働く女性を応援する月刊誌『日経WOMAN』と日経ウーマノミクス・プロジェクトは、2017年版「企業の女性活用度調査」を実施して上位100社を発表。2017年5月19日、東京ミッドタウンにて、「WOMAN EXPO TOKYO 2017」のプレイベントとして、上位企業の表彰式を行った。


【関連画像】「女性が活躍する会社 Best100 2017 表彰式」、東京ミッドタウンに、女性が活躍する会社を率いるトップが一堂に会した


【2017年版「企業の女性活用度調査」とは……】

『日経WOMAN』が1988年の創刊時から不定期に実施。今回で15回を迎えた。

558社から得た回答を基に、評価、採点をしてランキングを出した。

企業における女性社員の活用の実態を 1.管理職登用度 2.ワークライフバランス度 3.女性活躍推進度 4.ダイバーシティ浸透度 の4つの指標で測定し採点。



 表彰式冒頭で登壇した、一般社団法人日本経済団体連合会審議員会副議長でBTジャパン社長の吉田晴乃氏は、4月に「フォーチュン」誌が選ぶ「世界の偉大なリーダートップ50」の38位にランクインした。ドイツのメルケル首相らそうそうたるメンバーが並ぶ中、日本人で唯一選出されたことが紹介されると会場からは大きな拍手が贈られた。



 吉田氏は「本日表彰される企業のように、いい事例を遠慮せずにどんどん拡散してほしい。ロールモデルの企業が増えることが女性の活躍を加速させる」と力強く語った。



 また、「すべてがデータ化され便利になる世の中にあって、経団連が進めている働き方改革は皆で新しい生き方を求めるもの。働き方改革と同時に女性や家庭の支援も行い、そこで生まれたエクストラな時間で新しい生き方を模索してほしいと願っている。壮大なプロジェクト故に企業のトップリーダーのサポートが必要だから、皆さんの協力を得て不透明な時代を一緒に渡っていきたい」と述べた。



●「管理職登用度」1位はジェイティービー



 「女性が活躍する会社」部門別1位の表彰式では、ジェイティービー、花王、イオン、日立製作所、日本生命保険の各社が表彰された。



 「管理職登用度」1位は昨年に続きジェイティービーが受賞し、執行役員・人事部長の花坂隆之氏が登壇した。この部門は女性役員の有無や、管理職に占める女性の割合などを評価した部門だ。社員の55%を女性が占めるジェイティービーは女性役職者が40%に上り、「2016年までに女性役員比率5%」の目標を達成。2019年6月までに女性役員比率7%の数値目標を掲げている。




ちょっと不安があるんだよね。


口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。


あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな