「手軽にリフレッシュがしたい」――日ごろ懸命にお仕事に励んでいる読者の皆さんは、どのように気分転換をしていますか? 中には旅に出る人もいるかもしれません。今回は、心を癒やせるリフレッシュ旅、しかもお財布に優しいプランを旅行ジャーナリストの村田和子さんに提案いただきます。


【関連画像】都心から1時間で海外のようなリゾート気分を満喫


 環境も変わり気持ちが張り詰める新年度。上手に心身のメンテナンスをして、元気に日常を過ごしたいもの。今回は懐に優しく、それでいてご褒美感たっぷりの旅情報をお届けします。



※宿泊料金は特に記載がない限り、1名当たりの料金となります

※プランを紹介しているサイトは記事末尾にあります



●日帰りでも満足 ご褒美感たっぷりでリフレッシュ



 週末はどうしても宿泊料金も高くなってしまうし、短い休みの泊まりがけは疲れてしまうという声も多く聞かれます。そこでおすすめするのが、大満足のラグジュアリーな日帰り旅行。朝早起きして夜まで満喫、翌日は家でゆっくり過ごすスタイルは、仕事で忙しい女子におすすめの旅スタイルです。



●1日1組限定、新緑の軽井沢を満喫できるブランチプラン



 別荘族御用達のショップが集まる軽井沢星野エリアの「ハルニレテラス」。ここでは、川のせせらぎを聞きながら、1日1組2名限定の「軽井沢・春の新緑ブランチプラン」を発売中。



 森の中の屋外テラスには、北欧のインテリアショップがコーディネートしたテーブルが備えられ、テラス席を独占できるぜいたく感、非日常感が満載です。いただくブランチは、軽井沢星野エリア内の店舗からセレクトしたバゲットや、ラザニア、飲み物などが入ったおしゃれなバスケット。ピクニック気分でワクワクします。畑のレタスのように盛り付けられたシーザーサラダがサーブされ、食後のコーヒーは手動のミルを使って自分で豆をひいていれる体験も。



 ブランチの後は、ハルニレテラスを巡ってみては。あるいは、星野温泉「トンボの湯」でくつろいだり、エコツーリズムの「ピッキオ」で自然体験プログラムに参加したり、さらには森にたたずむ二つの教会を巡る散策をしたりなど、さまざまな過ごし方ができます。慌ただしい日常から離れ、ゆったりとした上質な時間を過ごしてみてはいかが?



<ブランチ料金>

6500円(2名分・税込)

※1日1組2名限定、要予約

※2018年5月12日~6月30日の毎週土曜日実施、雨天中止



●都心から約1時間! 海を眺める絶景SPAで心を洗おう



 東京から電車でわずか1時間。歴代の総理大臣が8名も別荘や自宅を構えた場所という大磯は、海が目の前で緑が多く、品のある落ち着いた街。その海辺にあるのが、昨年7月に、大規模リニューアルを経て大磯プリンスホテル内に誕生した「THERMAL SPA S.WAVE」です。



 3階は海を望む露天風呂がある温泉施設で、4階は水着着用で楽しむスパスペース。海と空の青がまぶしいインフィニティプールやジャグジーは、海外のリゾートさながらです。スパには、他にも岩盤浴や多彩なサウナがそろい、1日中温浴を満喫できます。潮風を感じながら、プライスレスな時間を過ごしてみては? ランチがセットになったプラン(5200円~)はお得でおすすめです。



<スパ利用料金>




口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・


何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・


でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~