出展元:子どもの憧れ、ケーキ屋さん (C) PIXTA


あなたは子どもの頃、どんな夢を抱いていましたか。その夢はかないましたか。日経ウーマンオンラインでは読者の「子どもの頃の夢」を大調査! 現実を知って諦めた人、夢を実現した人、今も夢を追い続けている人……それぞれの夢の続きをのぞいちゃいます。


【関連画像】夢は「漠然とお嫁さん」という人もけっこう多くいました (C) PIXTA


【調査概要】

◎調査期間:2017年3月31日(金)~4月30日(日)

◎有効回答数:332人



●今も昔も大人気! 女の子が憧れるお仕事とは?



 圧倒的に多かったのがケーキ屋さん。他にも幼稚園の先生、漫画家、看護師、客室乗務員といった現代の女の子も憧れる人気の職業が並びました。一方、「将来の夢はお嫁さん(お母さん)だった」という回答もちらほら。時代の変化を感じますね。



●ケーキ屋さんはたくさん食べられる!?



◆ ケーキが食べ放題だと思ってケーキ屋さんになりたかったのですが、現実は違うと分かってやめました。(33歳、製造、営業)



◆ ケーキ屋さんになりたいと思っていました。沢山ケーキを食べられると思ったからです。でも、ケーキ屋さんにならなくても買って食べられることを知ったので、その夢はなくなりました。笑(28歳、情報通信、マーケティング)



◆ ケーキ屋さん、かわいらしい職業と思っていたのでしょうか……理由はよく覚えていません。(35歳、サービス、貿易事務)





●幼稚園や学校、ピアノの先生……身近な大人に憧れ



◆ 幼稚園の先生になりたかったです。実現せず、万年事務員です。(36歳、不動産、受付・営業)



◆ ピアノが好きで、幼稚園の頃からピアノの先生になりたいと思っていました。高校生の頃、大学の進路を決める際、音楽科に行きたいと相談しましたが狭き門だと思い知り、諦めました。今でも趣味でピアノをやっています。(30歳、金融、一般事務)



◆ エレクトーンの先生、当時習っていたので憧れていました。今は弾けることすら分からない……。(41歳、医療福祉関連、専門職)