出展元:私たちが納める税金は、収入と「控除」によって決まります。でも、「実際に自分の税金がどれぐらい安くなっているのか、よく分からない」という人が大部分ではないでしょうか。


私たちが納める税金は、収入と「控除」によって決まります。「保険に入ると保険料控除が使えて、税金が安くなる」と聞いたことがある人は多くても、「実際に自分の税金がどれぐらい安くなっているのか、よく分からない」という人が大部分ではないでしょうか。


【関連画像】


 そこで、年収が350万円の場合、450万円の場合、550万円の3パターンにおいて、単独、あるいは複数の「控除」を使った場合にいくら税金が安くなるのか、日経ウーマンオンライン読者を想定して検証していきます。



【税金が決まる仕組み&年収別・控除で安くなる税金】



1■会社員なら誰もが使える控除3つ 自分の税金の決まり方



2■350万~550万円年収別 控除で安くなる税金額1【市販薬購入費用&医療保険料】(今回はここ)



3■350万~550万円年収別 控除で安くなる税金額2【個人型確定拠出年金&ふるさと納税】



4■350万~550万円年収別 控除で安くなる税金額3【控除を複数使った場合】



5■年収450万円独身 iDeCo&住宅ローン控除で税金は?



 想定主人公は、こんな女性です。



・会社員



・年齢は40歳以下



・年収350万円/450万円/550万円



・独身(扶養家族なし)



 会社員の基本の3控除(給与所得控除、社会保険料控除、基礎控除)を使った場合の税金は、次の表の通りです。



 このままなら年収350万円の人は、所得税7万500円、住民税14万5600円を、年収450万円の人は、所得税10万7300円、住民税21万100円を、年収550万円の人は、所得税17万円4100円、住民税27万5600円を納めます。





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな