暖かくなるとピクニックやレジャーなど、外へ出掛けたくなりますよね。春から紫外線量は急激に増え始めていますが、夏のようにしっかりとした紫外線対策や美白ケアをしていない人がほとんどでは?


【関連画像】美白は「治す」より「予防」のほうが効果が高い (C) PIXTA


 でも、アラサー世代は「これってシミ?」と感じる肌の不調も出てくるお年頃。日経ウーマンオンライン読者の皆さんに実施した美白に関するアンケートでも、さまざまな疑問・不安の声が上がっています。



◆「学生時代部活で日焼けをしたので、これからシミが現れるのではと不安。シミは予防できるの?」(32歳・その他・マーケティング)



◆「美白化粧品はできてしまったシミにしか効果がなさそう。見えないシミが潜んでそうで不安なので、今どんなケアが必要なのか知りたい」(29歳・製造業・技術職)



◆「30歳を超えてから、シミが増えて範囲も広くなった気がする。予防とケアのコツを知りたい」(33歳・教育・一般事務)



◆「顔だけでなく二の腕にもシミが出来始めた。高級美白コスメを使ったら肌ツヤや透明感は出たが、シミには効果がイマイチ感じられなかった」(37歳・商社・一般事務)



 日経ウーマンオンラインでは、30代女子のための美白連載がスタートします。