも役立ちます」(料理研究家の柳澤英子さん)。



 おから効果でややかみ応えが出て早食いしにくくなるのもポイント。どんな料理に使ってもずっしりと満腹感が得られるので、やせたいけれどたっぷり食べたい人にお薦めだ。



●おから入り肉団子

・豚肉200gで大きな肉団子が16個も!



<作りおき>



保存:冷蔵庫で3~4日



<調理時間>



15分



<成分>(1食当たり)



184kcal、塩分0.5g、糖質0.7g



<材料>(4食分)



豚ひき肉…200g



A



 塩…小さじ1/4



 コショウ…少々



おから…100g



卵…2個



<作り方>



1.豚ひき肉にAを加えて混ぜる。おから、卵を加えてさらに混ぜる。



2.1を16等分し、手にオリーブオイル適量(分量外)を塗り、丸める。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな