ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

ネットで話題のエンタメ・お役立ち情報

今旬の話題やお役立ち情報をネットからお届けします。

記事一覧

これなら買える! グッドプライスで探す名作チェア BEST 5(ELLE ONLINE)


デザイナーの作品や名作は高価だから選べない……。いえいえ、そんなことはありません。ずっと使い続けるなら、グッドプライスに思える家具は必ず見つかります! 長くじっくり付き合える家具探しをお手伝いします。


いくつ知ってる? 北欧デザイナー × 名作チェアをおさらい




ちょっと不安があるんだよね。


口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・


実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。


あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

16歳の時、友人に性犯罪の魔の手が…ある経験談がネットで大きな話題に(女子SPA!)


未成年者に対する性犯罪が大きな話題となっていますが、そんな中、ひとりの女性の投稿した文章がネットで大きな反響を呼びました。



 One of a Kindさんがブログに投稿した『正しい世界なんてない』という経験談は人々の胸を打ち、Twitterで2万1千件以上のリツイート、3万5千件以上の「いいね」を集めました。また、読んだ人々は自分なりの言葉で共感をつづり、今も広くSNSで拡散されています。



 ご本人の了承をいただき、ブログ投稿を引用しご紹介します。



◆16歳でアメリカにホームステイ中の出来事



 それは、筆者が16歳の時、アメリカでの1ヶ月間のホームステイ中の出来事だといいます。



<その1ヶ月は私の人生に間違いなく大きな影響を与えた。(中略)何もかもが初めてだらけで本当に新鮮でキラキラしてた。



 でも、そんな楽しいばかりの体験の中で、全く楽しくない、けどこれがアメリカなんだ、と私の脳みそに決して消えない焼印を押すようなことがあった。>



 始まりは、同じグループで渡米していた友達から、筆者が相談を受けたことでした。



<ホストマザーとその「彼氏」の住む家にステイをしている彼女は、ホストマザーがいないときに限ってその彼氏に「アメリカ人は家の中ではブラジャーを外すものなんだ。だから君もブラジャーを外すべき」と言われる、と。



 そんなことを言う男性と家で二人きりになるのが怖くなってきたけどホストマザーには申し訳なくて言えないし、誰にも言えない、と。>



◆ホストマザーは「何もない」と言い張る私にきちんと向き合った



 当時の筆者は、<明らかに何かおかしいことが友達に起こっている>と認識し、どうにかしなくてはと思い、自分のホームステイ先のホストマザーであるレスリーさんに「アメリカ人は家の中でブラジャーを外すの?」と聞いたそうです。



 <その時のレスリーの顔を私は忘れられない。この子は何を言ってるんだ? と、何かが起こってる、が一緒に現れた顔。



「そんなの個人の自由よ。でも、なにかあったの?」



 とレスリーは私に聞いた。何もないのにそんなこといきなり聞くわけない、なんて今ならわかるが当時の私は「何もない」と言い張った。



 でもさすがはアメリカ人女性、強かった。そこで引き下がるわけはなく、何があった? 何もないのにそんなこといきなり聞くわけないわよね? と何度も聞かれた。そして私は友人のことを白状した。>



◆「あのね、私はこれから警察に電話をしなくてはいけないの。絶対にしなくてはいけないの。」



<私の拙(つたな)い英語を聞き逃さないよう私の目を見て話を聞くレスリー、そして事情を察して言葉を失っているレスリー。暖炉もあるリビングで、落ち着かせるために私をソファーに座らせ、レスリーは私の手を握っていた。



 その時のレスリーの顔も私は一生忘れないだろう。なぜならレスリーの顔を見て事の重大さに気づいた私は最後には泣きじゃくっていたから。



「よく教えてくれたわね、ありがとう。」



と言われた。安堵した私にレスリーは続けた。



「あのね、私はこれから警察に電話をしなくてはいけないの。絶対にしなくてはいけないの。」



と言われた。私は友人に「絶対誰にも言わないで」と言われていたからそれはやめてほしい、レスリーだけでどうにかしてほしい、と訴えた。



 レスリーは



「この国ではね、力の弱い人に悪いことをすることは許されないの。あなたたちはまだ子供よ。そんなあなたたちにその「彼氏」がするようなことは絶対にしてはいけないの。彼は『Child molester(子供に性的いたずらをする人)』かもしれない。そんな人をほっておくわけにはいかないの」



と言った。



 私は泣きながら、友達との約束を破りたくない、と訴えた。けどレスリーは聞いてくれなかった。



 彼女は警察に電話をした。>



◆なぜか私はアメリカの力を感じた



 筆者はホストマザーが運転する車に乗って、パトカーの後ろについて友達が『Child molester』の男性とホームステイする家に向かいました。



 <助手席の窓に反射するライト。その場所へ無情にもわたしを運んでいくことを伝えるかのようにビュンビュン進む外の景色。家の前で無機質に、心を逆なでするようにピカピカと主張するパトカーのサイレンライト。それまで映画の中でしか見たことがなかったアメリカの警察官が無線で話す姿。うなだれたまま引きずられるように連行されパトカーに押し込まれる『Child molester』の男。女性警察官に抱きしめられるように抱えられて出てきた友人。彼女がわたしを見つけた時の目。約束を破ったわたしは責められると思ったけど彼女の目はわたしを睨みつけるでもなく脱力感で満たされていた。



 自分の一言がきっかけとなって起こっている目の前の事態に、なぜか私はアメリカの力を感じた。>



 アメリカでは、子供への虐待(性的虐待を含む)が疑われるケースでは、学校の教師やカウンセラーなど、すべてのスタッフに通告する義務があります。また、学校や児童相談所と警察との連携がなされており、日々の生活の中での警察の位置づけが日本よりも近く家庭内にも介入する社会です。(※)



 このホストマザーのレスリーさんは、学校のスタッフではない一般人ですが、人として、加えて海外からの子供を預かる立場としても、虐待の兆しを発見したら通告すべきと考えるのが自然だったでしょうし、筆者の友達のホストマザーに対して自分自身で直接交渉するのではなく、警察に知らせたのも、アメリカでは当然の行動だといえるでしょう。



◆子供は判断することができない



 性犯罪の被害にあった子供たちに対して「不用意だ」など、責める言葉を投げつける人達を見かけます。



 ですが、性犯罪にあう危険性のある場所に行かないことや、知り合いであっても加害者になる可能性のある人を避ける判断は、子供には難しいのではないでしょうか。



<16歳はまだ子供だと私は思う>と、筆者は綴ります。



<(危険を回避するための)その判断を16歳ができたかは私にはわからない。



 16歳だった私は「絶対に他の人には言わないで」という友人の告白を真に受けたから。



 でも、私は間違っていたから。



 あの時もし私がレスリーに質問しなかったら、レスリーが警察に電話しなかったら、私の友人はどうなっていたのだろうか。



 考えたくもない。>



◆未成年への性犯罪、周りの大人はどうすべき?



 この経験談へのネットでの反響では、「子供への性犯罪を知った時に、このホストマザーのような大人でありたい」「『助けて』と被害者が声をあげるのにためらわなくていい社会」「日本もこういうふうになってほしい」というものが見られました。



 また、当時16歳だった筆者の経験からの言葉、<16歳はまだ子供だと思う>という事を大人の皆さんに大切にしてほしいという声もありました。



 今日も、少年少女が、大人からの性犯罪の対象となっており、子供は立場が弱く、大人を拒絶したり告発することができずにいます。



 筆者は、<この世界が、力の弱い人が理不尽な目に合わないですむ世界になればいいな、と思った。>と文章を結んでいます。



 現状で、私達ができる最も良いことはなんでしょうか?



※参考 文部科学省「海外における児童虐待防止に向けた取組の状況」 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06060513/001/012.htm



 厚生労働省「アメリカ・イギリス・北欧における児童虐待の対応について」 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000060829_6.pdf




ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。


わたしが気になっているのはコレ・・・


こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

石原さとみはIT社長と…芸能人を射止めた「一般人男性」って?6人のケース(女子SPA!)


9日発売の『週刊文春』に熱愛をスクープされた女優の石原さとみ(31)。



 過去には元NEWSの山下智久や三代目JSBの岩田剛典との噂が出ましたが、今度のお相手はライブ配信サービス会社「SHOWROOM」の前田裕二社長(30)。この前田氏は茶髪でいかにも“IT社長”という風貌ですが、実は秋元康や堀江貴文らからも経営手腕を絶賛されているやり手なんです。



 今回誌面には二人の沖縄旅行の様子が掲載されており、また薬指にはお揃いらしきリングをはめていたというから結婚を視野に入れている可能性もあります。芸能人を落とす「一般人男性」とは何者なのか、前例を振り返ってみましょう。



◆剛力彩芽×「ZOZOTOWN」運営会社社長



 最近キレイになったと評判になっている女優の剛力彩芽(25)。それもそのはず、初の熱愛が発覚したのです。



 お相手は「ZOZOTOWN」などを運営するスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(42)。二人は今年2月に雑誌の仕事で出会い、すぐに真剣交際をスタート。その情報をつかんだ『女性セブン』(5月10・17日号)にデート姿を掲載されました。



 企業の時価総額約1兆円、個人資産約2000億円の前澤氏の元カノといえばタレントの紗栄子(31)ですが、美女と交際できるのはやっぱりお金があるから……?



 このような声について前澤氏は『情報ライブ ミヤネ屋』に寄せたコメント内で、「僕がイケメンだったら、(付き合う女性は)お金目的と言われないんだろうな」とチクリ。成功者へのやっかみはつきません。



◆森泉×僧侶



 剛力の熱愛が発覚する少し前の3月末、タレントの森泉(35)が結婚と妊娠を発表しました。彼女を射止めたのは室町時代から続く東京都内の寺院のイケメン住職(45)で、ポルシェやフェラーリを所有する資産家といわれています。



 夫との馴れ初めについて、「階段にミミズがいて、(そのミミズを)植木鉢に入れてあげていた。生き物に優しい人だと思った」と語っており、自由奔放な森を包み込む包容力がある人物だと評判です。



 実はこの夫には、『ズームイン!!サタデー』(日テレ系)などに出演していた美人フリーアナウンサーとの離婚歴が。そういった苦い人生経験も、森との関係にはプラスに働いているのかもしれません。



◆相武紗季×会社経営者



 16年5月、女優の相武紗季(32)は6歳上の一般男性と結婚。男性の猛アタックが実って交際をスタートさせ…ということですが、もちろんこの男性もフツーの一般人ではありません。化粧品などの企画制作や販売、イベント制作などを行う会社を経営しており、年商は15億円ともいわれています。



 ところが入籍早々飛び出したのは夫の父親が暴力団と関わりがあるという“黒い噂”や、経営する会社が有名モデルの写真を無断で販売促進に使ったなどのネガティブな話。これにより別居や離婚との報道も出ましたが、第一子も生まれ、夫婦関係は続いています。



◆田中麗奈×医師



 社長などハデな男性と結婚する女優が多いなか、田中麗奈(37)が人生の伴侶に選んだのは病院勤務の医師でした。かつては俳優の高橋一生(35)とも交際していましたが、最終的には手堅い職業の男性にしているところがなんとも現実的です。



 出来る限り夫のお弁当も作っているということで、ますます好感度がアップ!



◆米倉涼子×会社経営者



 女優の米倉涼子(42)も、歌舞伎役者の市川海老蔵(40)など同業者との交際を経て14年末に一般男性と結婚しました。お相手はリクルート社員をへて会社を起こした2歳下の敏腕経営者でしたが、結婚生活はとんでもない事態に。



「5時間におよぶ説教」「首しめ」などの夫によるモラハラ行為が結婚して間もなく週刊誌の見出しを飾り、わずか3カ月で別居。実質的な夫婦生活はたったの1日だったともいわれています。



 約2年におよぶ泥沼離婚劇を経てようやくフリーになった米倉ですが次のお相手は同業者に戻るのか、注目です。



◆宇多田ヒカル×イタリア人男性



 先ごろ2度目の離婚が発覚したアーティストの宇多田ヒカル(35)。映画監督の紀里谷和明(50)と07年に離婚し、14年に8歳下のイタリア人バーテンダーと再婚していました。



 このイタリア人元夫については結婚当初から「ヒモ」という噂が付きまとっており、それを証明するかのようにフェラーリを所有しブランドショップの上客になっていたという情報も出ています。現在は大学でファッションの勉強をしているそうですが、宇多田マネーの恩恵を受けているのだろうか、なんてゲスの勘ぐりが止まりません。




ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・


『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。


私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

アンダー5万円で叶える! お仕事服の最新トレンドニュース(ELLE ONLINE)


日々のワークシーンをさらに快適にしてくれる、“いま使える”トレンドとは? 日々忙しく働く女性たちを強力にサポートする、おしゃれと機能性を叶えるアイディア&アイテムを、5万円以下でラインナップ!


【写真】アンダー8万円台!リアルOLのワガママを叶えた“絶対買い”な通勤バッグ20




ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。


わたしが気になっているのはコレ・・・


こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

小西美穂が「ラクロス界のレジェンド」と呼ばれる理由(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))


夕方放送の「news every.」に出演中の日本テレビ解説委員兼キャスターの小西美穂さんは、関西弁を交えて語る柔らかな人当たりと、ツボを押さえた信頼感のあるコメント力で、初対面でも信頼関係をつくってしまうコミュニケーションの名手。記者として泥臭い経験もしながらキャリアを積み、今でも改善点をチェックするノートを書いているという超マジメな仕事人でもある。


【関連画像】たった一人のチャレンジで、ラクロスを始めた小西さん。写真は、第1回ラクロス全日本選手権に出場したとき(小西さん提供)


 そんな小西さんが「私の原点」と振り返るのが、学生時代のラクロス経験。当時は日本に上陸したばかりで無名のスポーツだったラクロスを関西の大学に普及するため、たった一人の活動から体当たりで粘り強い運動を続け、見事にそのカルチャーを根付かせた。その功績から、小西さんは今や「ラクロス界のレジェンド」と呼ばれるほどに。「ゼロから生み出し、仲間を巻き込む」小西流の奥義とは?



●華やかな女子大生が多い中、物足りなさを感じて…



――今では知名度のあるスポーツであるラクロスですが、小西さんが始めた当時はほとんど知られていなかったとか。そもそもラクロスに興味を持ったきっかけは?



 高校時代は軟式テニス部でキャプテンをやっていた私は、大学に入ってからも何か打ち込めるスポーツを始めたいなと思っていました。入学した関西学院大学(以下、関学)では、複数の体育会を見学に行きましたがピンと来ず、結局、オシャレな空気漂う硬式テニスサークルに入部。でも、既に出来上がった組織で、私がいてもいなくても変わりのない環境に、どこか物足りなさを感じていたんです。



 当時はバブルの余韻もあって、華やかでキャピッとしたキャンパスライフを謳歌する女子大生もいましたが、私はちょっとなじめませんでした。せっかくやるなら、自分だけができる役割を果たしたかったのでしょうね。私、昔から濃密な時間を求めるタイプだったのかも(笑)。たしかテレビで見たアイスホッケーチームにも連絡をしたのですが、部員募集のタイミングと合わずに断念。テニスの他に打ち込めるものをと、大学1年の秋から通訳養成専門学校に週2回通い始めました。





公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・


実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

合同会社ヒゴワンさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。



どうしよう~
チャレンジしてみようかな。