手軽に老化を食い止めるには、朝のきな粉プラスドリンクがお薦め! きな粉は食物繊維が豊富で抗糖化パワー大! これに抗酸化成分たっぷりのドリンクを組み合わせれば、シミ、シワをストップ。やせやすい体も手に入りますよ


【関連画像】作り出された終末糖化産物「AGEs」は各部位の本来の機能を低下させる。


 体内の老化の2大原因が「酸化」と「糖化」。糖化とは、体内のたんぱく質に糖が結びつくことだ。久留米大学の山岸昌一教授は、「糖化したたんぱく質、AGEs(エージーイーズ)こそが老化のスピードを早める元凶。AGEsの量は『高い血糖値にどれだけ長い時間さらされたか』で決まる。つまり、糖化を防ぐには、AGEsを多く含む食事を避けるほか、急激な血糖値の上昇や、高い血糖が続く状態を避けること」だという。



 それにピッタリなのが、食物繊維と大豆オリゴ糖を含むきな粉だ。食後に血糖値が急上昇するのを抑える働きがある。



 さらに、最初にとった食事の次の食事後の血糖値も抑える効果(セカンドミール効果)がある。「朝食に大豆をとると、大豆オリゴ糖などの作用で血糖値を下げるインスリンの分泌を促す成分が出る。その効果は3~4時間後からしばらく続き、昼食後も血糖値が上がりにくくなる」と大妻女子大学の青江誠一郎教授は説明する。



 きな粉の抗糖化と、果物や野菜の抗酸化パワーを併せ持つドリンクを朝飲めば、若々しい体を維持できるというわけだ。



◆効果バツグン! イチオシ簡単ドリンク



●ケールのβカロテンで抗酸化 きな粉青汁



<材料>

青汁(粉末スティック、冷凍でもOK)…2本(8g)

水…200ml

きな粉…大さじ2

好みでハチミツやメープルシロップ…適宜



<作り方>

青汁を水でとき、きな粉、ハチミツなどを加えて混ぜる。



・アドバイス



「種類が豊富な青汁はいろいろ試して。下のレシピは牛乳が苦手なら豆乳に変えてもOK。その場合は少しレモン汁を入れるとおいしくなります」と料理研究家の濱田美里さん。



●アボカドは最強の美容食材! きな粉アボカド牛乳



<材料>

アボカド…2分の1個(80g)

牛乳…150ml

はちみつ…小さじ1

きな粉…大さじ2



<作り方>




本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。


サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?