あなたの「顔下半分」、長くなっていませんか? 年齢を重ねて筋肉が衰えてくると、特に顔の下半分がたるんでくるのです。顔の「見た目年齢」を左右するのは「顔下半分」の長さ。顔下半分を引き上げる「えくぼゆらし+顔筋トレ」で、見た目年齢マイナス5歳を目指しましょう。


【関連画像】親指はこの下に


 「“美人顔”の条件は、顔下半分(鼻の下からあご先)の長さが顔上半分(眉から鼻の下)と同じかそれ以下」と話すのは、歯科医でデンタル美顔プロデューサーの是枝伸子さん。あなたはいかがだろうか。



 年齢とともに、そして顔の筋肉を動かさないでいると、たるんで、顔下半分が長く見えてくる。すると、見た目年齢も上がってしまう。



 顔は多くの骨格筋と表情筋※からなり、特に表情筋は薄く繊細な筋肉が多いため衰えやすい。衰えると、上にのった脂肪や皮膚を支えきれず、たるみにつながるのだ。多くの人は、それほど顔を動かしておらず、「顔の筋肉が硬くなっています」と是枝さんは指摘する。



 「硬くなった筋肉をほぐし、筋トレで鍛えれば、たるみが改善して顔の下半分が引き上げられ、顔の上下バランスが整ってきます」(是枝さん)。



 まず行いたいのが是枝さん考案の“えくぼゆらし”。「えくぼの位置は『モダイオラス』といって、筋肉が集まる“ターミナル駅”のような場所。ここをゆらしてマッサージすることで、筋肉が一気にほぐれます」(是枝さん)。まずここをほぐすだけで、筋肉が動きやすくなり、表情が豊かになって顔が引き上がる。マッサージ後に筋トレを行えば効果も高まり、ほうれい線も薄くなるという。



 それには、ほおを引き上げる筋トレを。「フルスマイル(思い切りほおを上げて歯を見せた笑顔)を10秒キープしてください。最初はこれだけで顔が痛くなる人も多いですね」(是枝さん)。



 顔の筋トレは、「笑ったり話したりするときに、筋肉を意識して大きめに動かすようにするだけでも効果があります」と是枝さんはアドバイスする。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな