デザイナーといえば、クリエーティブな専門職というイメージですが、その転職事情はどうなっているのでしょうか? 今回は大手メーカーの広告部パッケージ担当から小規模なデザイン事務所に転職をした31歳デザイナー女子に、就職活動の話から、デザイナーの求人の探し方、ポートフォリオと呼ばれる過去の制作物をまとめた作品集作りなど、デザイナーならではの転職ストーリーを聞きました。


【関連画像】やりがいはあったが、次第にモヤモヤ… (C) PIXTA




●新卒入社で大手メーカーの広告部パッケージ担当に



 ふんわりと優しげな空気をまとった杏子さん(仮名、31歳)は美大卒業のデザイナー。1年ほど前に入社したデザイン事務所で食品や化粧品などを中心としたパッケージのデザインを手掛けている。「今の会社は小さいのですが、雰囲気もいいし、いろいろなクライアント向けのデザインの仕事ができて楽しいです」と、笑顔で語る。



 前職では国内では名の通った大手メーカーの広告部でパッケージを担当していたという杏子さん。「大学卒業前、厳しい就職活動の中で途方に暮れていたのですが、偶然、大学にデザイナーの求人が入り、勧められるまま応募したところ、入社できたんです」。業界的にも、デザイン専門職の募集はわずかな枠しかないため、タイミングよく内定が出たのは幸運だったと振り返る。





いま、話題になっている・・・
身長を伸ばす方法~俺の身長がこんなに伸びるはずがないをご存知ですか?

その効果についてもですが、
坂口 隆俊さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v


文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!