日経ヘルスより、トレンドアイテムをご紹介。今回は取り上げるのは、200kcal以内の「ヘルシースナッキング」です。

* * * * *

 1日の食事回数が多い人は健康的でやせている。そんな知見に基づいて、良質なおやつを食べることで極端な空腹やドカ食いを避けるという米国のトレンド「ヘルシースナッキング」が日本でも広がりそうだ。


【関連画像】話題の「ミルク de 水素」がこちら


 1月発売の森永製菓の商品は、チョコレート、グミ、クッキーなど一般的なお菓子のようで、たんぱく質や食物繊維などを強化してカロリーを200kcal以内に抑えた。一方、2月発売の合食の商品は、得意とする海産物などのおつまみをベースに開発。



「素材に含まれるたんぱく質や食物繊維、ミネラルなどを生かしてスナックにした」(合食)。



上左:「サクサクわかめスナック」



 軽く味付けをした乾燥ワカメを何層にも重ね、ゴマをまぶした。食べやすい一口サイズのキューブ形で歯ごたえサクサク。1袋17g当たり、64kal、たんぱく質6.0g、食物繊維2.3g。150円(税別)。問/合食



上右:「<国産丹波黒>大粒うす甘納豆」



 兵庫県産の大粒の黒豆「丹波黒」を使った、甘さ控えめの甘納豆。原材料は黒大豆、砂糖、食塩のみ。1袋25g当たり、89kcal、たんぱく質3.4g、食物繊維2.1g。200円(税別)。問/合食



下左:「ヘルシースナッキング<アーモンドと黒大豆のビターチョコ>」



 大豆パフ、黒大豆、アーモンドがぎっしり詰まった、かみごたえのあるビターチョコ。1袋30g当たり、145kcal、たんぱく質5.3g、食物繊維5.3g。119円(税別)。問/森永製菓



下右:「ヘルシースナッキング<つぶつぶレモングミ>」




本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。


サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?