出展元:「転職で年収が上がった」ら、それだけでうれしいものですが、「転職で年収が100万円アップ」という、聞くだけでウキウキしてくるような転職をしている人もいます。


「転職で年収が上がった」ら、それだけで嬉しいものですが、「転職で年収が100万円アップ」という、聞くだけでウキウキしてくるような転職をしている人もいます。「いったい、彼女たちはどんな転職をしたの?年収アップの秘訣は?」気になりますよね。ということで、日経ウーマンオンラインと働く女性のための転職サイト「日経WOMANキャリア」が合同で実施した転職についてのアンケートから、実際に転職して年収が100万円以上上がったと回答した方に追加取材し、それぞれの転職事例をご紹介。第3回は、「語学力や資格を生かして」年収アップしたお二人をご紹介します。


【関連画像】年収は30代後半で目標年収に届けばいい、と意識していました (C) PIXTA


【転職で年収がアップする秘訣】



■第1回  転職後に年収100万アップ 500万円超えの秘訣



■第2回  時短契約社員が正社員転職 年収は170万→570万



■第3回  転職で年収600万円を超えた30代女子のやったこと (今回はココ)



●転職で何をかなえたいのかを明確に こだわりを貫く



佐々木さん



35歳



小売・営業企画(520万円) → 医薬品製造・営業企画(690万円)



 佐々木さんが年収アップ転職をしたのは、30歳のとき。転職のきっかけはなんと、「会社の存続が危ぶまれたため」。



 もっと将来性のある会社で働きたい、そして、英語力を生かした仕事がしたい、そして願わくば、年収もアップさせたいという思いから、転職活動を始めました。



●ポイント 1◆転職先候補を外資系に絞り、専門のエージェントを活用



 佐々木さんのこだわりは、英語力が生かせる仕事。以前からTOEICの勉強を続けていたので、転職をするなら、ぜひ英語を使って仕事をしたいと考えていました。



 そこで、登録したのは外資系企業専門のエージェントでした。「応募のやり取りもすべて英語でしなければなりませんでしたが、そのこと自体がとても勉強になりました」。



●ポイント 2◆同時に複数の会社の内定を得たことで、年収交渉が有利に



 佐々木さんは、エージェントを通して、同時にいくつかの会社に応募し、現在の会社の他にも複数の会社から内定を得ていました。



 それによって、他の会社からも必要とされていることをアピールすることができ、年収交渉も有利に進めることができたのだそうです。





いま、話題になっている・・・
画期的な視力回復法!視力回復プログラム24 -Twenty Four-をご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社N.S.JAPANさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・


気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v


文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!