仕事でもプライベートでも、発信力を高めることができれば、やりたいことができる環境が整う時代。せっかくの実力が発信力の弱さで埋もれぬよう、プレゼンノウハウに詳しい池田千恵さんが指南していく連載です。


【関連画像】反論されても、あなたが否定されているわけではない (C) PIXTA


●子どもの頃に傷ついたせいで発信できない?



 誰にでも一つや二つ、グサリと傷付いた言葉を胸の奥底に眠らせているものです。相手はそんなつもりは全くなくても、その一言のせいで行動に制限がかかったり、「どうせ私は」とくすぶり続けたりすることもあるでしょう。



 なかなか思った通りに発信できない、言いたいことをぐっとがまんしてしまう、本来の自分をうまく表現できないという方の中には、過去に発信で傷ついた経験がある方も多いのです。




ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・


『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。


私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。