ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

記事一覧

創業30周年迎える那須のリゾートホテル「二期倶楽部」が年内で営業終了へ(Fashionsnap.com)


栃木県那須郡のリゾートホテル「二期倶楽部」が7月21日、年内をもって営業を終了することを発表した。


御殿場アウトレットにホテルと日帰り温泉施設 2019年冬開業


 二期倶楽部は今年で創業30周年を迎えるリゾートホテルで、メゾネットタイプの部屋を中心とした東館はイギリスの家具デザイナー テレンス・コンランがプロデュースを手掛けた。予約受付は8月31日で終了し、9月以降の営業と最終営業日については決定次第ホームページ等で告知するという。隣接する陶芸・ガラス工房を併設した体験型宿泊施設「アート・ビオトープ那須」は二期倶楽部の閉館後も通常通り営業する。



ウェブフォース株式会社のぺヨンジュンプロデュースの美容・健康ドリンク ゴシレ・コウサン・ビューティー2個セット 体験談とネタバレがヤバいかも



ウェブフォース株式会社さんの
ぺヨンジュンプロデュースの美容・健康ドリンク ゴシレ・コウサン・ビューティー2個セットがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。


ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・


効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム


信じて、本当に大丈夫かな?

良品計画が「イデー(IDEE)」運営会社を吸収合併(Fashionsnap.com)


良品計画が、ライフスタイルショップ「イデー(IDEE)」を展開する子会社イデーを吸収合併することを発表した。効力発生日は9月1日で、イデーは解散となる。


無印良品、2019年春には国内初の「MUJI HOTEL」開業へ


 イデーは1975年10月に設立され、2006年8月に良品計画グループの傘下に入った。現在は旗艦店の自由が丘店を含む11店舗とオンラインショップを運営している。




いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・


どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな


けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

アバクロ、身売り交渉の撤回を発表(Fashionsnap.com)


「アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)」が、身売り交渉の打ち切りを発表した。「株主にとって企業価値を最大限に高める最善の道は、私たちの事業計画の厳密な遂行だという結論に至った」とし、独立企業としての事業の立て直しを図る。


【写真】上半身裸のイケメン店員が出迎え アバクロ姉妹ブランド「ホリスター」日本上陸


 業績不振が続くアバクロンビー&フィッチについては、今年5月に複数の米メディアが身売り検討を報道。同社は「複数の関係先と予備的な協議を行っているが、合意に達する保証はない」と声明を発表していた。同社が5月に発表した第1四半期(2~4月期)の純売上高は、姉妹ブランドの「ホリスター(Hollister)」が3億7470万ドルと前年同期比3%増だった一方で、アバクロンビー&フィッチは10%減の2億8640万ドルとなった。




口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・


何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・


でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

生活保護で暮らすシングルマザー。震災、離婚、うつ病で…「野菜は高くて買えません」(女子SPA!)


現在、生活苦に陥っている人々のうち、少なくない割合が、女性ひとりで子供を養育する、いわゆる母子家庭だという調査データがあります。



 厚生労働省が発表した生活保護の被保護者調査(2017年3月)によると、現在生活保護を受けている家庭は全国で約164万世帯(214万人)。そのうちの5.8%が母子家庭です。



 年々減少傾向にあるとはいえ、今も9万5000世帯の母子家庭が生活保護を受けています。その一人である女性に、話を聞いてみました。



◆うつ病で退職。のち生活保護を受ける



 下平亜希子さん(仮名・40歳)は、中学生の娘2人を育てるシングルマザー。うつ病で生命保険会社を退職し、現在生活保護を受けています。



「ノルマなし、時間が自由になる、子供がいても働きやすい、と勧められて入社したんですが、実際はノルマと同じ『目標値』があって、それを達成できないと帰れないし、休むこともできませんでした。



 上司と同僚との4人チームでしたが、上司が圧力をかけてきたり、あからさまな贔屓(ひいき)をしたり、だんだん精神的に追い込まれてうつ病になりました」



 退職後、会社からの傷病手当金をもらって療養していましたが、病状はなかなか回復しません。



「早く治して働かなきゃと焦れば焦るほど、悪化していきました。手当の支給が終わり、貯金も底をついて、どうしようもなくなって生活保護を申請しました」



◆夫の暴力と東日本大震災



 もともとは宮城県で夫と4人で暮らしていた下平さん。



「夫が暴力を振るうようになって、娘たちを連れて地元の賃貸アパートに逃げました。なかなか離婚の話が進まず、母子手当がもらえないので、昼はスーパー、夜は塾講師を掛け持ちして、なんとか暮らしていました」



 正社員になれる仕事を探していた2011年、東日本大震災の被害に遭います。



「私も娘たちも無事でしたが、町はとても仕事を探せるような状態ではありませんでした。



 東京で震災の被災者採用があると聞き、母子3人で上京しました。体育会系気質のワンマン社長が経営する小さな不動産会社で営業事務の仕事に就きました」



 しかし時間外労働が長く、さらに会社ぐるみの宴会ばかりで、なかなか家に帰れなかったそうです。



「直属の上司からのパワハラがひどく、精神的にまいってしまって長期休養をいただいたのですが、復帰しようとしたら『席がない』と言われて、そのまま自主退職せざるを得なくなりました」



 その頃、夫との離婚が成立しましたが、慰謝料・養育費の支払いはありませんでした。



「宮城に住んでいた時の家の住宅ローンの連帯保証人になっていたんですが、元夫側からの支払いがなくて、現在もうちに督促がきています。でもこんな状況だし、どうしようもありません」



◆服を娘たちと3人で着回し



 生活保護を受けるようになり、最低限の衣食住は確保できているものの、生活は依然として厳しいそうです。



「服を娘たちと3人で着回してます。なるべく家から出ないようにしてますが、どうしても外出しなきゃいけない時は、時間がかかっても交通費が安いルートで動きます。



 あと、ご飯は一度にたくさん作って、小分けに冷凍して少しずつ食べています。野菜は高くてなかなか買えないので、炭水化物ばかりになってしまいます」



 娯楽は、「近所のカラオケのフリータイム」という下平さん。



「子供たちは、同じクラスの子に遊園地やプールに誘われても断っているそうです。みじめな思いをさせて申し訳ないです。本当は、泊まりがけの旅行にも連れて行ってあげたいのですが」と、うつむきます。



 今後の目標は、「少しずつでも仕事して生活保護から抜け出すこと。娘たちが気兼ねなく進路を決められるだけの貯蓄をしたい」とのことでした。



 貧困だけでなく「働かなくては」というプレッシャーに苦しむシングルマザー。



「私が倒れたら、娘たちはどうなるんでしょうか」と、力なく笑う姿が印象的でした。



―お金がない…女の生活苦シリーズ vol.4―



<TEXT/藍川じゅん>



【藍川じゅん】





【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・


よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。


かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな